一汽集団、燃料電池車用向けバッテリーモジュールを生産  [ 中国 ]

・一汽集団は8月26日、同社初となる燃料電池車向けバッテリーモジュールをラインオフし、すべての電気性能、熱性能、機械性能のラインオフ検査を終えたと発表した。・一汽は現在までに、48Vマイルドハイブリッド(MHV)、ハイブリッド(HV)、プラグインハイブリッド(PHV)、電気自動車(EV)、FCVといったすべての新エネルギー車(NEV)タイプの動力電池パワートレインの研究開発能力を備えた。・一汽は2017年から燃料電池自動車「紅旗H5」の研究開発を行っており、2019年末トライアル運行を行う計画。一汽集団のリリースに基づく
<2019年08月30日(金)>