台湾

 サプライヤー

検索結果 878


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
3M Taiwan
[3M台湾]
6F, No. 95 Dunhua South Road, Sector 2, Taipei, 10682, Taiwan, China image
Abon Touchsystems Inc.
[嵩達光電科技股份有限公司]
No.9, Desing 4th Rd., Dongshan Township, Yilan County 26950, Taiwan, China image
ACL Super Bright Co., Ltd.
[立勗企業有限公司]
Room B, No.2-13, Baosheng Road, Yonghe, New Taipei, Taiwan, China image
Actron Technology Corporation
[朋程科技股份有限公司]
No.22, Sec2, Nankan Rd., Luchu Hsiang, Taoyuan, Taiwan, China image
ADATA Technology Co., Ltd.
[威剛科技股份有限公司]
2F., No.258, Liancheng Rd., Zhonghe Dist., New Taipei City 235, Taiwan image
Advanced International Multitech Co., Ltd.
[明安国際企業股份有限公司]
No. 26, Chung Lin Road, Lin-Hai Industrial District, Kaohsiung, Taiwan, China image
Advanced Lithium Electrochemistry Co., Ltd.
[台湾立凱電能科技股份有限公司]
No. 68, Fengtian Road Bade City, 33449 Taiwan, China image
Advanced Lithium Electrochemistry Co., Ltd. - Guishan Plant
[台湾立凱電能科技股份有限公司 - 亀山工場]
No.2-1, Singhua Rd., Taoyuan City, Taoyuan Country, Taiwan, China image
Advanced Optoelectronic Technology Inc.
[先進開發光電股份有限公司]
No.13, Gongy 5th Rd., Hsinchu Industrial Park, Hukou Shiang, Hsinchu Hsien 303, Taiwan, China image
ADVICS Taiwan Automotive Parts Co., Ltd.
[台湾愛徳克斯汽車零件股份有限公司]
No.3, 3rd road, Taichung Industrial Park, Taichung, Taiwan, China image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2021年03月26日(金)

・EMS (電子機器受託製造)世界最大手の鴻海科技集団(Foxconn Technology Group)が創設したMIHアライアンスは25日、台北市松山文創園区でアライアンス加盟企業の初会合を開催し、新たな一歩を踏み出した。
・鴻海は昨年、電気自動車(EV)向けのソフトウェア・ハードウェアオープンプラットフォーム「MIH」を発表し、「MIH」を構築・運用する組織としてMIHアライアンスを発足させた。「MIH」の発表は大きな反響を呼び、アライアンス発足から半年を経た現時点で実に1,200社を超える国内外の関連企業(ハード関連90%、ソフト関連10%)がアライアンスに加盟している。
・アライアンスは「MIH」におけるEVの標準化、モジュール化、プラットフォーム化を通じてEV開発への参入ハードルを引き下げ、誰もがEV事業に参入できる新たな時代を切り開く。アライアンスCEOの鄭顕聡(Jack Cheng)氏は初会合で、「高水準、高効率、且つスピーディな運営手法を確立し、アライアンスメンバーや業界パートナーを率いて次世代のEVエコシステムを構築する」と意欲を示した。
・初会合ではこれまでの取り組みを総括すると共に、今後の活動スケジュールが共有された。アライアンスは6月に開催するカンファレンスを経て、7月から独立運営を開始する。これまでは鴻海がインキュベートする組織だったが、独立運営に移行することで中立性を担保する。10月に開発者ツール「EVKit」の第2弾を披露し、2022年に電気バス、2023年にはCクラスのEVを量産・発売する計画であることも明かした。

※画像をクリックすると拡大します
鴻海のリリースをみる

2021年03月25日(木)

・3月21日付 Vietnam Newsなど複数のメディアは、EMS (電子機器受託製造)世界最大手の鴻海科技集団(Foxconn Technology Group、以下、フォックスコン)がベトナムの新興自動車メーカーVinFastと電気自動車(EV)向け部品やバッテリーの生産について協議していると報じた。Vinfastの広報担当者は部品やバッテリーでの協業の可能性について言及したが、EV生産での協業については何も情報はないと強調した。
・ VinFastはフォックスコンの提携パートナーになることを希望するが、製造を委託するということではないという。
・フォックスコンはグローバルEV市場に対し、大規模に部品やサービスを供給していく計画を公表しており、VinFastとの提携はFCAやその他EVスタートアップ企業に続くものになるだろう。
(From an article of Vietnam News on March 21, 2021 and multiple sources)

2021年03月19日(金)

・台湾の鴻華先進科技股份有限公司(Foxtron Vehicle Technologies Co., Ltd.)は18日、電気自動車(EV)用動力システムの開発を強化するため、総合モーターメーカー世界最大手の日本電産と業務提携に関する覚書を締結したと発表した。
・鴻華先進科技はEMS(電子機器受託製造)世界最大手の鴻海科技集団(Foxconn Technology Group)と裕隆汽車(Yulon Motor)が昨年11月に設立した合弁会社。車両の設計開発やシステム検証の技術を有し、鴻海科技集団が昨年10月に発表したEV向けのソフトウェア・ハードウェアオープンプラットフォーム「MIH」の開発を推進している。
・鴻華先進科技は提携を通じて日本電産が培ってきたモーター技術を取り入れ、「MIH」プラットフォームにおける動力システムの強化を図る。すでに乗用車と商用車の両セグメントに関する計画に取り組んでおり、今年第4四半期(10-12)に最初の成果を発表する予定。
・鴻華先進科技の李秉彦総経理は日本電産との提携について、「日本電産はEV発展のカギとなるトラクションモータシステム『E-Axle』の技術を有しており、オープンプラットフォームを発表する以前から提携の可能性を協議していた。覚書の締結によって協業が進み、第4四半期にはその成果を発表できるだろう」とコメントした。
鴻華先進科技のリリースをみる 1/2