衆泰 (Zotye)のすべて

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


衆泰汽車/Zotye Auto

Z500EV Pro

2017年 中型セダンのEV
image image

CHN


衆泰汽車/Zotye Auto

E200 Pro

2016年 2人乗りシティコミューターカーのEV
image image

CHN


衆泰汽車/Zotye Auto

雲 (Yun) plus

2016年 シティコミューターカーのEV
image image

CHN


衆泰汽車/Zotye Auto

芝麻 (Zhima) eZS

2016年 2人乗りシティコミューターカーのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年11月13日(水)

・衆泰汽車(Yongkang Zotye Automobile)は11月11日、フランスのAir Liquideと戦略的提携に合意したと発表した。共同で金属バイポーラプレートを採用した燃料電池スタックを開発し、衆泰のモデルに導入する。
・衆泰汽車とAir Liquideが共同で開発した金属プレートの燃料電池スタックの設計は2019年8月に完了した。出力密度は3.5kW/L超の見込み。
・上海モーターショー2019に出展した衆泰汽車初となる水素燃料電池を搭載した「E200 FCV」を2020年に発売する予定。
・2021年には新開発のSUVプラットフォームをベースとしたモデルの量産も可能になる。
・衆泰汽車は燃料電池車の量産について、販売台数1万台・売上高22億元を目標としている。
衆泰汽車のリリースに基づく

2019年10月31日(木)

・衆泰汽車(Yongkang Zotye Automobile)は10月30日、シートリップ(携程、Ctrip)の戦略的提携に関する調印と提携プラットフォーム向けの車両納車式を衆泰汽車の金華工場で行ったと発表した。
・協議に基づき、双方は共同でモビリティサービスの新型プラットフォームを構築する。5年以内に10万以上の運行規模に達し、全国260以上の都市への展開を目指す。シートトリップはモバイルインターネット、インテリジェントコネクテッド、ブロックチェーン、人工知能(AI)、クラウドコンピューティングなどの技術をベースにモビリティサービスデータネットワークを構築する。衆泰汽車は顧客の異なる車両使用シーンに基づき、カスタムモデルを製造する。
・衆泰汽車はSUVの「T600」および「T700」モデルを4,000台提供する。
衆泰汽車のリリースに基づく

2019年10月23日(水)

・衆泰汽車(Yongkang Zotye Automobile)の米国配給会社であるZotye USAを傘下に持つHAAH Automobile Holdingsは10月22日、Zotye USAが当初計画よりも早く、自動車販売規模の大きい米10州で合計100カ所の販売店を設置する契約を締結したと発表した。アトランタ、ヒューストン、ラスベガス、タンパなどで契約を完了しているという。
・Zotye USAは米国での販売開始を予定する2021年までに250カ所の販売店を設置する計画で、最終的には325カ所程度になると見込んでいる。
・同社はかねて米国市場参入に際し、初年度はSUVを1モデル導入し、翌年以降に2モデル目のSUVと乗用車1モデルを導入すると発表していた。
・Zotye USAの会長兼CEOであるDuke Hale氏は「販売プレッシャーが少なく、満足度が高く、定価販売で効率的という新しい画期的な販売方法の導入をディーラーは切望している。高いレベルの安全装備、品質、耐久性、際立つスタイリングを備えた極めて求めやすい価格のSUVとディーラーに優しく、透明性の高い環境を用意したため、当初計画を前倒しで達成したことに驚きはない」と述べた。
・Zotye USAはカリフォルニア州アーバインに本拠を置いている。
(HAAH Automotive Holdings release on October 21, 2019)