東京モーターショー 2011:海外の自動車メーカーの展示取材

Daimler, BMW, VW, Porsche, Renault, PSA, JLR, GM, Hyundaiの出展概要

2011/12/14

要 約

 以下は第42回東京モーターショー (2011年12月3日~11日開催) における海外 (主に欧州) の自動車メーカーの出展概要である。海外からは21社・25ブランドの乗用車、商用車、二輪車メーカーが出展したが、ここでは乗用車を中心に報告する。

 欧州からは、Daimler, BMW, VW, Porsche, Renault, PSA, Jaguar Land Roverが出展。今回、米国メーカーの通常の展示はなく、GMのみがテーマ展示に出展。現代自動車は、日本市場で市販する大型バスを出展した。

 本レポートでは、最初に各社が出展したコンセプト車、次に今回の東京モーターショーのテーマ展示 SMART MOBILITY CITY 2011 (次世代自動車とそれを取り巻く社会システム) に出展されたモデル、最後に各社の新型車・市販予定車を紹介する。各社は、未来を先取りしたコンセプト車、動力性能と燃費の双方に優れた新型車、日本市場を視野に入れたEV (電気自動車)、HV (ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車) の市販予定車など幅広く出展した。

関連レポート: 東京モーターショー 2011:日本の自動車メーカーの展示取材(1)  (2011年12月掲載)

         東京モーターショー 2011:日本の自動車メーカーの展示取材(2)  (2011年12月掲載)

         東京モーターショー 2011:部品サプライヤーの展示取材(1)  (2011年12月掲載)

         東京モーターショー 2011::部品サプライヤーの展示取材(2) (2011年12月掲載)