力帆 (Lifan)

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


力帆新能源/Lifan New Energy (力帆系)

650 EV

2018年 コンパクトセダンのEV
image image

CHN


力帆新能源/Lifan New Energy (力帆系)

330 EV

2016年 サブコンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


力帆新能源/Lifan New Energy (力帆系)

620 EV

2015年 コンパクトセダンのEV
image image

CHN


力帆新能源/Lifan New Energy (力帆系)

320E

2014年 サブコンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


力帆新能源/Lifan New Energy (力帆系)

820 EV

中型セダンのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年03月08日(金)

・3月6日付の南米の複数メディアは、力帆(Lifan)がウルグアイのサンホセ(San Jose)工場で2018年央に発売した7人乗りSUV「X80」を6月に320台生産して以来、生産を休止していることを明らかにしたと報じた。
・力帆ブラジル法人の社長に最近就任したKevin Lau氏は、ブラジルでの事業継続を強調した。力帆はブラジルで2018年に40-50カ所開設した販売店を約30カ所に削減しているが、販売が一定の水準になれば生産を再開するとしている。サンパウロ州サウト(Salto)にある本社と部品配送センターの稼働は継続している。
・Lau氏によると、力帆は現在「X70」のブラジルでの発売準備に取り組んでおり、合わせて6月に輸入を開始した「X80」も販売しているという。
・中国からCKDキットを輸入しウルグアイで生産する「X60」を2013年に発売したが、「X60」は一時ブラジルで最も人気のある中国製SUVのひとつだった。
・経済低迷により、力帆の販売は2014年の5,200台から2017年は3,300台、2018年は2,200台に減少した。ウルグアイ工場は今回の生産休止より以前、2016年3月から2017年5月の間も生産を休止していた。
・力帆はウルグアイ製車両をアルゼンチンにも供給する計画だったが実現には至らない模様だという。
(multiple sources from March 6, 2019)

2018年12月20日(木)

・力帆実業(集団)有限公司(略称:力帆股份)は12月17日、重慶新帆機械設備有限公司(略称:重慶新帆)にミニバン生産子会社である重慶力帆汽車有限公司(略称:力帆汽車)の全株式を6.5億元で売却すると発表した。重慶新帆の実質的支配株主は北京車和家信息技術有限公司(略称:車和家、CHJ Automotive)。車和家は6.5億元で力帆汽車を買収し、完成車生産資格を取得することになる。
・このほか、力帆股份は車和家と「戦略的提携の枠組み合意書」を結んだ。両社はエクステンダーEVモジュール制御技術、車載マンマシンインタラクションシステムの開発、ネット配車向けカスタマイズ車両の設計開発、IoVデータ分析、アフターマーケットサービスなどの分野で提携する。
力帆股份のリリース1/2及び中国の複数メディア報道に基づく

2018年11月30日(金)

・江蘇省生態環境庁の11月22日のリリースによると、重慶力帆汽車有限公司常州分公司(Chongqing Lifan Automobile Co., Ltd. Changzhou Branch)は、常州車和進標準廠房建設公司及び江蘇車和家汽車有限公司の工場建屋、総合研究開発棟、事務棟、ユーティリティ棟などの建物と用役施設を賃借し、年産10万台のレンジエクステンダーSUV工場を建設する。生産開始は2019年8月の予定。
・これとは別に、江蘇車和家汽車有限公司は2017年7月に年産15万台の小型電気自動車(EV)工場建設に着手した。生産設備の据え付けをほぼ完了したものの、生産と検収は未実施である。政治的要因により、江蘇車和家汽車有限公司は戦略計画を見直し、この工場建設を停止している。
江蘇省生態環境庁のリリースに基づく