人とくるまのテクノロジー展2012:部品メーカーの出展取材報告(1)

EV/HV/PHVおよびアイドリングストップ関連技術の出展

2012/06/14

要 約

 以下は、2012年5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2012」における、部品メーカー(一部の素材メーカーを含む)の、EV (Electric vehicle)/HV (Hybrid electric vehicle)/PHV (Plug-in hybrid electric vehicle)およびアイドリングストップ関連技術出展の概要である。

 三菱ケミカルホールディングスグループがPHVの、東レがEVの、それぞれ先端樹脂技術を搭載するコンセプトカーを出展。

 JFEエンジニアリングは、東芝製SCiBリチウムイオン電池を搭載し、EVに8分で80%充電できる超急速充電器を出展した。

 デンソーは、EV/HVのパワートレインに関して、2件の新しい技術、SiC(炭化ケイ素)インバータと、新しい巻線構造により小型化に成功したモータステータを展示した。

 Schaeffler、NSKとダイナックス(エクセディの子会社)は、インホイールモータのシステムを提案した。

 ニッパツは、トヨタ・アクアにブレーキブースタの構成部品として供給する、アキュムレータを展示した。

 ティラドは、エンジン始動直後に排気ガスの熱によりエンジン冷却水を温め燃費を改善し、暖房を早期に効かせるヒートコレクタを出展、カルソニックカンセイは同様の趣旨で開発中の排熱回収器を出展した。

関連レポート:人とくるまのテクノロジー展 2011年開催 取材レポート

EV/HEV、アイドリングストップ関連の技術 (2011年6月)省燃費・コストダウンなどの技術 (2011年6月)

自動車メーカー編 (2011年6月)