自工会、2014年度の需要見通しは15.6%減の475万台  [ 日本 ]

・日本自動車工業会(自工会)は20日、2014年度の国内の軽自動車やトラックを含めた四輪車の総需要の見通しについて、消費増税前の駆け込み需要の反動減などにより、2013年度の実績見込み(563万台)比で15.6%減の475万台と4年ぶりのマイナスとなると発表した。・2013年度の四輪車総需要に...
<2014年03月25日(火)>