Jaguar Land Rover (JLR)のすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

GBR


Jaguar Land Rover (Tata系)

Range Rover Velar P400e

2021年 中型クロスオーバーSUVのPHV
image image

GBR


Jaguar Land Rover (Tata系)

Jaguar E-Pace

2021年 コンパクトクロスオーバーSUVの48V HV
image image

GBR


Jaguar Land Rover (Tata系)

Jaguar E-Pace P300e

2021年 コンパクトクロスオーバーSUVのPHV
image image

GBR


Jaguar Land Rover (Tata系)

Jaguar F-Pace P400e

2021年 中型クロスオーバーSUVのPHV
image image

GBR


Jaguar Land Rover (Tata系)

Range Rover/Range Rover Sport

2020年 フルサイズクロスオーバーSUVの48V HV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2022年06月01日(水)

・ジャガーランドローバー(JLR)は5月31日、8人乗りの新型ランドローバー「ディフェンダー(Defender) 130」を世界初公開した。軽量アルミ製モノコック構造となるD7xプラットフォームをベースとしており、車体サイズは全長5,358mm、全幅2,008mm、全高1,970mm、ホイールベース3,022mmと「ディフェンダー」ラインナップの中で最も大型のモデルとなる。
・新型「ディフェンダー 130」は、マイルドハイブリッド(MHV)エンジンとディーゼルエンジンを用意している。MHVバージョンは3.0L 6気筒Ingeniumガソリンエンジンを搭載し、最高出力300PS、最大トルク470Nm、または400PS、550Nmを選択できる。ディーゼルエンジンバージョンは3.0L 6気筒Ingeniumディーゼルエンジンを搭載し、最高出力250PS、最大トルク600Nm、または300PS、650Nmとなる。
・48ボルトのベルト駆動一体型スタータージェネレーターを採用しており、回生ブレーキ機能でエネルギーを回収する。より機敏で効率の良い発進や停止を行うという。
・インテリジェント全輪駆動が標準装備となり、ZFの8速ATと組み合わせる。Adaptive Dynamics電子制御エアサスペンションに加え、全地形適応システムTerrain Responseを備える。牽引能力は、最大3,000kgとなる。
・新型「ディフェンダー 130」は2-3-3の3列シート構成となり、室内には11.4インチのPivi Proタッチスクリーンを備える。what3wordsのナビゲーションを採用しており、キーレスエントリーシステムや車体から離れると自動でロックがかかるautomated walkaway lockも装備する。
・新型「ディフェンダー 130」の販売価格は、英国で7万3,895ポンド(約1,200万円)からとなる。

※画像をクリックすると拡大します
Jaguar Land Rover press release

2022年05月12日(木)

・ジャガーランドローバー(JLR)は5月10日、第3世代となるランドローバーの新型高級SUV「レンジローバー スポーツ(Range Rover Sport)」を発表した。電気自動車(EV)バージョンは2024年に投入する計画となっている。
・フレキシブルなミックス・メタル・アーキテクチャー(MLA-Flex)をベースとする「レンジローバー スポーツ」はP510eのPHVを主力モデルとしており、EVモードでの航続距離は100km超となる。このPHVは3.0L 6気筒Ingeniumエンジンを採用し、105kWの電気モーターと組み合わせる。システム最高出力は510PSとなる。
・またP440eのPHVも選択でき、システム最高出力は440PSとなる。新たなV8ツインターボバージョンは、最高出力530PS、0-100km/h加速時間4.5秒となる。
・ガソリンバージョンはP360とP400のマイルドハイブリッド直列6気筒エンジン、ディーゼルバージョンのD250、D300、D350もマイルドハイブリッド6気筒エンジンとなる。
・新型「レンジローバー スポーツ」はZF製の8速ATと組み合わせ、インテリジェント全輪駆動が標準装備となる。
・パワフルなElectrical Vehicle Architecture (EVA 2.0)を通じて、OTAアップデートを含むシームレスなコネクテッド技術を提供する。また内装は、Pivi Pro インフォテインメントシステムを備える13.1インチのタッチスクリーンが特徴となっている。
・先進運転支援システム(ADAS)として、全モデルに緊急ブレーキ、フロントとリアの駐車センサーを含めた3Dカメラ、ドライバー監視システム、車線維持アシスト、水深を検知して運転をサポートするウェイド・センシングなどを備えるという。
・英国のソリフル(Solihull)工場で生産され、価格は7万9,125ポンド(約1,250万円)からとなる。既に受注を開始している。

※画像をクリックすると拡大します
Jaguar Land Rover press release  

2022年05月02日(月)

・ジャガーランドローバー(JLR)は4月27日、同グループのModern Luxuryビジョン達成に向けて、次世代技術と持続可能性を加速するオープンイノベーション(Open Innovation)戦略を発表した。オープンイノベーションを通じて、電動化、コネクティビティ、デジタルサービス、メタバース、インテリジェント・エンタープライズ、製造、サプライチェーン、持続可能性に関する新興企業とのコラボレーションを促進していくという。
・Modern Luxuryビジョンの一環として、JLRはイノベーションプラットフォームPlug and Playと提携し、英国で最初のイノベーションハブを開始する計画。
・またブラジルではイノベーションハブのCubo Itauとリオデジャネイロ州工業連盟(Firjan)とそれぞれ提携し、ラテンアメリカの主要な新興企業とも協力していくという。
(Jaguar Land Rover press release)