富士重工(下):2016年にプラットフォームを1種類に統合、開発・生産を効率化

第3世代アイサイトを搭載、米国ではレーダーセンサーによる安全装備も設定

2014/06/30

要 約

 本レポート「富士重工(下)」では、同社のモデル計画、アイサイトなどの安全装備、最大市場である米国での計画について報告する。

 富士重工は、2014年に新型アウトバック、レガシィをまず米国で発売する。日本では、6月にレガシー・ツーリングワゴンの後継車となるレヴォーグを発売した。

 また、現在の2種類あるプラットフォームを1種類に統合し、開発・生産の効率を高める。2016年発売車から適用する。

 安全装備面では、2014年発売車から第3世代のアイサイトを搭載している。さらに米国仕様車には、レーダーセンサーを使用する安全装備も設定した。

 パワートレインの強化では、直噴エンジン搭載の拡大(最終的に全車直噴化する)、気筒休止、リーン燃焼技術の導入を計画。電動車両については、プラグインハイブリッド車と、現行車より燃費性能を高めた新しいハイブリッド車の投入を発表している。

スバルレヴォーグ
2014年6月に発売されたスバルレヴォーグ
スバルレヴォーグ
スバルレヴォーグ(サイドビュー)


関連レポート:
富士重工(上):2020年度に110万台超の世界販売を目指す(2014年6月掲載)
富士重工2012年度の販売台数、売上高、各段階の利益が過去最高 (2013年3月掲載)