Tiguan (VW)

 ニュース
2019年03月14日(木)

・Mexico-Nowは3月11日、2019年2月の米国販売で、セラヤ(Celaya)工場製ホンダ「フィット(Fit)」は54.5%減の1,745台、セラヤとエルサルト(El Salto)工場製「HR-V」は4.4%減の7,093台となったと報じた。
ペスケリア(Pesqueria)工場製の現代自動車「アクセント(Accent)」は13.9%減の1,790台だった一方、起亜自動車「リオ(Rio)」は18.4%増の1,822台、「フォルテ(Forte)」は9.2%減の6,953台だった。
サラマンカ(Salamanca)工場で生産のマツダ「Mazda3」の販売は24.1%減の4,610台、トヨタ「ヤリス iA (Yaris iA)」は2.5%増の2,517台であった。
アグアスカリエンテス(Aguascalientes)第1工場製の日産「ヴァーサ(Versa)」と同拠点の第2工場製の「セントラ(Sentra)」は、それぞれ3.0%増の7,410台と0.4%減の1万7,072台になった。新型SUV「キックス(Kicks)」は3,563台を販売した。
・同じくCOMPAS(Cooperation Manufacturing Plant Aguascalientes)工場製の新型「インフィニティ(Infiniti) QX50」は1,122台を販売した。
・VWではプエブラ(Puebla)工場製「ゴルフ(Golf)」が43.0%減の2,070台、「ビートル(Beetle)」が45.0%増の1,457台となる一方、「ジェッタ(Jetta)」は55.0%増の7,109台、「ティグアン(Tiguan)」は7.9%増の8,079台となった。
サン・ホセ・チアパス(San Jose Chiapa)工場製のアウディ「Q5」は2.0%減の4,359台だった。
・FCAのトル-カ(Toluca)工場で生産のダッジ「ジャーニー(Journey)」が73%増の8,258台、ジープ「コンパス(Compass)」は25.0%減となる1万2,063台が販売され、フィアット「500」が50.0%減の207台となっている。
(Mexico-Now article on March 11, 2019)

2019年03月05日(火)

・3月2日付のフィリピン現地紙CarGuide.PHは、VWのフィリピンでの2018年販売が計画を大幅に下回り前年比7%増の1,363台だったと報じた。全需の回復に伴い、2019年は50%増加を計画している。
・販売拡大には、2つの要因があるとしている。1つ目はVWのフィリピン販売法人であるAyala Corporation傘下の自動車部門AC Automotiveの販売戦略だという。AC Automotiveが最近取り扱いを始めた起亜ブランドと合わせてシナジー効果を生み出していくとしている。
・2つ目は新型車の導入で、2019年は2モデルを導入し、現在は7モデルの商品ラインナップを年末までに9モデルに拡大する。現在、「サンタナ(Santata)」、「ラヴィダ(Lavida)」、「ラマンド(Lamando)」、「ティグアン(Tiguan)」を輸入している中国の上汽VWから供給される可能性が高いという。
(From an article of CarGuide.PH on March 2, 2019)

2019年02月14日(木)

・Mexico-Nowは2月5日、2019年1月の米国販売で、セラヤ(Celaya)工場製ホンダ「フィット(Fit)」は52.2%減の1,405台、セラヤとエルサルト(El Salto)工場製「HR-V」は4.6%減の5,974台となったと報じた。
ペスケリア(Pesqueria)工場製の現代自動車「アクセント(Accent)」は24.9%減の1,825台だった一方、起亜自動車「リオ(Rio)」は20.0%増の1,608台、「フォルテ(Forte)」は10.9%減の5,955台だった。
サラマンカ(Salamanca)工場で生産のマツダ「Mazda3」の販売は21.1%減の4,596台、トヨタ「ヤリス iA (Yaris iA)」は41.6%減の 1,246台であった。
アグアスカリエンテス(Aguascalientes)第1第2工場製の日産「ヴァーサ(Versa)」と「セントラ(Sentra)」は、それぞれ8.3%減の6,649台と20.5%減の1万4,088台になった。新型SUV「キックス(Kicks)」は米国市場投入後8か月間で3,812台を販売した。
・同じくCOMPAS(Cooperation Manufacturing Plant Aguascalientes)工場製の新型「インフィニティ(Infiniti) QX50」は10カ月間で822台を販売した。
・VWではプエブラ(Puebla)工場製「ゴルフ(Golf)」が50.0%減の1,774台、「ビートル(Beetle)」が13.0%減の971台となる一方、「ジェッタ(Jetta)」は52.0%増の6,875台、「ティグアン(Tiguan)」は4.9%増の6,649台となった。サン・ホセ・チアパス(San Jose Chiapa)工場製のアウディ「Q5」は6.0%増の4,340台だった。

(Mexico-Now article on February 5, 2019)