Volvo Trucksのすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

SWE


Volvo Trucks

FL Electric

2019年 大型トラックのEV
image image

SWE


Volvo Trucks

FE Electric

2019年 大型トラックのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年10月14日(木)

・ボルボとアイシャー・モーターズのインド合弁会社Volvo Eicher Commercial Vehicles Limited (VECV) は10月12日、新しい長距離バスと夜行バスのシリーズを発表した。
・カスタム設計されたこれらのバスはホスコテ(Hoskote)工場で生産されている。ボルボ・グループのグローバルパワートレインファミリーの5.1L VEDX 5エンジンを搭載し、最高出力210hp、最大トルク825 Nmを発揮する。
・エアコン完備の長距離バスは43人乗りで、夜行バスは30人乗りの寝台座席付きとなる。高性能なシャシー「Eicher 6016 R LPO」は全長12.4 mで、構造強度が向上した。腐食フリーの燃料タンクと大容量オルタネーターを備え、トラブルのない走行を実現したとしている。
・グローバルベンチマークに基づき設計したダッシュボードには、アクセスし易いようにコントロールパネル類が配置されている。
VECVのプレスリリースをみる

2021年10月13日(水)

・ボルボ・トラックは10月7日、ボルボの長距離輸送用重量級トラック「VNL」シリーズの全ラインアップに新世代のD13TC (13L Turbo Compound)エンジンを標準搭載すると発表した。これにより、燃費向上と保有コスト削減を実現するという。
・北米でのTCエンジン技術の需要拡大や欧州での高い顧客満足度を背景に、標準搭載を決定したという。2020年の導入以来、北米での受注は増加してきた。
・新たにD13TCエンジンが標準装備となる「VNL 740」、「VNL 760」、「VNL 860」では、長期輸送や地域配送、フルまたは部分積載など、幅広い利用状況で燃料をより節約できるという。

※画像をクリックすると拡大します
(Volvo Trucks release on October 7, 2021)

2021年10月05日(火)

・米国のAMPLY Powerは9月22日、クラス8の重量級電気トラックフリートの稼働時間最大化とコスト最小化を狙った顧客のプログラムに関して、ボルボ・トラックの北米法人Volvo Trucks North Americaと協力していると発表した。
・AMPLY Powerは電気自動車の充電とエネルギー管理の包括的プロバイダーで、シリコンバレーで設立されたボルボ・グループのコラボレーションスペースであるInnovation Labにメンバーとして参加した。
・両社はInnovation Labを通じて持続可能な輸送システムへの変革を支援するソリューションで協力する。
・両社は現在進めている協力を通じて、米国の東海岸と西海岸で重量級電気トラックフリート各1組を使ったプロジェクトに取り組んでいる。
・ニューヨークの飲料卸売会社Manhattan Beerは、重量物運搬と空瓶回収業務を伴う配送ルートの運用にクラス8のボルボ「VNR」電気トラック5台を展開している。
・このトラックは航続距離は240km、バッテリー容量264kWhで、80%充電に要する時間は約70分である。
(VTNA press release on September 22, 2021) (AMPLY press release on September 22, 2021)