Tiguan (VW)

 ニュース
2024年02月09日(金)

・VWは2月7日、南アフリカで2024年にコンパクト電気SUV「ID.4」を発売すると発表した。また、同年にはサブコンパクトSUVの改良型「Tクロス(T-Cross)」、第3世代となるコンパクトクロスオーバーSUVの新型「Tiguan」、ミッドサイズSUVの改良型「トゥアレグ(Touareg)」の投入も計画されている。VWのカリエガ(Kariega)工場で行われたイベントで発表された。

・「ID.4」は最大で77kWhまでのバッテリーを搭載し、航続距離は最長で520km。リアアクスルの駆動モーターは150kWで、0-100km/h加速は8.5秒。最高速度は160km/hとなる。「ID.4」は2024年前半に南アフリカでテスト車両として導入される予定。

Based on Volkswagen South Africa press release

2024年01月19日(金)

・上汽VWは1月17日、コンパクトクロスオーバーSUV「ティグアンL (Tiguan L、途観L)」の次世型を「ティグアンL Pro」と命名したと発表した。

・「ティグアンL Pro」はVWのファミリーデザイン言語をベースに、中国ユーザーに好まれる美しさを追求してアップグレードし、標準グレードとRライングレードの2種類を設定する。

・標準バージョンのフロントは整然と引き締まった印象で、全体的に落ち着いたデザインとなっている。Rラインは大胆なラインや幾何学形状のグリルを採用することで、車両のスポーティさや視認性を高めている。

上汽VWのWechat公式アカウントに基づく

2024年01月09日(火)

・VWは1月8日、米ラスベガスで開催されるCES 2024で音声アシスタント「IDA」にChatGPTを組み込んだ最初のモデルを公開すると発表した。

・将来は、IDAを採用するVWの全モデルでAIデータベースへのシームレスなアクセスを実現し、運転中に話しかけた内容を調べられる機能が追加される。

・技術提携先のCerenceが提供するCerence Chat Proをベースとして、自動車に特化したChatGPTを独自に統合する。

・VWは2024年第2四半期にChatGPTを幅広いモデルで標準装備する最初のメーカーとなる見込み。具体的には主に米国向けの、「ID.7」、「ID.4」、「ID.5」、「ID.3」、新型「ティグアン(Tiguan)」、新型「パサート(Passat)」、「ゴルフ(Golf)」で採用される予定だという。

VW press release on January 8, 2024