富士重工(上):2020年度に110万台超の世界販売を目指す

3カ年で設備投資3,300億円、2017年米国で最大40万台の生産能力を構築

2014/06/30

要 約

富士重工の中期販売目標 富士重工の最近動向について、(上)と(下)に分けてレポートする。本レポート「富士重工(上)」では、2014年5月に発表した2014-2020年新中期経営ビジョン「際立とう2020」の概略と2013年度連結決算を中心に報告する。

 富士重工は、2020年度に世界販売110万台超を目指し、生産能力107万台を想定する。大手量産メーカーと正面から戦うのではなく、「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」を目指す。

 富士重工は、円高修正の追い風もあり、2013年度連結決算で営業利益率13.6%を達成した。今後も、「スバルブランドを磨き」「強い事業構造を創る」ことで、業界高位の利益率を維持するとしている。

 なお1ドル100円を超える円安が定着しているが、生産能力増強は米国が中心。国内生産能力は2013年度の60万台から2020年度65万台へ5万台増にとどまるが、米国工場の生産能力は、2013年度17万台から2017年度40万台へ増強する。海外生産能力を約4割に高め、為替感応度を引き下げるとしている。



関連レポート:
富士重工(下):2016年にプラットフォームを1種類に統合、開発・生産を効率化(2014年6月掲載)
富士重工:2012年度の販売台数、売上高、各段階の利益が過去最高 (2013年3月掲載)