VWのすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

DEU


VW

ID. Life

2025年 サブコンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

DEU


VW

ID. Buzz/Buzz Cargo

2022年 ミニバンのEV
image image

DEU


VW

ID.5

2022年 コンパクトクロスオーバーSUVクーペのEV
image image

DEU


VW

ID.4 X/Crozz

2021年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

DEU


VW

ID.6 X/Crozz

2021年 フルサイズクロスオーバーSUVのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2022年09月16日(金)

・ルフトハンザグループのITサービスプロバイダーであるLufthansa Industry Solutionsとアウディは9月13日、「amplimind」の名称でジョイントベンチャー(JV)を立ち上げると発表した。正式な認可が下りて7月に設立された同社は、2022年末に事業を開始し、アウディとモビリティ業界双方のデジタル変革を加速させることを目的としている。
・amplimindのソフトウェア開発スペシャリストは、アジャイルな個別開発、戦略的アプリケーションの統合と運用、ITセキュリティとクラウドプラットフォーム開発の分野におけるコンサルティングサービスなどに専念している。ミュンヘン空港とノルダーシュテット(Norderstedt)にある本社のオフィスは、共同作業、交流、創造性のためのプロジェクトエリアとして機能しているという。
・アウディは、amplimindとともに、IT戦略「NEXT:IT」の体系的な推進を図っていく。この新しいジョイントベンチャーは、ソフトウェア開発分野におけるアウディのコアパフォーマンス強化を目的としているという。
アウディのリリースをみる

2022年09月15日(木)

・VWグループのインド法人Skoda Auto Volkswagen India (SAVWIPL)は9月12日、プネのチャカン(Chakan)工場で生産される新型コンパクトセダンのVW「ヴィルトゥス(Virtus)」の輸出を開始したと発表した。現在、最初の車両3,000台がムンバイ港からメキシコに向けて出荷されている。
・プネを本拠とするSkoda Auto Volkswagen IndiaはVWグループの乗用車5ブランドをインドで展開している。
・新型「ヴィルトゥス」と同じMQB A0 INプラットフォームをベースとする車両で、最初に輸出を開始したのは新型コンパクトSUVのVW「タイグン(Taigun)」であった。新型「ヴィルトゥス」の輸出開始により、VWグループのIndia 2.0プロジェクトの新たなマイルストーンを達成したとしている。
・SAVWIPLは、2011年に南アフリカ市場に6,256台のインド製サブコンパクト車のVW「ヴェント(Vento)」を輸出したことを皮切りに輸出事業を開始した。
Based on the Skoda Auto Volkswagen India Private Limited press release

2022年09月14日(水)

・VW商用車は9月13日、IAA Transportation 2022 (9月20-25日に独ハノーバーで開催)で新型「ID. Buzz」シリーズの商用バン「ID. Buzz Cargo」と5人乗りミニバンの高級バージョン「ID. Buzz Pro」、ミッドサイズピックアップの新型「アマロック(Amarok)」、ミニバン「キャディ(Caddy)」のMaxi Dark Labelバージョンを出展すると発表した。なお、「ID. Buzz Cargo」は今回が初公開となる。
・「ID. Buzz」の2モデルの電気モーターは最高出力150kWとなり、77kWhのバッテリーを搭載する。航続距離は「ID. Buzz Pro」が最大423km、「ID. Buzz Cargo」が425kmとなる。
・IAAがトレードショー世界初披露となる第2世代の「アマロック」には、4種類のターボディーゼル(TDI)エンジンと1種類のターボガソリン(TSI)エンジンが設定される。ターボディーゼルエンジンは最高出力110kWから184kWとなり、ターボガソリンエンジンは222kWとなる。これらエンジンにMTまたは新開発の10速ATを組み合わせる。
・またスポーティな特別モデルとなる「アマロック」マルチバンバージョンは、プラグインハイブリッドシステム(PHV)も採用する。全長は4,973mmまたは5,173mmとなり、5人乗り、6人乗り、7人乗りを用意する。PHVに加え、TDIとTSIの両エンジンも選択できる。
・「キャディ」のDark Labelバージョンは最新パワートレインを採用しており、天然ガスのターボエンジンは最高出力96kWとなる。バイオガスにも対応しており、低燃費と低排出を実現したという。
Based on Volkswagen Commercial Vehicles press release