マヒンドラ (Mahindra)のすべて

 モデルチェンジ
 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

IND


Mahindra & Mahindra

eVerito

2016年 コンパクトセダンのEV
image image

IND


Mahindra & Mahindra

e2o/e2o Plus

2013年 マイクロコンパクトハッチバックのEV
2019年に販売終了
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2020年01月10日(金)

・マヒンドラ傘下のMahindra Electricは1月9日、先ごろ提携を発表した企業向け電気自動車(EV)配車サービスを運営するLithium Urban Technologiesに累計1,000台のEVを納入したとソーシャルメディアで明らかにした。納入した車両の中にはバッテリー交換せずに20万km超を走行したものもあるという。
・また、3日にはMahindra Electricはマヒンドラの顧客が充電ステーション利用できるよう、インド電力省傘下の公営企業(Energy Efficiency Services Limited: EESL)と提携したことも発表した。
Based on Mahindra Electric social media updates

2019年12月24日(火)

・マヒンドラは12月20日、マヒンドラグループの会長であるAnand Mahindra氏が2020年4月1日付で非常勤会長 (Non-Executive Chairman)に就任すると発表した。
・Mahindra氏は特に戦略立案、リスク緩和、外部インターフェースの分野で取締役会に提出される問題について、MD (Managing Director)の助言者としての役割を果たす予定。
・また、2020年4月1日からMD兼CEOはDr. Pawan Goenkaが再任する。Dr. Goenkaは2021年4月1日に引退を予定しており、それまで双龍自動車の取締役会長としての責務も果たすという。
・なおDr. Goenka退任後の2021年4月1日以降はAnish Shah氏がMD兼CEOを引き継ぐこととなる。
マヒンドラのリリースをみる

2019年12月09日(月)

・マヒンドラは12月5日、メータータクシーなどを運営するMeru Travel Solutions Private Limited (以下、Meru)への出資の第1段階として、Meruの株式36.63%を4億4,710万ルピー(約6億8,410万円)で取得し、過半数の取締役を派遣する権利を得たと発表した。
・Meruは12月5日付でマヒンドラの子会社となり、Meru傘下のメータータクシーを運営するMeru Mobility Tech、メータータクシー・観光タクシーのV-Link Automotive Services、企業向け配車サービスのV-Link Fleet Solutionsの3社もマヒンドラの子会社となる。
・マヒンドラは2019年8月、最大55%のMeruの新株を引き受ける株式引受契約をMeruと締結した。
・マヒンドラはMeruへの出資により配車サービス市場における存在感を高め、企業向け配車サービスへの参入を計画している。
マヒンドラのリリースをみる