Jetta (VW)

 ニュース
2019年03月14日(木)

・Mexico-Nowは3月11日、2019年2月の米国販売で、セラヤ(Celaya)工場製ホンダ「フィット(Fit)」は54.5%減の1,745台、セラヤとエルサルト(El Salto)工場製「HR-V」は4.4%減の7,093台となったと報じた。
ペスケリア(Pesqueria)工場製の現代自動車「アクセント(Accent)」は13.9%減の1,790台だった一方、起亜自動車「リオ(Rio)」は18.4%増の1,822台、「フォルテ(Forte)」は9.2%減の6,953台だった。
サラマンカ(Salamanca)工場で生産のマツダ「Mazda3」の販売は24.1%減の4,610台、トヨタ「ヤリス iA (Yaris iA)」は2.5%増の2,517台であった。
アグアスカリエンテス(Aguascalientes)第1工場製の日産「ヴァーサ(Versa)」と同拠点の第2工場製の「セントラ(Sentra)」は、それぞれ3.0%増の7,410台と0.4%減の1万7,072台になった。新型SUV「キックス(Kicks)」は3,563台を販売した。
・同じくCOMPAS(Cooperation Manufacturing Plant Aguascalientes)工場製の新型「インフィニティ(Infiniti) QX50」は1,122台を販売した。
・VWではプエブラ(Puebla)工場製「ゴルフ(Golf)」が43.0%減の2,070台、「ビートル(Beetle)」が45.0%増の1,457台となる一方、「ジェッタ(Jetta)」は55.0%増の7,109台、「ティグアン(Tiguan)」は7.9%増の8,079台となった。
サン・ホセ・チアパス(San Jose Chiapa)工場製のアウディ「Q5」は2.0%減の4,359台だった。
・FCAのトル-カ(Toluca)工場で生産のダッジ「ジャーニー(Journey)」が73%増の8,258台、ジープ「コンパス(Compass)」は25.0%減となる1万2,063台が販売され、フィアット「500」が50.0%減の207台となっている。
(Mexico-Now article on March 11, 2019)

2019年02月28日(木)

・VWは2月26日、中国市場向けの新しいブランド「ジェッタ(Jetta、捷達)」を発表した。中国の若い中間所得層や初めて車を購入する顧客層をターゲットとする。
・ジェッタブランドはセダン1モデルとSUV2モデルを導入する計画で、一汽VWの成都工場で生産を行う。発売は2019年第3四半期の予定。
・VWが中国で販売しているセダンの「ジェッタ」が中国で最もポピュラーなモデルの一つとなっていることから、VWは「ジェッタ」をレンジブランドとして分離し独立したブランドファミリーを構築することとした。
・ジェッタブランドは2019年3月末に中国でマーケティング活動を展開し、新しいロゴマーク、新しいブランドイメージ、新しい製品を発表する。2019年上海モーターショーでは独立した展示ブースを持ち、発売予定のSUVとセダンを初公開する予定。
・ジェッタブランドは独自の販売網を構築するほか、デジタルのショールームやショッピングモール、モバイルアプリを活用した新しい販売方式で消費者にダイレクトにアプローチする。2019年末までに200のディーラーがジェッタブランドの販売を開始する。

※画像をクリックすると拡大します
VWグループのリリース1/2および中国の複数メディア報道に基づく

2019年02月28日(木)

深圳市得潤電子股份有限公司[Shenzhen Deren Electronic Co., Ltd.]は子会社重慶瑞潤電子有限公司[Chongqing Ruiren Electronic Co., Ltd.](重慶瑞潤)が一汽VWから一汽VWの捷達(JETTA)新型車向けワイヤーハーネスのサプライヤーに指定されたと発表した。(2019年2月28日付けリリースより)