日産自動車:新興国向け戦略車「ダットサン」をインドなど4カ国に投入

Renaultと共同でインドに5年間で25億ドルを投資、超低価格車も生産

2014/04/14

要 約

ダットサンGO
ダットサンGO
(2014年2月に開催されたインド12th Auto Expo 2014)
ダットサンGO+
ダットサンGO+
(インド12th Auto Expo 2014)

 日産は、2011~2016年度中期経営計画「日産パワー88」において、2016年度までに世界シェア8%を目指している。日産は、これまで商品ラインアップに持っていなかった低価格の新興国向けエントリーカーを開発し、ダットサンブランド(1981年に販売を終了していた)で投入、世界販売台数の大幅増を目指す。

 2014年3月にまずインドで発売。インドでは現地技術者中心で開発し、ほぼ100%の現地調達率とするなどにより大幅なコストダウンを図った。同時にその価格帯に対してワンランク上の商品価値を提供するとしている。

 2014年中にインドネシア、ロシア、南アフリカの3カ国にも投入する。ダットサンブランドを投入する市場では、販売台数の少なくとも3分の1から最大5割がダットサンブランド車になると見込んでいる。

 インドで、ダットサンブランドの超低価格車も開発し、東南アジアや中南米の新興国に輸出する計画。

 またRenault・日産は、今後5年間でインドに25億ドルの投資を計画。チェンナイ工場は2014年にはフル操業となり、Renault・日産のインド国内向けおよび新興国への輸出向け一大生産拠点となる見込み。


関連レポート:
日産自動車:2013年4~12月期販売費と品質コストが増加、北米と新興国で減益(2014年2月掲載)
日産自動車:Renault・日産新型車の80%以上をCMFベースで開発 (2014年4月掲載)
デリーモーターショー 2014 (1):マルチ・スズキ、タタ、日産(ダットサン)など日印メーカーの展示 (2014年3月掲載)