台湾

 サプライヤー

検索結果 868


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Avertronics Inc.
[映興電子股份有限公司]
No.10, 19th Road industrial Nuntun Dist, Taichung, 40850, Taiwan, China プライオリティ表示メーカー image
3M Taiwan
[3M台湾]
6F, No. 95 Dunhua South Road, Sector 2, Taipei, 10682, Taiwan, China image
Abon Touchsystems Inc.
[嵩達光電科技股份有限公司]
No.9, Desing 4th Rd., Dongshan Township, Yilan County 26950, Taiwan, China image
ACL Super Bright Co., Ltd.
[立勗企業有限公司]
Room B, No.2-13, Baosheng Road, Yonghe, New Taipei, Taiwan, China image
Actron Technology Corporation
[朋程科技股份有限公司]
No.22, Sec2, Nankan Rd., Luchu Hsiang, Taoyuan, Taiwan, China image
Advanced Lithium Electrochemistry Co., Ltd.
[台湾立凱電能科技股份有限公司]
No. 68, Fengtian Road Bade City, 33449 Taiwan, China image
Advanced Lithium Electrochemistry Co., Ltd. - Guishan Plant
[台湾立凱電能科技股份有限公司 - 亀山工場]
No.2-1, Singhua Rd., Taoyuan City, Taoyuan Country, Taiwan, China image
Advanced Optoelectronic Technology Inc.
[先進開發光電股份有限公司]
No.13, Gongy 5th Rd., Hsinchu Industrial Park, Hukou Shiang, Hsinchu Hsien 303, Taiwan, China image
ADVICS Taiwan Automotive Parts Co., Ltd.
[台湾愛徳克斯汽車零件股份有限公司]
No.3, 3rd road, Taichung Industrial Park, Taichung, Taiwan, China image
Aimmet Industrial Co., Ltd
[祥峰実業股份有限公司]
No.16, Lane 263, Yan-Ho St., Yung Kang City, Tainan County, Taiwan, China image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年01月17日(金)

GKN Automotiveは、台湾のDelta Electronicsと出力クラス80-155kW次世代統合3in1 eDriveシステムの共同開発で提携すると発表した。Delta ElectronicsのインバーターをGKN Automotiveの電気モーターとギアボックスシステムに統合する。両社はシステムの重量とパッケージ量の削減を目指し、自動車メーカーの組立プロセスの簡素化に注力する。提携により、次世代のハイブリッド車 (HV)および電気自動車 (EV)向けの様々なトルククラスに適用可能な2種類のeDriveファミリーを開発するという。両社は、今後3年以内にAセグメントのシティカーからDセグメントのエグゼクティブカーやSUVまで、多くの車両タイプに適合するトルク出力2,000-3,800Nmの3in1 eDriveシステムを供給するとしている。(2020117日付プレスリリースより)

2020年01月07日(火)

・台湾の産業技術研究開発機構である工業技術研究院(ITRI)は12月27日、自動車用電子部品などを手掛ける車王電子(Mobiletron Electronics)と自動運転電動バスの製造で提携すると発表した。
・2021年までにレベル4(SAE基準)の自動運転電動バスを10台製造する計画で、1台目は早ければ2020年第1四半期(1-3月)に完成する見通し。さらに2020年内には公共バスの運営会社と組んで乗客を乗せた試験運行を特定エリアで実施し、ビジネスモデルを検証する計画。
・自動運転電動バスは車王電子が出資する華徳動能(RAC Electric Vehicles)製の電動バスを使い、モーターやインパネ、システム、センサー、マップ、サイバーセキュリティなどを手掛ける台湾企業13社の技術や製品を統合して製造する。
・ITRIは台湾における自動運転の産業体系を構築し、世界的自動車メーカーのサプライチェーン参入に繋げたい考え。
ITRIのリリースをみる

2020年01月07日(火)

・東風小康汽車の台湾総代理を務める合同興は、台北国際オートショー(12月28日-1月5日)で新型トラック「金穏発(Super Fuwin)」を初公開した。
・東風小康汽車の小型トラック「C31」の現地生産車で、最大積載量は1,182kg。欧州排出ガス基準「ユーロ6」に同クラスで唯一適合するほか、安全機能としてESC(横滑り防止装置)とABS(アンチロックブレーキシステム)を装備する。
・現地の報道によると、2020年第1四半期(1-3月)に投入される見通し。

※画像をクリックすると拡大します
合同興のリリースをみる