BMWのすべて

 CASE (電動化・自動運転)
メーカー名 車名 発売 備考
image image

DEU


BMW

X1 xDrive25e/30e image

2022年 コンパクトクロスオーバーSUVのPHV
image image

DEU


BMW

i3 eDrive35L

2022年 中型セダンのEV
image image

DEU


BMW

i7 xDrive 60

2022年 フルサイズセダンのEV
image image

DEU


BMW

750e xDrive

2022年 フルサイズセダンのPHV
image image

DEU


BMW

7シリーズ (735i/740i/760i/740d)

2022年 フルサイズセダン
 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2022年07月04日(月)

・BMWは6月30日、独ライプツィヒ(Leipzig)工場でBセグメントハッチバック・クーペの電気自動車(EV)「i3」の生産を終了した発表した。「i3」は発売から8年間半となり、累計25万台を生産したという。
・同工場は、2021年5月から実施している高電圧バッテリーモジュールの生産に加え、さらに電動ドライブコンポーネントも生産していくという。
・2023年にはサブコンパクトクロスオーバー電気SUVの新型MINI「カントリーマン(Countryman)」の生産開始を予定している。
・生産が開始されれば、ライプツィヒ工場はBMWとMINIの両モデルを生産する初の拠点となる。
Based on the BMW Group press release

2022年07月04日(月)

・BMWは7月1日、独ディンゴルフィング(Dingolfing)工場でFセグメントセダンの新型「7シリーズ (7 Series)」の生産を開始したと発表した。
・ディンゴルフィング工場は、電気自動車(EV)の「i7」と内燃エンジン車バージョンの生産を開始している。将来はプラグインハイブリッド(PHV)バージョンも設定する計画。
・BMWが3億ユーロ超を投じて生産する「7シリーズ」は、2022年秋に発売される予定となっている。
・ディンゴルフィング工場は「7シリーズ」の高電圧バッテリー、高度に統合された電動ドライブなどの部品も生産している。最近新たに2つの生産ラインが投入され、年間のEV部品の生産能力は50万台分超となる。従業員数は、2020年の600名から現在は2,300名に拡大した。
・またBMWが進めるAIQX (Artificial Intelligence Quality Next)プロジェクトの一環で、センサーやAIを活用しながら品質管理プロセスを自動化していくという。
・ディンゴルフィング工場では2023年に、Eセグメントセダン「5シリーズ(5 Series)」のEVバージョンの生産を開始する予定となっている。

※画像をクリックすると拡大します
Based on the BMW Group press release

2022年06月30日(木)

・BMWは6月28日、BMW Operating System 8の機能を2023年3月から拡張するとともに、一部の現行モデルシリーズではAndroid Automotive OS (AAOS)に統合すると発表した。現在のLinuxをベースのOSに加え、第2段階としてAndroidのOSを初採用する。
・異なるソフトウェアプラットフォームを採用することで、インフォテインメントシステムの仕様を個別に設定できる。また車両シリーズによって異なるOSを採用することもできるという。
・今回機能が拡張されるOperating System 8では、引き続きRemote Software Upgradeを用いて定期的なOTAアップデートが行われる。
Based on the BMW Group press release