CX-5 (Mazda)

 ニュース
2021年07月05日(月)

・オーストラリア連邦自動車産業会議所(FCAI)が5日に発表した6月の新車販売台数は、前年同月比0.4%増の11万664台となった。
・1-6月の累計販売台数は28.3%増の56万7,468台となっている。
・6月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は6.7%減の2万3,361台、SUVは3.5%増の5万3,761台、小型商用車が0.3%減の2万8,550台、大型商用車は8.0%増の4,992台となった。
・メーカー/ブランド別に見ると、トヨタが前年同月比7.8%減の2万1,076台、マツダが29.8%増の1万2,225台、フォードが10.9%増の8,456台、起亜は37.8%増の7,890台、現代が4.9%減の7,357台などとなっている。
・モデル別では、首位はフォード「レンジャー(Ranger)」で6,058台、2位はトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で5,412台、3位はいすゞ「D-Max」で3,167台、4位はマツダ「CX-5」で3,018台、5位は起亜「セラト (Cerato)」で2,711台。
FCAIのリリースをみる

2021年07月01日(木)

・2021年6月28日、長城汽車は「It's Time to CHANGE」をコンセプトとするコンパクトSUVの新型「哈弗 H6 ハイブリッド(Haval H6 Hybrid)」をタイで発売したと発表した。
・2バージョン(PRO、ULTRA)を用意し、価格はそれぞれ114万9,000バーツ(約400万円)、124万9,000バーツ(約433万円)。
・現時点で、長城汽車のタイ販売店は6店舗。7月にはさらに6店舗をオープンさせ、2021年内には30店舗に達する予定。2022年第1四半期までには、合計50店舗にする計画。
・2021年第3四半期には中国国外では初めてのエクスペリエンス・センターをタイのバンコクに開設するほか、第4四半期にサービスセンターも開設予定。
・タイ市場で新型「哈弗 H6 ハイブリッド」は、ホンダの「CR-V」、マツダの「CX-5」、MGの「HS」などと競合するとしている。
(From an article of Prachachat Turakij on June 28, 2021 and GWM Thailand homepage)

2021年05月26日(水)

・マツダは5月21日、米国で2021年型を最後にサブコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」とミッドサイズセダン「マツダ6 (Mazda6)」を廃止すると発表した。
・一方、カナダ向けの2021年型「マツダ6」は、2021年7月に生産を終了する。
・両モデルともに日本生産で、「CX-3」は防府第1工場、「マツダ6」は防府第2工場で生産されている。
・マツダはカナダについて、「CX-3」、「CX-30」、「CX-5」、「CX-9」を含むクロスオーバーSUVラインナップの継続的な改善に注力するとしている。
・カリフォルニア州アーバイン(Irvine)に本社を置くMazda North American Operationsは、約620店のディーラーを通じて、米国およびメキシコにおけるマツダ車の販売、マーケティング、部品およびサービスのサポートを統括している。
・Mazda Canada Inc.は、オンタリオ州リッチモンドヒル(Richmond Hill)に本社を置き、163のディーラーからなる全国的なネットワークを通じて、カナダにおけるマツダ車の販売・マーケティング、部品及びサービスのサポートを行っている。
(Mazda USA release on May 21, 2021)  (Mazda Canada release on May 21, 2021)