華晨 (Brilliance)のすべて

 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2024年06月19日(水)

・中国の複数メディアは6月17日、遼寧省瀋陽市に自動車部品の開発・製造を行う新会社の瀋陽三実汽車産業発展有限公司が設立されたと報じた。

・中国国家企業信用情報公示システムによると、新会社の登録資本金は5,000万元、華晨汽車集団控股有限公司が100%出資する。

・事業範囲は道路機動車両の生産、自動車検査・測定サービス、自動車部品の開発、自動車部品・付属品の製造など。

複数メディアの報道と中国国家企業信用情報公示システムのリリースに基づく

2023年08月08日(火)

金杯汽車股份有限公司(Shenyang Jinbei Automotive Co., Ltd.、以下、金杯汽車)は8月5日、遼寧省の瀋陽市中級人民法院(裁判所)が8月2日に金杯汽車の間接所有株主である華晨汽車集団股份有限公司(Brilliance Auto Group Holdings Co., Ltd.、以下、華晨集団)など12社の企業の実質的な合併および再建型倒産手続きに関する計画を承認したことで、金杯汽車の間接的な筆頭株主が瀋陽汽車有限公司(以下、瀋陽汽車)に、実質的支配者が瀋陽市人民政府国有資産監督管理委員会に変更されたと発表した。
・今回の資本変動後、瀋陽汽車は再建型倒産手続き後の華晨集団の株式を100%取得し、金杯汽車の株式を合計で40.09%保有することになる。
・また、金杯汽車の第2株主である遼寧並購股份投資基金合伙企業(以下、遼寧並購基金)は裁判所が「再建型倒産手続き計画」を裁定後30日以内に、ブロック取引および協議による株式譲渡などの方法で金杯汽車の10.10%以上の株式を移転する予定である。遼寧並購基金が所定期間内に必要相当の株式移転を行った場合、瀋陽汽車が保有する金杯汽車の議決権の割合は30%以下まで低下する。所定期間内に必要相当の株式移転を行なわなかった場合、瀋陽汽車は関連法規の規定に基づき金杯汽車の残りの全ての株主に公開買い付けを呼びかける。
・瀋陽汽車は2023年2月21日に設立され、登録資本金は5億元。事業内容は自動車部品および付属品の製造、自動車部品の開発、技術開発、新エネルギー車(NEV)の販売などを含むとなっている。
金杯汽車のプレスリリース1/2に基づく

2023年07月06日(木)

・百度スマートクラウドは7月3日、華晨BMWと百度(Baidu)が戦略的提携に関する覚書を締結したと発表した。両社はAIプラットフォーム、量子コンピューティング技術などをめぐり提携を深め、AI技術と自動車製造業の全領域とシナリオにおける融合と革新について検討する。
・覚書によると、百度はBMWのAIプラットフォーム「BEACON」にコア技術を提供する。また両社は生産や製造などの現場で量子コンピューティングを応用し、デジタル化、スマート化を推進する。
百度スマートクラウドのWeChat公式アカウントに基づく