D-Max (Isuzu)

 ニュース
2020年12月15日(火)

・バンコクで開催されたタイ・モーターエキスポ2020の事務局がイベントでの成約結果を発表した。37回目となる同イベントはコロナウイルス禍での開催ながらも、四輪車では31社が前回比9.9%減の3万3,753台を成約した。
・四輪車の成約内容を車型別でみると、乗用車が全体の40.9%(内訳:セダン23.9%、ハッチバック15.6%、その他1.4%)だった。SUVは全体の40.4%で、MG「ZS」、いすゞ「mu-X」、トヨタ「カローラ クロス(Corolla Cross)」、マツダ「CX-30」、三菱「パジェロスポーツ(Pajero Sport)」などSUVが大きく貢献した。
・ピックアップトラックは全体の12.2%で、いすゞ「D-MAX」、フォード「レンジャー(Ranger)」、トヨタ「ハイラックス(Hilux) Revo」、三菱「トライトン(Triton)」、日産「ナバラ(Navara)」が人気だった。
・高級車ブランドはBMW、メルセデス・ベンツ、ボルボ・カー、ポルシェ、アウディの5ブランドを中心に3,783台を成約した。
・二輪車では21社が前回比31.7%減の4,946台を成約した。ホンダ、GPX、ヤマハ、カワサキ、トライアンフなどが好調だった。
・期間中の来場者は合計118万6,387人で、前回比21.4%減。同時運営されたオンラインプラットフォームには16万5,078人がアクセスした。
(From Thailand Motor Expo press release on December 14, 2020)

2020年12月10日(木)

・ユーロNCAP129日、今年4回目となる最新のレーティングを発表した。今回は7モデルがユーロNCAPの最新のプロトコルに照らしてテストされ、アウディ「A3 スポーツバック (A3 Sportback)」、セアト「レオン (Leon)」、いすゞ「D-Max」、起亜「ソレント (Sorento)」、ランドローバー「ディフェンダー (Defender)」が最高評価の5つ星を、ホンダ「ホンダe (Honda e)」が4つ星を、現代「i10」が3つ星をそれぞれ獲得した。
・アウディ「A3 スポーツバック」とセアト「レオン」はともに、昨年の8代目「ゴルフ (Golf)」と同様のMQB-IIプラットフォームをベースとしているが、衝突面と反対側の衝撃を保護するセンターエアバッグを備えている。セアト「レオン」は成人乗員保護92%という高い信頼性を実証した。
・いすゞのピックアップトラック「D-Max」は2020年初め、パートナーのAustralasian NCAPによって格付けされた。いくつかのテストは欧州市場向けの評価のためにユーロ NCAPによって繰り返された。安全性を強調することをアピールしないピックアップトラックセグメントの「D-Max」だが、ヘッドレスト、衝突被害軽減ブレーキ (AEB)、センターエアバッグを装備している点が評価された。しかしながら、その重量と前部構造が衝突時に対象車両により大きな衝撃を与えることもテストで実証された。
・同様のことが前モデルよりも大きく重くなったランドローバー「ディフェンダー」にも該当した。「ディフェンダー」は可能な限り歩行者との衝突を防止して軽減するために、最新の運転支援システムを備えている。
・中型クロスオーバーSUVの起亜「ソレント」は前面オフセット衝突試験の評価は高くなかったが、ブランド初のセンターエアバッグや先進e-Callシステムなどの新しい安全機能が搭載されており、5つ星を維持した。
・ホンダのEV「ホンダe」は、グリーンドライブの最先端を象徴するモデルであるが、ホンダ「ジャズ (Jazz)」に搭載されているいくつかの先進安全機能が欠けており、4つ星評価となった。
・現代「i10」は、前面衝突時にドライバーの骨盤がラップベルトの下に滑り落ちるサブマリン現象が起きたことや、他の小型車よりもAEB機能が限定されていたことなどから3つ星評価となった。
ユーロNCAPのリリースをみる

2020年11月25日(水)

Pirelliは、電気自動車 (EV)およびプラグインハイブリッド車 (PHV)向けタイヤをポルシェと共同開発したと発表した。Pirelliはポルシェ「タイカン (Taycan)」向けに特別仕様のP Zero Electタイヤを開発した。パーフェクトフィットの哲学に沿って開発されたタイヤは「タイカン」向けに特別設計したコンパウンド、構造、トレッドパターンを採用している。多くの国では冬用タイヤの使用が義務付けられていることから、PirelliWinter Sottozero 3Scorpion WinterP Zero WinterElectバージョンも開発した。(2020年1125日付プレスリリースより)