Accord (Honda)

 ニュース
2020年06月02日(火)

・中国国家市場監督管理総局は5月29日、広汽ホンダと東風ホンダが2020年6月1日から一部の国産車をリコールすると発表した。
・広汽ホンダがリコール対象とするのは2018年7月1日から2018年12月31日までに中国で生産されたアキュラブランドの「TLX-L」、「CDX」、「RDX」の一部、ホンダブランドの「シティ(City、鋒範)」、「オデッセイ(Odyssey、奥徳賽)」、「アヴァンシア(Avancier、冠道)」、「ヴェゼル(Vezel、繽智)」、「フィット(Fit、飛度)」、「クライダー(Crider、凌派)」、「アコード(Accord、雅閣)」シリーズの一部で、合計39万6,149台。
・東風ホンダがリコール対象とするのは2018年7月1日から2018年12月31日までに中国で生産された「グレイズ(Greiz、哥瑞)」、「ジーニア(Gienia、競瑞)」、「ジェイド(Jade、傑徳)」、「シビック(Civic、思域)」、「スピリア(Spirior、思鉑睿)」、「インスパイア(Inspire)」、「XR-V (炫威)」、「CR-V (思威)」、「UR-V (優威)」、「エリシオン (Elysion、艾力紳)」の一部で、合計37万8,625台。
・燃料ポンプインペラが樹脂成型条件不備により樹脂密度が不足したため、燃料が影響し膨張変形する恐れがある。燃料ポンプケースとの干渉が発生し燃料ポンプの作動不良を招き、最悪の場合は車両走行中にエンジンが停止する恐れがあるとしている。
・広汽ホンダと東風ホンダはリコール対象車両の燃料ポンプを改良されたものに無償交換し、リスクを取り除くとしている。
中国国家市場監督管理総局のリリースに基づく

2020年05月25日(月)

・5月23日付の中国の複数メディアは、広州市で21日夜から22日朝にかけて降った大雨の影響で、多くの自家用車が水に浸かったほか一部の自動車メーカーの車両も被害を受けたと報じた。
・広汽ホンダの増城工場では、「アヴァンシア (Avancier、冠道)」、「アコード(Accord、雅閣)」、「ブリーズ(Breeze、皓影)」、「ヴェゼル(Vezel、繽智)」などの主要モデルを含む組立直後の新車が冠水したという。広汽ホンダは損傷した車両の状況を確認中だが、これらの車両は販売用には出荷せず、修理後に条件を満たしたものは社内で使用するという。被害の影響は小さく、広汽ホンダの生産は正常に行われている。
・大雨被害に対応するため、広汽集団は主要ブランドで無料点検と車両清掃を含む一連の顧客サービスを発表した。
・また、広汽トヨタは広州南沙工場が正常に稼働していることを明らかにした。
・今回の大雨は中古車市場にも深刻な影響を与えた。車両を購入する顧客が減少する一方で、浸水車両は中古車市場に流入する傾向があるという。
中国の複数メディアの報道および広汽集団の公式weChatに基づく

2020年05月18日(月)

・5月14日付けのアルゼンチンの複数のメディアは、ホンダが新型コロナウイルスの影響で約2カ月間休止していたアルゼンチン・カンパーナ(Campana)工場の稼働を5月14日より再開すると報じた。同工場は、アルゼンチンではコロナ後に稼働を再開する最初の工場となるが、四輪車の生産を終了する最初の工場にもなる。
・SUV「HR-V」の最終生産ロットの組立を終了後、部品メーカーへの発注は行われないという。
・2019年に発表された通り、今後はカンパーナ工場に二輪車の生産が集約される。
・ホンダはアルゼンチン製の「HR-V」の在庫が無くなるまで、国内での販売を続ける方針。
・在庫を消化したのちは、仕様と価格は確定されていないものの、メキシコから「HR-V」の輸入を開始するという。
・アルゼンチンでの販売車は全て輸入車となり、メキシコ製の「HR-V」に加えて、「WR-V」、「フィット(Fit)」、「シビック(Civic)」、「アコード(Accord)」、「CR-V」、「パイロット(Pilot)」も輸入する。
・カンパーナ工場は2011年に操業を開始した。
・操業開始以降、カンパーナ工場は最初の6年間に「シティ(City)」(現在はブラジルで製造され、アルゼンチンでは販売中止)を生産し、2015-2020年の間に「HR-V」(今後メキシコから輸入予定)を生産した。
・今回、二輪の生産機能をカンパーナ工場に集約させるため、ホンダはアルゼンチンのフロレンシオ・バレラ(Florencio Varela)工場を2016年4月に閉鎖している。
(multiple sources on May 13, 2020)