ルノー (Renault)のすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

FRA


Renault

Megane E-TECH Electric image

2022年 コンパクトハッチバックのEV
image image

FRA


Renault

Arkana E-TECH Hybrid

2021年 コンパクトクロスオーバーSUVのHV
image image

FRA


Renault

Arkana

2021年 コンパクトクロスオーバーSUVのHV
image image

FRA


Renault

Captur Tce140 image

2021年 サブコンパクトクロスオーバーSUVのHV
image image

FRA


Renault

Captur E-TECH Hybrid image

2021年 サブコンパクトクロスオーバーSUVのHV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年10月15日(金)

・欧州の複数メディアは10月13日、ルノーがスロベニア製造子会社Revozのノヴォメスト(Novo Mesto)工場で1日の生産量を650台から480台に引き下げると報じた。
・同工場は現在2,400人の従業員がいるが、今後350人のレイオフを予定している。生産モデルは、「クリオ(Clio)」、電気自動車(EV)「トゥインゴ(Twingo)」、スマートのEV「EQ フォーフォー(forfour)」となっている。
(Multiple sources on October 13)
キーワード:工場稼働状況

2021年10月14日(木)

・ルノーグループは10月12日、経営陣とフランスの労働組合代表との間で9月16日に開始した3年間(2022-24年)の労働協約締結に向けた交渉を継続すると発表した。
・ルノーグループはフランス国内で年間70万台以上の生産を目指し、国内の工場に9モデルの新車を導入する。
・交渉のなかで、ルノーグループはパリ南郊のラルディ(Lardy)や北部ノルマンディーのオーブヴォワ(Aubevoye)にあるテクニカルセンターと工業・物流拠点を維持すると表明した。イル・ド・フランス地域圏では2025年までに保有する拠点の面積を現在の45万平方メートルから25万平方メートルに縮小する。
・ルノーグループはまた、2,500人超の新規雇用と従業員に1万人分の新たなスキル取得に向けた研修や再教育を進めることを確認した。
・労働協約の締結に向け、経営側と労働組合代表は今後数週間にわたり交渉を継続する。
(Renault Group press release)

2021年10月12日(火)

・ルノーグループは10月8日、フィンランドで世界最大規模の電気自動車(EV)用バッテリー向け金属化学製品工場を運営するTerrafameと硫酸ニッケルの供給に関するMOUを締結したと発表した。
・今回の合意により、ルノーグループはTerrafameから年間最大15ギガワット時に相当する硫酸ニッケルの供給を受けることになる。
・今回の提携では、持続可能な供給システムの構築と、現在EVバッテリー用の金属化学製品の生産に使用されている方法を上回るトレーサビリティ(追跡性)を実現するための詳細な測定基準を定義することに主眼が置かれる。
・今回の合意は、低カーボンリチウム確保のためのVulcan Energyとの提携や、クローズドループリサイクル(リサイクルプロセスを備えた生産システム)におけるVeolia、Solvayとの提携と合わせて、ルノーグループが2040年までにヨーロッパでカーボンニュートラルを達成する目標に向けた新たな一歩となる。
(Renault Group press release)