現代グループ:2012年販売計画は40万台増の700万台、質的向上を優先

海外工場強化と並行して、国内生産能力を増強し輸出を拡大

2012/04/12

要 約

 現代自動車グループは、ここ数年急速な量の拡大と質的レベルアップを実現してきた。2011年は、グループで660万台販売し(前年比14.9%増)、2010年に到達した世界販売第5位自動車メーカーの座を維持した。現代自動車(起亜自動車を含まない)の売上高は77兆7,980億ウォン(約5兆6,800億円)で16.1%増加し、純利益は8兆1,050億ウォン(約5,900億円)で35.1%増加した。

 品質については、現代Genesisが2009年の、Elantraが2012年の North American Car of the Yearに選ばれるなど、日米欧自動車メーカーと並ぶレベルに達したとされている。

 コスト削減と商品開発期間の短縮を目指して、2009年にPlatformの集約に着手し、2011年に統合した6 Platformベースで世界生産の62.1%を生産した。

 生産体制については、2005年に現代米国工場を稼働させ、その後相次いで起亜米国工場、中国、欧州に完成車工場を建設し、2011年末のグループ世界生産能力は654万台。2012年後半に、現代中国第3工場とブラジル工場が稼働し、2012年末に715万台に拡大する。

 2012年のグループ世界販売目標は700万台。ここ2年間の急拡大に比べ控えめな目標だが、2011年に現代自動車の世界工場稼働率は107.4%で、生産能力の制約から現代グループが2012年の販売を大幅拡大することは困難になっている。また品質の維持・向上やサプライヤーの生産能力を考慮し、2012年には、過度に量の拡大を追わず、質的なレベルアップを目指すとしている。

 生産能力増の対応として、海外工場とともに韓国国内工場の生産も拡大する。現代自動車グループは、起亜自動車の光州工場に年産16万台のラインを新設する。ウォン安と、韓国がEU・米国と締結したFTAを活用し、上級モデルを含め幅広い車種の輸出増を計画している。

関連レポート: デトロイトモーターショー 2012: 韓国と欧州の自動車メーカーの展示取材(2012年2月)
韓国:現代グループは中国/ブラジル等で生産拡大、2012年海外生産体制は414万台 (2011年9月)
Hyundai/Kia の新型車装備:省燃費エンジンとアイドルストップ機構で燃費改善 (2011年5月)