ホンダ アコードハイブリッド 分解調査 (上)

SPORT HYBRID i-MMDのPCUとシャシ関連部品

2014/02/14

要 約

Honda Accord Hybrid

ホンダ本社のある「Hondaウエルカムプラザ青山」に展示されているホンダ アコードハイブリッド。
*写真はクリックすると拡大されます。

 公益財団法人 ひろしま産業振興機構 カーテクノロジー革新センターの主催で、広島県呉市にある広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター内ベンチマーキングセンターにおいてアコードハイブリッドのベンチマーキング活動が行われた。ベンチマーキング活動における分解作業は、2014年1月17日に粗分解、同月20日から22日までの3日間は細分解が行われた。粗分解ではほぼ全ての部品が取り外され、細分解ではドライブユニット、リチウムイオン電池パックを中心とするインテリジェントパワーユニット(IPU)、パワーコントロールユニット(PCU)等の分解が行われた。

 本レポートは第1回としてエンジンルームに搭載されているSPORT HYBRID i-MMD (Intelligent Multi-Mode Drive)構成部品の一つPCUと、シャシ関連部品について紹介する。IPUと電動サーボブレーキシステムについては「ホンダ アコードハイブリッド 分解調査 (中)」として、ドライブユニットについては「ホンダ アコードハイブリッド 分解調査 (下)」として近く報告する。

関連レポート:

ホンダ フィットハイブリッド 分解調査 (1), (2) (2013年12月)
トヨタ アクア 分解調査 (1), (2) (2012年11月)
日産リーフ 分解調査 (1) (2012年2月), (2) (2012年9月), (3) (2012年11月)
トヨタ プリウス 分解実験 (2010年3月)