英国

 サプライヤー

検索結果 1004


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Dowlais Group plc Nova North 11 Bressenden Place, London SW1E 5BY, UK 主要部品メーカー image
Johnson Matthey Plc 5th Floor, 25 Farringdon Street, London EC4A 4AB, UK 主要部品メーカー image
Pilkington Group Limited Hall Lane, Nr Ormskirk, Lancashire, L40 5UF, UK 主要部品メーカー image
TI Fluid Systems Plc. (旧 TI Automotive Limited) 4650 Kingsgate Oxford OX4 2SU, UK 主要部品メーカー image
TT Electronics Plc Fourth Floor, St Andrews House, West Street, Woking, Surrey, GU21 6EB, UK 主要部品メーカー image
920Engineering Limited Brake House, Tachbrook Road, Leamington Spa, Warwickshire, CV31 3SF, UK image
Aalberts Surface Technologies Heat Ltd - Birmingham Units 3-8 Bickford Road, B6 7EE Birmingham, UK image
Aalberts Surface Technologies Heat Ltd - Blackburn Whitebirk industrial Estate, BB1 5RE Blackburn, Lancashire, UK image
Aalberts Surface Technologies Heat Ltd - Letchworth Blackhorse Road, Letchworth, SG6 1HD, UK image
Aalberts Surface Technologies Heat Ltd - Telford Hortonwood 40, TF1 7EY Telford, UK image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年04月19日(金)

・カナダの燃料電池メーカーBallard Power Systems (以下、Ballard)は4月16日、顧客である英国のバスメーカーWrightbusからFCmove-HD水素燃料電池エンジン70基を受注したと発表した。 
・Ballardは、燃料電池エンジンの納入を2024年、バスの運行開始は2025年を見込んでいる。この水素燃料電池エンジンは、英国とドイツにおいて1階建てバスと2階建てバスの動力源となる予定。 

Based on Ballard Power Systems press release

2024年04月19日(金)

・英国の新興自動運転モビリティサービス企業Wayveは4月17日、視覚、言語、行動を結びつけて運転行動の説明と判断に役立てるクローズドループ運転モデルLINGO-2を発表した。LINGO-2は公道で試験された最初の視覚・言語・行動モデル(VLAM)である。 

・VLAMは信頼できる自動運転技術を構築する上で大きな可能性を秘めている。Wayveは2023年9月に自動運転モデル​​の解釈、説明、トレーニングを改善するためのオープンループ運転コメンテーターLINGO-1研究モデルを発表した。LINGO-2は言語と運転を深くリンクさせたクローズドループの運転モデルでAIモデルが理解した運転シーンを可視化する。 

・LINGO-2はWayveの視覚モデルと従来文章の次の単語の予測に使われてきた自動回帰言語モデルを組み合わせて走行経路を予測し、その運転判断に関する解説を提供する。WayveのニューラルシミュレーターGhost Gymと公道試験されたLINGO-2は、言語的な説明と意思決定過程を一致させることで何ができるかを示す有望な手がかりを提供する。 

Based on Wayve press release

2024年04月18日(木)

・JLRは4月16日、エネルギー貯蔵の新興企業であるAllye Energyと提携し、ゼロエミッション充電を実現するバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)を開発すると発表した。 

・Allye MAX BESSは、JLRのセカンドライフバッテリーを初めて使用するもので、「レンジローバー(Range Rover)」と「レンジローバー スポーツPHEV (Range Rover Sport PHEV)」のセカンドライフバッテリーパック7個を収納できる。このBESSはフル稼働状態で270kWhのエネルギーを蓄えることができ、一度に最大9台の「レンジローバーPHEV」の充電が可能だという。 

・このBESSの重量は3.5トン未満であるため、販売店やJLRの拠点にエネルギー貯蔵ソリューションとして提供することができる。そうすることで、JLRのネットワークが太陽光発電などの再生可能エネルギーを活用できるよう、支援することになる。このユニットは、JLR以外でも使用できるように市販される予定である。 

・JLRのエンジニアリングチームは、今年後半発売予定の新型「レンジローバー エレクトリック(Range Rover Electric)」のテスト中のゼロエミッション充電用として、このBESSを初めて使用する予定である。1,000時間を超えるテストにBESSを使用し、1年間で1万5,494kg以上のCO2を削減するという。 

Based on JLR press release