Tiguan (VW)

 ニュース
2022年06月06日(月)

ハンコックタイヤは、同社製タイヤが装着された電気自動車(EV)が「世界最高度走行EV」のギネス新記録を更新したと発表した。VWの「ID.4 GTX」がボリビアのウトゥルンク山で海抜高度5,816mを走行することに成功したもの。この車両にはハンコックタイヤのオン/オフロード用タイヤ「Dynapro AT2」が使用された。なお、同社はVWブランド初の電気SUVモデル「ID.4」をはじめ、「ゴルフ GTI (Golf GTI)」、「ゴルフ R (Golf R)」、「ティグアン R (Tiguan R)」、「ポロ(Polo)」、「ゴルフ(Golf)」、「パサート(Passat)」、「ビートル(Beetle)」などに新車装着(OE)用タイヤを供給し、パートナーシップを拡大させてきた。(2022年6月3日付プレスリリースより)

2022年03月23日(水)

ハンコックタイヤは、VW3モデルにタイヤを供給することを発表した。同社は「ゴルフ GTI (Golf GTI)」と「ゴルフ R (Golf GTI)」に超高性能(UHP)タイヤVentus S1 evo 3を、「ティグアン R (Tiguan R)」には20インチのVentus S1 evo 2 SUVまたは21インチのVentus S1 evo 3 SUVタイヤを供給する。Ventus S1 evo 3は高強度のビードコアを備え、強化したサイドウォールと組み合わせることで、高い走行安定性と方向安定性、ステアリング精度を実現する。さらにベルト部分に軽量なレーヨンカーカスと特殊なアラミド複合材を使用することにより、従来一般的に使用されていた材料と比較して、高速走行時でも旋回円を最大60%減少させる。(2022年317日付プレスリリースより)

2022年03月22日(火)

・欧州の複数メディアは3月18日、VWが稼働休止を続けているドイツ・ツヴィッカウ(Zwickau)工場ドレスデン(Dresden)工場について、生産再開時期を4月初めまで延期すると報じた。ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ウクライナからのワイヤーハーネスの供給が滞っているという。
・また「パサート(Passat)」や電気SUV「ID.4」の試作を行うエムデン(Emden)工場は、今後数週間の生産を休止する。「ゴルフ(Golf)」、「ティグアン(Tiguan)」を生産するヴォルフスブルク(Wolfsburg)工場は、3月21日に再開する予定となっている。
(Multiple sources on March 18)
キーワード:工場稼働状況