江鈴 (Jiangling)のすべて

 環境対応車
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


江西江鈴集団新能源汽車/JMEV

易至 (Yizhi)/EVEasy EV3

2019年 サブコンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


江西江鈴集団新能源汽車/JMEV

EX5

2018年 コンパクトクロスオーバーSUVのEV
image image

CHN


江西江鈴集団新能源汽車/JMEV

E160L

2017年 サブコンパクトセダンのEV
image image

CHN


江西江鈴集団新能源汽車/JMEV

E200L/N

2016年 マイクロコンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


江西江鈴集団新能源汽車/JMEV

E100B

2014年 マイクロコンパクトハッチバックのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年11月22日(金)

・11月18日付の複数のメディアは、フォードの中国合弁である江鈴汽車股份有限公司(Jiangling Motors Corp. 以下、江鈴汽車)の話によるものとして、江鈴汽車で生産するSUV「JMC CX743」をフォードが調達し南米のフォードの販売網で販売すると報じた。
・江鈴汽車にはフォード、重慶長安汽車股份有限公司、江鈴汽車集団有限公司が出資している。
・江鈴汽車はSUVの売上として2020年に4億7,700万元(約6,800万ドル)が期待できると11月中旬に深圳証券取引所に届け出た。
・この取引では米デラウェア州ウィルミントンにあるフォード傘下の商社がSUVを調達し南米諸国に輸出する。
・江鈴汽車ではフォードブランドのバン「トランジット(Transit)」、SUV「エベレスト(Everest)」および「テリトリー(Territory)」、MPV「トルネオ(Tourneo)」を生産するほか、JMCブランドのピックアップ、SUV、バンなどを生産している。
・取引や「CX743」についての詳細は明らかにされていない。
(multiple sources on November 18, 2019)
江鈴汽車のリリース

2019年09月20日(金)

・江鈴集団新能源は9月17日、電気SUVの「易至(Yizhi/EVEasy) E400」を「易至EX5」に改名し発売すると発表した。4バージョンが設定されており、補助金適用後の価格は11.58-12.28万元。
・車体サイズは全長4,160mm X 全幅1,810mm X 全高1,670mmで、軸距は2,560mm。
・最高出力60kW、最大トルク220NmのIGBT永久磁石式同期(水冷)モーターを搭載し、電池容量55kWhのE-ITCフルタイム恒温インテリジェントバッテリーを組み合わせる。このバッテリーは温度を常に10-40℃に保ち、家庭用単相交流、充電ポール単相交流、充電ポール直流の3種類に対応している。急速充電40分で30%から80%まで充電できる。NEDC航続距離は405kmとなっている。
・装備面では、インテリジェント音声インタラクション、7インチHDセンターコンソール大型スクリーンを採用する。

江鈴集団新能源のリリース及びモデル仕様情報に基づく

2019年08月23日(金)

・中国の複数メディアは8月22日、江鈴汽車が江西省南昌市に建設している富山新エネルギ-車(NEV)工場で2019年10月に生産開始すると報じた。
・新工場への総投資額は128億元で、年間生産可能台数は30万台。そのうち、第1期の年間生産可能台数は15万台で、乗用車とトラックの同時生産、ガソリン車と新エネルギー車の同時生産が実現する。
・関係者によると、同工場では2019年第4四半期にラインオフを実現予定だという。
中国の複数メディアの報道に基づく