シュコダ、新世代1.0Lガソリンエンジンの生産開始  [ チェコ ]

・VW傘下のシュコダは5月30日、チェコのムラダー・ボレスラフ(Mlada Boleslav)工場で新世代1.0リットルエンジンの生産を開始したと発表した。・新型エンジンは「EA211」シリーズの直列3気筒「MPI」ガソリンエンジンで、出力は44kW(60hp)と55kW(75hp)の2種類。...
<2014年06月05日(木)>