トヨタ

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

JPN


トヨタ

カローラ(Corolla)/レビン(Levin) 双擎E+(PHEV) image

2019年 コンパクトセダンのPHV
image image

JPN


トヨタ

RAV4 Hybrid (次期型)

2019年 コンパクトクロスオーバーSUVのHV
image image

JPN


トヨタ

カローラ(Corolla)/レビン(Levin) HEV (次期型) image

2019年 コンパクトセダンのHV
image image

JPN


トヨタ

Avalon Hybrid

2018年 フルサイズセダンのHV
image image

JPN


トヨタ

Lexus UX250h image

2018年 コンパクトクロスオーバーSUVのHV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年03月22日(金)

トヨタとスズキは3月20日、新たな協業について、具体的な検討に着手することに合意したと発表した。
両社は、トヨタが持つ強みである電動化技術とスズキが持つ強みである小型車技術を持ち寄り、生産領域での協業や電動車の普及等、新たなフィールドで共にチャレンジしていくため、以下の具体的な検討に着手することに合意した。

1) トヨタの強みである電動化技術、電動車の供給
① グローバルベースでスズキへTHS (トヨタハイブリッドシステム)を供給
② HV システム・エンジン及び電池の現地調達化によるインドでのHV技術の普及
③ 欧州でのスズキへの電動車 OEM (トヨタ名「RAV4」、「カローラワゴン」)供給

2) スズキの強みである小型車・小型パワートレーンの供給
④ インドでのスズキ小型モデル(スズキ名「シアズ」、「エルティガ」)をトヨタにOEM供給
⑤ デンソーとトヨタが支援するスズキの新開発エンジンを、トヨタ・モーター・ マニュファクチャリング・ポーランドで生産し、トヨタ小型モデルへ搭載
⑥ スズキがインドで生産する小型車(スズキ名「バレーノ」、「ビターラ ブレッツァ」、「シアズ」、「エルティガ」)をトヨタのアフリカ市場向けにもOEM供給

3) 両社の強みを生かした開発・生産領域での協業
⑦ スズキのインドにおける車両開発の知見も活用したトヨタCセグメントMPVの共同開発およびスズキへのOEM供給
⑧ 2022年からトヨタキルロスカ自動車(TKM)で小型SUV (スズキ名「ビターラ ブレッツァ」)を生産

トヨタのプレスリリースをみる

2019年03月20日(水)

・トヨタのベトナム法人Toyota Motor Vietnamは3月12日、2月の販売が前年同月比20%減の2,300台だったと発表した。マーケットシェアは前年同月比5%ポイント減となった。
・しかし、「ヴィオス(Vios)」、「イノーバ(Innova)」、「フォーチュナー(Fortuner)」はベトナム自動車工業会(VAMA)が発表した販売上位10モデルに入っている。
・テト(旧正月)休暇の影響で、CKDモデルの販売は1,331台だった。モデル別では、「ヴィオス」が前年同月比59%減の636台、「カムリ(Camry)」が125台、「カローラ アルティス(Corolla Altis)」が96台となった。
(From Toyota Motor Vietnam press release on March 18, 2019)

2019年03月20日(水)

・NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏は3月19日、同社が自動運転車の開発から教育や評価までの全ワークフローで、トヨタ及びトヨタが自動運転技術の先行開発分野で技術開発を促進する為に設立した研究所(日本のToyota Research Institute-Advanced Development と 米国のToyota Research Institute)と連携していると発表した。
・トヨタとは自動運転用システムオンチップ「DRIVE AGX Xavier AV compute」の使用で既に関係があり、今回その関係を、自動車会社が仮想世界であらゆる条件下での走行をシミュレートできる「DRIVE Constellation」を使用した新しいテスト評価での提携まで広げる。
・Huang氏はまた、自動運転車を安全な"繭"となって衝突から守るために作られた運転指針である「Safety Force Field」を発表した。
・同氏は、この運転指針により、周辺の車を見つけその自然経路を予測し、渋滞を避けるコンピューター手法を開発したと語った。オープンソフトウェアをシミュレーションで評価し、どのようなドライビングソフトウェアとも結合させることができるという。
(NVIDIA release on March 19, 2019)