台湾

 サプライヤー

検索結果 877


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Avertronics Inc.
[映興電子股份有限公司]
No.10, 19th Road industrial Nuntun Dist, Taichung, 40850, Taiwan, China プライオリティ表示メーカー image
3M Taiwan
[3M台湾]
6F, No. 95 Dunhua South Road, Sector 2, Taipei, 10682, Taiwan, China image
Abon Touchsystems Inc.
[嵩達光電科技股份有限公司]
No.9, Desing 4th Rd., Dongshan Township, Yilan County 26950, Taiwan, China image
ACL Super Bright Co., Ltd.
[立勗企業有限公司]
Room B, No.2-13, Baosheng Road, Yonghe, New Taipei, Taiwan, China image
Actron Technology Corporation
[朋程科技股份有限公司]
No.22, Sec2, Nankan Rd., Luchu Hsiang, Taoyuan, Taiwan, China image
ADATA Technology Co., Ltd.
[威剛科技股份有限公司]
2F., No.258, Liancheng Rd., Zhonghe Dist., New Taipei City 235, Taiwan image
Advanced Lithium Electrochemistry Co., Ltd.
[台湾立凱電能科技股份有限公司]
No. 68, Fengtian Road Bade City, 33449 Taiwan, China image
Advanced Lithium Electrochemistry Co., Ltd. - Guishan Plant
[台湾立凱電能科技股份有限公司 - 亀山工場]
No.2-1, Singhua Rd., Taoyuan City, Taoyuan Country, Taiwan, China image
Advanced Optoelectronic Technology Inc.
[先進開發光電股份有限公司]
No.13, Gongy 5th Rd., Hsinchu Industrial Park, Hukou Shiang, Hsinchu Hsien 303, Taiwan, China image
ADVICS Taiwan Automotive Parts Co., Ltd.
[台湾愛徳克斯汽車零件股份有限公司]
No.3, 3rd road, Taichung Industrial Park, Taichung, Taiwan, China image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年05月13日(水)

・台湾自動車メーカーの裕隆汽車(Yulon Motor)11日、同社子会社で車両開発を担う華創車電技術中心(HAITEC)を通じ、東風汽車との合弁会社である東風裕隆汽車(Dongfeng Yulon Motor)から技術資産を取得すると発表した。
・「納智捷(Luxgen)」ブランドの小型車向けプラットフォーム「LC」を取得し、EMS(電子機器受託製造)世界最大手の鴻海科技集団(Foxconn Technology Group)と進める合弁事業に活かす考え。取引額は25億5,581万台湾元。
・裕隆は今年2月に鴻海と合弁会社の設立に合意し、3月に正式契約を交わしていた。合弁会社ではグローバル市場を対象に新エネルギー車の受託開発に取り組む計画。現地メディアでは「LC」プラットフォームが電気自動車(EV)の開発に用いられると報じている。
(
裕隆汽車の発表及び現地メディアの報道に基づく)

2020年05月11日(月)

・フォードの台湾合弁会社である福特六和汽車は54日、新型コロナウイルスの影響で休止していた中壢工場(桃園市)の稼働を再開した。
・中壢工場は欧米からの部品調達が停滞したため、422日から稼働を一時休止していた。54日には再開にこぎ着けたが、生産ペースは供給網の状況に左右され、正常化には至っていない。
・中壢工場では「フォーカス(Focus)」と「クーガ(Kuga)」を生産している。
(マークラインズの調査に基づく)

2020年04月24日(金)

・トヨタの台湾子会社である國瑞汽車(Kuozui Motor)は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受けて生産調整を実施する。複数の現地メディアが報じた。
・「カローラアルティス(Corolla Altis)」を生産する中壢工場で、54日から18日までの約2週間、生産ラインの稼働を現在の18時間(1)から4時間に短縮する。残りの4時間は教育・改善活動に充てる予定で、従業員の雇用は維持する。
・國瑞汽車は2009年から中東諸国に「カローラアルティス」を輸出している。今般の感染拡大による影響で現地の購買意欲が低下し、受注が落ち込んだことを受けて減産を決めた。
(
マークラインズの調査及び現地メディアの報道に基づく)