中国の省エネ・新エネルギー車産業発展計画: PHV/EV/FCV発展を国家戦略に

電動化に向け、当面の重点目標はHV・低燃費内燃機関車/省エネ技術の普及

2012/08/31

要 約

 中国政府 (国務院) は2012年7月、自動車産業発展の今後の指針ともなる、2020年までの省エネ・新エネルギー自動車産業発展の中長期計画「節能与新能源汽車産業発展規劃(2012~2020年)」(以下、新産業発展計画) を公布し実施した。

  これに先立ち、政府・科学技術部は2012年3月、新産業発展計画の技術バージョン、電動車技術発展計画「電動汽車科技発展"十二五"専項規劃(2011~2015年)」(以下、電動車技術発展計画)を公布し実施した。


  以下には、電動車技術発展計画の一部内容も含めて、新産業発展計画に示されたいくつかのポイントを紹介する。また、新産業発展計画の全和訳 / 中国語原文を提供する(PDFファイル)。

 

>>>>> 関連レポート:

  ・2012年北京モーターショー取材: 各社のHV/PHV/EV/FCV等の展示:

   (中国新興8社)(国営トップ3社)(他の国営大手4社)(日米欧韓台合計16社)

  ・中国自動車大手の自主ブランド HV/PHV/EV/FCVの計画:
   国営大手6社:上海/東風/第一/長安/北京/広州汽車集団民族系大手6社:奇瑞/BYD /華晨/JAC/Geely/長城汽車