吉利 (Geely)のすべて

 モデルチェンジ
 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

CHN


吉利汽車/Geely

繽界 (Icon) BSG

2020年 コンパクトクロスオーバーSUVの48V HV
image image

CHN


吉利汽車/Geely

幾何 (Geometry) C

2020年 コンパクトハッチバックのEV
image image

CHN


吉利汽車/Geely

嘉際 (Jiaji) 48V BSG

2019年 中型MPVの48V HV
image image

CHN


吉利汽車/Geely

嘉際 (Jiaji) PHEV

2019年 中型MPVのPHV
image image

CHN


吉利汽車/Geely

幾何 (Geometry) A (GE11)

2019年 コンパクトセダンのEV
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2021年03月05日(金)

・中国の複数メディアの報道および中国国家企業信用情報公示システムの情報によると、3月2日に吉利汽車と百度(Baidu)の合弁会社である「集度汽車有限公司」が設立された。新会社は今後3年以内に量産を開始する計画。
・新会社の登録資本金は20億元、登録住所は上海市嘉定区。事業範囲は新エネルギー車(NEV)および関連部品の技術サービス、技術開発、技術コンサル、技術交流、技術移転、技術普及や自動車部品および付属品の製造などとなっている。
・新会社の持株比率は達孜県百瑞翔刷業投資管理有限責任公司が55%、上海華普汽車有限公司(Shanghai Maple Automobile Co., Ltd.)が45%。達孜県百瑞翔刷業投資管理有限責任公司は北京百度網訊科技有限公司(Baidu Online Network Technology (Beijing) Co., Ltd.)の完全子会社で、上海華普汽車有限公司は浙江吉利控股集団有限公司が株式を90%保有している。
中国の複数メディアの報道および中国国家企業信用情報公示システムの情報に基づく

2021年02月26日(金)

・吉利控股集団は2月25日、吉利傘下のECARX (億咖通科技)がA+シリーズ投資ラウンドで再度資金を調達したと発表した。
・今回のリードインベスターは中国国有資本風険基金(中国国新控股集団傘下の基金)。総投資額は2億ドルを超える。投資完了後、ECARXの企業評価額は20億ドル超となる。
・ECARXは2020年10月、百度(Baidu)と海納亜洲創投(SIG Asia Investment)によるAシリーズ投資ラウンドで13億元を調達した。同年12月、スウェーデンのヨーテボリ(Gothenburg)に欧州本社と研究開発センターを設立、2021年2月にはVisteon、クアルコム(Qualcomm、高通)とグローバル市場向けスマートコックピットソリューションを共同開発することで合意した。
・A+シリーズ投資ラウンドにより、ECARXは国際化戦略を本格展開し、グローバルな研究開発体制を構築する。海外の自動車メーカーと提携し、グローバル市場に技術とプラットフォームサービスを提供していく。
・将来は車載チップ、スマートコックピット、自動運転、高精度地図、ビッグデータ、IoVクラウドプラットフォームなどの分野への投資を拡大する。
吉利控股集団のWeChat公式アカウントに基づく

2021年02月26日(金)

・ボルボ・カーと吉利汽車控股有限公司(以下、吉利汽車)は2月24日、それぞれの企業構造、ブランド、戦略的目標を維持しながら、提携分野を引き続き拡大し、自動車の新四化(電動化、インテリジェント化、ネットワーク化、共有化)で提携を深化させるという最適な提携案に合意したと発表した。
・吉利汽車とボルボ・カーは、パワートレイン、三電(駆動電池、モーター、電子制御)技術、高度自動運転などの事業分野において提携・協力していく。両社はパワートレイン事業を統合する新会社を設立する。新会社は2021年末までに操業開始予定で、次世代のデュアルモーターハイブリッドシステムや高効率内燃エンジンの開発に注力し、両社および他の自動車メーカーに製品やサービスを提供していく。
・インテリジェント電気自動車(EV)分野において、両社は「SEA (浩瀚)」や「SPA2」の電気自動車(EV)用アーキテクチャーを共有し、次世代のEV専用モジュラー・アーキテクチャーの共同開発を開始している。ボルボ、吉利、急速に成長しているLynk&Co (領克)、ポールスター(Polestar、極星)ブランドはいずれもこのアーキテクチャーを共有する。両社はさらに三電およびコネクティビティでも技術の共有化を実現し、バッテリーパックや電気駆動システムを共用し、共同調達によってコストを抑える。
・自動運転先端技術分野においては、ボルボ・カー傘下で自動運転ソフトウェア技術の開発を担うZenseactが主導し、両社が世界をリードする高度自動運転ソリューションを共同で開発する。
・両社はさらに販売チャネルやアフターサービス分野での協力を持続的に深化させる。合弁により立ち上げたハイエンドブランドのLynk&Coは2020年末に欧州市場への進出を発表した。Lynk&Coはボルボ・カーの海外の販売チャネルのリソースを活用し、世界のユーザーにサービスを提供していく。
・これらの提携を推進するために、吉利汽車とボルボ・カーは各プロジェクトの高効率でスムーズな実施を確保するべく、さらに新しい協調管理メカニズムを確立していく。
・吉利汽車は2020年2月10日にボルボ・カーとの経営統合を検討していると発表していた。
吉利汽車のリリース1/2ボルボ・カーのリリースに基づく"