Mazda3 (Mazda)

 ニュース
2022年03月22日(火)

第43回バンコク国際モーターショーが開幕した。プレスデーは3月22日、一般公開は3月23日から4月3日までとなる。「Keep Moving Forward Together」をテーマに多くの自動車・二輪車メーカーが出展した。
・自動車では、フォード、BMW、MINI、メルセデス・ベンツ、長城汽車、ロールス・ロイス、アストン・マーチン、マセラティ、プジョー、ジープ、トヨタ、レクサス、MG、マツダ、スズキ、いすゞ、現代、アウディ、ホンダ、三菱、日産、ボルボ・カー、ポルシェ、ベントレー、起亜、スバル、タカノオートが出展。二輪車ではホンダ、スズキ、ヤマハ、BMWモトラッド、ハーレーダビッドソン、ドゥカティ、バジャージ、KTM、Husqvarnaが出展する。展示ホールの面積は17.1万平方メートルで、300億バーツ(約1,078億円)の受注が期待される。
・主な出展モデルはBMW「i4」および「X4 M Competition」、メルセデス・ベンツ「C 220 d AMG」および「C 43 4MATIC Coupé」、フォードの次世代モデルである「レンジャー(Ranger)」、「レンジャー・ラプター(Ranger Raptor)、「エベレスト(Everest)」、長城汽車「タンク(TANK、坦克) 300 HEV」および「欧拉好猫GT (ORA Good Cat GT)」、トヨタ「ヴェロッツ(Veloz)」、「bZ4X Concept」、「e-Palette Concept」、レクサス「UX 300e」および「NX450h+」、ホンダ「HR-V e:HEV」、MG「ZS EV」、「HS」および「HS PHEV」、日産「アルメーラ(Almera)」、マツダ「マツダ3 (Mazda3)」ポルシェ「タイカン クロスツーリスモ(Taycan Cross Turismo)」、ボルボ「XC40 Pure Electric」および「C40 Pure Electric」など。
・2021年のショーと同様に、「EVスマートシティ」ゾーンでは電動化車両や装置が展示される。今回はBMW、長城汽車、MG、MINI、三菱、日産、ポルシェ、ボルボ・カーの電気自動車(EV) 8モデルが展示される。
・2019年に導入された、車両、メンテナンス、ロードサイドアシスト情報などで来場者をサポートし、各自動車ブランドのキャンペーンやプロモーションを通知する「Car Buddy by GPI」アプリも引き続き利用できる。
・新型コロナウイルス流行が続くなか、感染リスク低減のため、政府の規定に準拠した厳格な予防措置がとられている。全ての来場者は入場の際に2回以上のワクチン接種記録を提示し、マスクを着用する。展示車両に触れる際は手の消毒が求められる。

2022年02月16日(水)

・2月8日付のベトナム現地メディアAutodaily.vnなどの報道によると、MGのコンパクトセダン「MG5」がベトナムで2月に発売される。タイからの輸入モデルで、手ごろな価格が設定される見込みだという。
・ベトナムのCセグメントセダン市場は、2022年初めから競合が激しくなっている。「マツダ3 (Mazda3)」、起亜「K3」、現代「エラントラ(Elantra)」といったモデルが導入されているなか、「MG5」に加えホンダの新型「シビック(Civic)」やトヨタ「カローラ アルティス(Corolla Altis)」など新モデルの発売が予定されている。
・MGは現在、ベトナムで「MG ZS」および「MG HS」の2モデルをラインナップしている。
(From an article of Autodaily.vn on February 8, 2022 and multiple sources)

2022年01月19日(水)

・マツダのタイ法人であるMazda Sales Thailandは1月17日、2021年の販売実績を発表した。2021年もコロナウイルス流行や世界的な半導体チップ不足のなか、自動車関連ビジネスにとっては厳しい1年だったとしている。
・2021年のタイの自動車市場は前年比4%減の約76万2,000台と予想される。マツダは前年比9.8%減の3万5,385台を販売し、マーケットシェアは4.6%と見込まれる。
・2021年の販売をモデル別にみると、販売が多い順に「マツダ2 (Mazda2)」が1万7,813台、「CX-30」が7,497台、「CX-3」が4,747台、「マツダ3 (Mazda3)」が1,982台、「BT-50」が1,361台、「CX-8」が1,051台、「CX-5」が930台、「MX-5」が4台だった。
・マツダの12月の販売は3,750台と2021年度で最高となり、「CX-30 」が1,255台、「マツダ2」が1,059台、「CX-3」が750台だった。
・政府の販売支援策やコロナウイルス・オミクロン株のタイ経済への影響度合いにもよるが、マツダは2022年のタイ自動車市場が5-10%拡大すると予想している。マツダは2021年比10%以上増の4万台超の販売と5%超のマーケットシェアを目標としている。
(From Mazda Sales Thailand press release on January 17, 2022)