Axela (Mazda 3) (Mazda)

 ニュース
2019年03月14日(木)

・Mexico-Nowは3月11日、2019年2月の米国販売で、セラヤ(Celaya)工場製ホンダ「フィット(Fit)」は54.5%減の1,745台、セラヤとエルサルト(El Salto)工場製「HR-V」は4.4%減の7,093台となったと報じた。
ペスケリア(Pesqueria)工場製の現代自動車「アクセント(Accent)」は13.9%減の1,790台だった一方、起亜自動車「リオ(Rio)」は18.4%増の1,822台、「フォルテ(Forte)」は9.2%減の6,953台だった。
サラマンカ(Salamanca)工場で生産のマツダ「Mazda3」の販売は24.1%減の4,610台、トヨタ「ヤリス iA (Yaris iA)」は2.5%増の2,517台であった。
アグアスカリエンテス(Aguascalientes)第1工場製の日産「ヴァーサ(Versa)」と同拠点の第2工場製の「セントラ(Sentra)」は、それぞれ3.0%増の7,410台と0.4%減の1万7,072台になった。新型SUV「キックス(Kicks)」は3,563台を販売した。
・同じくCOMPAS(Cooperation Manufacturing Plant Aguascalientes)工場製の新型「インフィニティ(Infiniti) QX50」は1,122台を販売した。
・VWではプエブラ(Puebla)工場製「ゴルフ(Golf)」が43.0%減の2,070台、「ビートル(Beetle)」が45.0%増の1,457台となる一方、「ジェッタ(Jetta)」は55.0%増の7,109台、「ティグアン(Tiguan)」は7.9%増の8,079台となった。
サン・ホセ・チアパス(San Jose Chiapa)工場製のアウディ「Q5」は2.0%減の4,359台だった。
・FCAのトル-カ(Toluca)工場で生産のダッジ「ジャーニー(Journey)」が73%増の8,258台、ジープ「コンパス(Compass)」は25.0%減となる1万2,063台が販売され、フィアット「500」が50.0%減の207台となっている。
(Mexico-Now article on March 11, 2019)

2019年03月05日(火)

・オーストラリア連邦自動車産業会議所(FCAI)が5日に発表した2月の新車販売台数は、前年同月比9.3%減の8万7,102台となった。
・1-2月の累計販売台数は8.4%減の16万9,096台となっている。
・2月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は21.3%減の2万7,151台、SUVは6.3%減の3万7,292台、小型商用車が6.0%増の1万9,831台、大型商用車は5.8%減の2,828台となった。
・メーカー/ブランド別に見ると、トヨタが前年同月比10.5%減の1万6,359台、マツダが6.8%減の9,235台、三菱が18.9%増の8,495台、現代は19.6%減の6,429台、フォードが6.3%減の5,678台などとなっている。
・モデル別では、首位はトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で4,431台、2位はフォード「レンジャー(Ranger)」で3,377台、3位は三菱「トライトン(Triton)」で3,155台。なお、乗用車では「マツダ3(Mazda3)」が2,655台で最量販モデルとなった。
FCAIのリリースをみる

2019年02月21日(木)

・欧州マツダは2月19日、新型「マツダ 3(Mazda3)」に欧州仕様車として初めて、マツダの新世代車両運動制御技術であるSkyactiv-Vehicle Dynamicsの第2弾であるG-Vectoring Control Plus (GVC Plus)を採用すると発表した。今後、他のモデルにもこのGVC Plusを採用していくという。
・この新技術では、コーナリングの際にステアリングホイールの戻し操作に応じて外輪をわずかに制動する。これにより、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントが得られて安定性が向上するという。
・GVC Plusの技術により、緊急時の危険回避操作が向上し、高速走行時の車線変更や滑りやすい路面などさまざま環境においても制御しやすくなるという。
マツダのリリースをみる