スウェーデン

 モデルチェンジ
 サプライヤー

検索結果 261


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Autoliv, Inc. Klarabergsviadukten 70, Section B7, SE-111 64, Stockholm, Sweden 主要部品メーカー image
Haldex AB Box 507, SE-261 24 Landskrona, Sweden 主要部品メーカー image
AB SKF Hornsgatan 1, Gothenburg, Sweden 主要部品メーカー image
Trelleborg AB Johan Kocksgatan 10, SE-231 22 Trelleborg, Sweden 主要部品メーカー image
AB Borggards Bruk Borggardsvagen 1, SE-610 12 Hallestad, Sweden image
AB Euroform 573 24 Tranas, Sweden image
AB Linde Machines Hyttevagen 10, SE- 711 31 Lindesberg, Sweden image
Accel AB Kungsgatan 57, 461 34 Trollhattan, Sweden image
Adiator AB Neongatan 10, 431 53 Molndal, Sweden image
Alps Electric Europe - Gothenburg Office Gruvgatan 37, SE-421 30 Vastra Frolunda, Sweden image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2019年11月19日(火)

Autoliv傘下のVeoneerは、「自動運転車コンピューティング・コンソーシアム (AVCC) 」への参加を発表した。AVCCはトヨタ、GMBosch (ボッシュ)Continental (コンチネンタル)デンソーNVIDIANXPルネサスエレクトロニクス、Armが参加するコンソーシアムで、コンセプチュアル・コンピューティングプラットフォームアーキテクチャ、ハードウェア要件、自動運転エコシステムを構築するソフトウェアAPI開発が主な目的。コンセプチュアル・アーキテクチャは現在のプロトタイプシステムから大規模な展開への移行に対応するという。(20191119日付プレスリリースより)

2019年11月18日(月)

Autolivは、側面衝突事故から命を守る新型フロントセンターエアバッグの開発を発表した。このエアバッグは、2020年に19モデルに導入される予定で、11月19日に米国ユタ州Ogdenで開催のCapital Markets Dayに出展される。座席に取り付けられたエアバッグは、ドライバーと助手席の間のスペースに展開し、側面衝突時の衝突からドライバーを保護し、頭、肩、胸の外傷のリスクを軽減する。(20191118日付プレスリリースより)

2019年11月15日(金)

・ボルボ・バスは11月13日、バス操車場(depot デポ)における自動運転バスの大きな可能性を初めて示したと発表した。公開実証実験は12mの自動運転電気バスを使って操車場で行われた。世界でも初めての試みのひとつで、ボルボ・バスの自動運転開発において安全、クリーン、効率的な公共輸送にむけた重要なマイルストーンとなった。
・実証実験はフランス国鉄傘下のバス運行会社Keolisのスウェーデン法人と共にスウェーデン・イェーテボリ(Gothenburg)近郊のKeolisの操車場で行った。実証実験では乗客を乗せた12m自動運転電気バスが、駐車場を出て、清掃、サービス、充電ステーション等の作業場の間を回り、正しい駐車場に戻るのに成功した。
・ボルボ・バスはここ数年自動運転バスの実証実験の成功例を積み上げており、実際のデポを使った今回の成果もその一つ。デポの自動運転は実現性が非常に高いとボルボ・バスが考える分野である。
・ボルボ・バスは自動運転バス開発の最前線に立っている。地球人口が10年以内にさらに10億人増加しその多くが都市に住むと見られるため、公共輸送、インフラ、都市計画の需要が高まり、これらに対して持続可能で効率的な管理が必要となる。
・ボルボ・バスはコネクテッド、自動運転、電気バスがその答えの一つになると考えている。同社はこれらの課題に応える持続可能な公共輸送ソリューションをパートナーと共に開発する。
Volvo Buses press release