トヨタ アクア 分解調査 (1)

主要部品サプライヤーと電池関連部品

2012/11/26

要 約

 財団法人埼玉県産業振興公社 次世代自動車支援センター埼玉の主催で、2012年11月6日と7日の2日間、埼玉県北足立郡伊奈町にある埼玉自動車大学校内整備工場においてトヨタの新型ハイブリッド車 アクア(米国名:プリウスc)の車両分解見学会が行われた。

 分解作業は初日にエンジンルームにある昇圧コンバータ付パワーコントロールユニット、ドライブユニット (エンジンおよびハイブリッドトランスアクスル)、後部座席下にある駆動用電池および関連部品を取り外し、翌日にハイブリッドトランスアクスルとPCUを分解、そしてエンジンルーム内のその他部品の取り外しを行った。

 本レポートでは第1弾として主要部品サプライヤーと電池関連部品について紹介する。ドライブユニットと昇圧コンバータ付パワーコントロールユニットについては「トヨタ アクア分解調査(2)」として近く報告する。

関連レポート:
日産リーフ 分解調査 その1 (2012年2月掲載)、
その2
(2012年9月掲載)、
その3 (2012年11月掲載)
新型プリウスの分解実験 (2010年3月掲載)
トヨタ アクア
「東京モーターショー2011」に出展されたトヨタ アクア。
*写真はクリックすると拡大されます。