SAE 2013 World Congress (1): 自動車メーカーの出展

先進的なパワートレインとハイブリッドシステム

2013/05/14

要 約

 以下は米国デトロイトで開催されたSAE 2013 World Congress (2013年4月16日~18日)において、昨年と同じ自動車メーカー6社 (Chrysler, GM, Ford, ホンダ,日産 Hyundai)が展示紹介した新技術、新車両の概要である。今年のSAE World Congressの幹事会社を務めたクライスラーが北米の自動車メーカーの中で最も広いブースで展示を行った。

 今年は、"Achieving Efficiency"をテーマに、地球資源の節約のために次世代のクルマの動力源として必要となる技術が紹介された。クライスラーのパワートレーン担当VPで今回のSAEの幹事を務めたグラデュ博士は「我々の世代がクルマの燃費改善の技術開発を推し進めれば、多くの若く優秀なエンジニアが自動車産業で働く道を選び、更なる技術開発を引き続いでくれると期待している」と話した。

 2013年SAE World Congress の部品メーカー編の取材レポートはこちらをご覧ください。


関連レポート: SAE 2013 World Congress (2) : 部品メーカーの展示取材

          デトロイトモーターショー 2013: 米国の自動車メーカーの展示取材日韓中の自動車メーカー展示取材