CNH Industrial (Iveco)のすべて

 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2019年12月05日(木)

・イタリアの商用車メーカー・イベコ(IVECO)は12月3日、イタリアのパワートレインメーカーFPT Industrial及び米燃料電池(FCV)トラック開発のNikolaとの提携のわずか3カ月後に、共同開発中の電気トラックNikola「TRE」を発表した。提携は欧州の合弁会社設立を含み、欧州市場向けの水素燃料電池キャブオーバートラックとバッテリー電気トラックを開発、供給する。イベコとFPTはいずれもオランダの商用車メーカーCNH Industrial傘下。
・Nikolaはクラストップの燃料電池専門技術と先端技術を提供すると共に、業界初の包括的リース料を見込む価格破壊的ビジネスモデルを提供する。イベコとFPTはエンジニアリングと生産の専門技術で貢献し燃料電池とバッテリー電気トラックを商業化する。
・3社は合弁会社初のトラック開発を開始した。バッテリー電気トラックNikola「TRE」はイベコの新「S-WAY」プラットフォームをベースにしており、Nikolaのトラック技術、制御、インフォテインメントを組込んでいる。試験は2020年中頃に始まるとみられ、IAA2020商用車ショーで欧州での発表が予定されている。Nikola「TRE」の販売と保守は欧州全域に広がるイベコの販売代理店網が行う。
・発表イベントのテーマである「3、2、1、0」は合弁事業を要約したものである。3は合弁事業初の革新的製品であるNikola「TRE (3)」を表す。NikolaとCNHの「2」社が集まって「1」つの提携関係を形成し「0」エミッションの最終目標を共有する。
IVECO press release

2019年09月18日(水)

・ブラジルの複数のメディアは9月10日、CNH Industrial傘下のイベコバス(Iveco Bus)とブラジル大手バスメーカーのマルコポーロ(Marcopolo)がサンパウロの旅客輸送会社のSuzanturに20台のバスを納入したと発表したと報じた。
・納入されたのは、イベコのセッテラゴアス(Sete Lagoas)工場で生産された「170S28」シャシーをベースにしたマルコポーロの「Torino」モデル。
・このバスには、FPT Industrial社のN67エンジン(最高出力280hp)が搭載された。
・Suzanturにはイベコのシャシーをベースにしたバス10台が既に納入されており、サンパウロ大都市圏のマウアー(Maua)、サント・アンドレ(Santo Andre)、サン・カルロス(Sao Carlos)、スザノ(Suzano)で運行されている。
(multiple sources on September 10, 2019)

2019年09月04日(水)

・CNH Industrialは9月3日、燃料電池(FCV)トラック開発の米Nikolaとの独占的戦略提携の意向を発表した。北米および欧州でのクラス8の重量級トラックへの燃料電池技術導入を加速させる。
・CNH IndustrialはNikolaのシリーズDラウンドのリードインベスターとして2億5,000万ドル相当の投資を行う。投資額のうち1億ドルを現金で出資、1億5,000万ドル分は商品開発および製造エンジニアリングなどの技術援助やFCVトラック「Nikola Two」および「Nikola Tre」の一部主要部品の供給といった支援を行う。
・CNH Industrial傘下のトラックメーカーであるイベコとパワートレイン開発のFPT Industrialは、NikolaのFCVトラックおよび電気トラックの開発・製造面でのサポートを提供する。北米向けクラス8のスリーパーキャブトラック「Nikola One」およびデイキャブトラックの「Nikola Two」、欧州向けのキャブオーバートラック「Nikola Tre」が対象となる。
・NikolaはCNH Industrialとの欧州合弁会社に対し、燃料電池、eアクスル、インバーター、車載水素タンク、OTA、テレマティクス、水素充電網へのアクセスなどの面で貢献する。
・戦略的中期目標として「Nikola Two」燃料電池トラックの北米生産、北米および欧州での「Nikola Tre」電気トラックへのイベコの重量級トラック「S-Way」の技術の導入を挙げている。
・長期的には、2022年第4四半期までに欧州合弁会社での電気トラックと燃料電池トラックの導入を目指す。
CNH Industrialのリリースをみる