VWのすべて

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

DEU


VW

I.D. BUZZ Concept

2022年 マイクロバスのEV
image image

DEU


VW

ID. ROOMZZ

2021年 フルサイズクロスオーバーSUVのコンセプトEV
image image

DEU


VW

I.D. Crozz II

2020年 コンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトEV
image image

DEU


VW

e-Delivery

2020年 中型トラックのEV
image image

DEU


VW

ID. 3

2020年 コンパクトハッチバックのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年06月17日(月)

・6月13日付のブラジルの複数」メディアによれば、VWはブラジルで23万台の「コンステレーション(Constellation)」トラック生産を達成した。
・「コンステレーション」は総重量13-70トンの重量級トラック領域をカバーし100以上の仕様が用意されている。
・同モデルはブラジル・レゼンデ(Resende)工場で2005年から生産され、国内販売に加え中南米・アフリカ20カ国以上に輸出されている。
・VWトラック・バス(VWCO)は2019年1-5月に前年同時期比32.5%増9,600台のトラックを販売。トラック市場シェアは競合メルセデス・ベンツの30.3%に対し24.7%となった。
・この期間に国内で最も販売が伸びたVW「コンステレーション」モデルは「17.230」、「23.230」、「31.280」、「Tractor 19.360」だった。
(multiple sources on June 13, 2019)

2019年06月14日(金)

VW612日、約9億ユーロ(1,010億円)をスウェーデンにあるNorthvoltの電気自動車(EV)電池合弁事業などに投資していると発表した。投資額の一部を電池セルの生産拠点である合弁会社(Northvolt Ett)に、残りはNorthvolt ABに直接投資する予定。見返りとして、VWNorthvolt ABの株式20%を取得し反トラスト法(欧州連合競争法)の承認が得られれば取締役会メンバーとして1名を確保するという。
・さらに、2019年内に欧州で16GWhの電池セル工場を建設する50/50の合弁事業の設立が計画されている。条件が揃えば、ドイツのニーダーザクセン州(Salzgitter)に建設したい意向がある。最短で2020年には、この建設を開始する予定だという。VW向けの電池セルの生産は2023年末または2024年初頭に予定されている。
VWの電動化戦略に基づけば、2025年以降の欧州単独で必要となる電池セルの年間生産能力は150GWhを超えており、アジアでも同規模の需要が見込まれるという。
(Volkswagen Press Release)

2019年06月14日(金)

VWトラック・バスは610日、ブラジル全国自動車製造業者協会(ANFAVEA)によると、「Volksbus」の20191月から5月までの累計販売台数は前年同期比185%増の2,152台だったと発表した。
VWのバス市場シェアは26.6%を占め、都市向けのマイクロバス「Volksbus 9.160 OD」ならびにバスシャシー「Volksbus 17.230 ODS」と「Volksbus 17.260 ODS」の販売が好調だった。
VWバスの購入者にはアフタサービスパックとして、顧客が「Volksbus」を最大限活用できるような、修理、メンテナンスモニター、運転トレーニングコースが用意されている。
・「バス事業には、アフターサービスを合わせたオーダーメイドな商品提供が伴う。VWトラック・バスは、顧客が卓越した輸送事業を行うことを支援するために、購入車両のモニター活動、現在はフリート事業のコンサルティングのサービスを始めたパイオニア企業だ」とVWトラック・バス販売部門幹部のJorge Carrer氏は語った。
(Volkswagen Trucks & Buses press release on June 10, 2019)