CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2016年1月

2015年生産は38万台を記録、2015年までの目標50万台は概ね達成

2016/02/08

中国国内生産 (概要)



このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。

 第十二次五ヶ年計画および新エネルギー車普及政策第2弾の最終年である2015年の新エネルギー車(PHVおよびEV)生産台数は前年比4.3倍の36.6万台、省エネルギー車(HV)を含めた電動車生産は前年比4.1倍の38.1万台であった。新エネルギー車生産は2015年10月に5万台を超えてから急増し、2015年第4四半期は22.1万台を記録した。2009年から2015年までの新エネルギー車生産台数は48.6万台となり、2015年までに50万台とする目標の97%が達成されたことになる。一方、2015年の新エネルギー車販売は30万台を突破した。米国の2015年新エネルギー車販売が11.5万台なので、中国の2015年新エネルギー車生産および販売はともに世界一となった。

 2015年12月の省エネルギー車(HV)を含めた電動車生産台数は10.18万台となった。うち、新エネルギー車は95,710台で、2014年通年の生産を上回り過去最高を記録した。EVの乗用車、バス、特殊車両は全て2万台を超え、新エネルギー車のEV比率は83%となった。PHV乗用車も過去最高を記録し、台数は初めて1万台を超えた。

図1 電動車の生産台数 (2015年7~12月)