スウェーデン

 サプライヤー

検索結果 326


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Autoliv Inc. Klarabergsviadukten 70, Section B7, SE-111 64, Stockholm, Sweden 主要部品メーカー image
Haldex AB Birger Jarlsgatan 6D 114 34 Stockholm, Sweden 主要部品メーカー image
AB SKF Sven Wingquist gata 2, Göteborg , SE-415 50, Sweden 主要部品メーカー image
Trelleborg AB Johan Kocksgatan 10 P.O. Box 153, Trelleborg Corporate reg no. 556006-3421, 231 22 Sweden 主要部品メーカー image
Aalberts Process Technologies AB Mobilvägen 1, 246 43 Löddeköpinge, Sweden image
AB Borggards Bruk Borggardsvagen 1, SE-612 75 Hallestad, Sweden image
AB Borgstena Textile Krolängsvägen 3, 513 97 Borgstena, Sweden image
AB Euroform - Tranås South Verkstadsgatan 10, 573 41 Tranås, Sweden image
AB Linde Machines Hyttevagen 10, SE- 711 31 Lindesberg, Sweden image
ACCONEER AB Scheelevagen 27, 223 63 Lund Sweden image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年04月12日(金)

・ボルボ・バスは4月9日、新しいプラットフォーム「BZRエレクトリック(BZR Electric)」には同社の最新技術が搭載されており、多くの異なる分野において様々な業務に使用可能だと発表した。「BZRエレクトリック」は2025年に生産開始され、同年に最初の納入が予定されている。販売は2024年末に開始される。 

・このプラットフォームは、「B8R」シャシーをベースに、キューブ型バッテリー、BZRプラットフォーム用に特別に開発された2つの統合冷却システムを搭載している。また、ボルボの現行電気プラットフォームのドライブライン、電気モーター、ギアボックスも採用されている。このプラットフォームは、あらゆる条件、地形、気候で動作するように設計されており、-40℃から+50℃の温度範囲において動作可能である。 

・同社は、連節バスや二連節バス、快適なコーチなどとともに、高速輸送システム(BRT)用プラットフォームを開発する計画で、このプラットフォームに容易に統合できる新しいシステムやソリューションも常に開発しているという。 

Based on Volvo Bus press release

2024年04月12日(金)

・ポールスター(Polestar)は4月11日、2024年第1四半期に世界で約7,200台の車両を納車したと発表した。これには中国でのミッドサイズ電気SUVクーペ「ポールスター4 (Polestar 4)」1,200台の納車も含まれている。

・2024年第1四半期には3つの戦略的進展が見られた。中国・成都工場で電気SUV「ポールスター3 (Polestar 3)」の生産を開始し、2024年夏には米サウスカロライナ州リッジビル(Ridgeville)工場で追加生産が始まる。「ポールスター4」の生産は2025年後半に韓国の工場にも拡大される予定で、同社は北米を含む主要市場の収益性を向上させるために生産拠点の多様化で大幅な進歩を遂げている。

・ポールスターは2月、国際的な銀行のコンソーシアムから新たに9億5,000万ドルの外部資金調達に成功した。

・また、ポールスターの株主構成が明確化され、Geely Holdingsが新たな主要株主として24%の株式を取得し、Volvo Carsは18%の株式を保持する。さらに、ポールスターは新たな株主を歓迎しており、浮動株比率は約18%に増加する予定。

・ポールスターは、5月23日に2024年第1四半期決算を発表する。

(Polestar release on April 11, 2024)

2024年04月10日(水)

SKFは高性能電気自動車 (EV) パワートレイン用の新型導電性ブラシリングを開発した。EV eアクスルローターシャフトとそのハウジングとの間に信頼性の高い電気的接続を提供し、eアクスルの寿命を延ばす。

・SKFのハイブリッドセラミックボールベアリングと組み合わせて使用すると、ベアリングやその他の部品の早期破壊につながる寄生電流の影響を軽減することができる。

・純粋な炭素繊維を使用しており、回転摩擦が低く、高寿命、予測可能で安定した電気性能を実現している。現在は、湿式 (オイル潤滑) 用のさまざまな構成で利用可能であり、近いうちに乾式 (密閉) モーター設計用にも対応する。

・薄型で拡張性の高い設計により、新規または既存のパワートレインに容易に統合することが可能。

(2024年4月4日付プレスリリースより)