オランダ

 サプライヤー

検索結果 162


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Inalfa Roof Systems Group B.V. De Amfoor 2, 5807 GW Venray, The Netherlands 主要部品メーカー image
NXP Semiconductors N.V. High Tech Campus 60, 5656 AG Eindhoven, The Netherlands 主要部品メーカー image
ABB Electronics George Hintzenweg 81, 3068 AX, Rotterdam, PO Box 301, 3000 AH, The Netherlands image
Aito BV Teleportboulevard 110, NL-1043, EJ, Amsterdam, The Netherlands image
Akzo Nobel N.V. Christian Neefestraat 2, 1077 WW Amsterdam, Netherlands image
AllPress Metals B.V. Orionstraat 1 Tilburg 5015 BR THE NETHERLANDS image
ALT Technologies bv St. Laurensdreef 40, 3565 AK, Utrecht Netherlands image
AMP Holland BV Rietveldenweg 32, 5222 AR 's-Hertogenbosch, Netherlands image
Anamet Europe BV Galwin 5, NL-1046 AW, Amsterdam, The Netherlands image
Apollo Vredestein B.V. Ir. E.L.C. Schiffstraat 370, 7547 RD Enschede, Netherlands image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年01月17日(金)

・HEREは16日、ローカルハザード情報サービスHERE Hazard Warningsが欧州フォードの「プーマ (Puma)」に採用されたと発表した。
・HERE Hazard Warningsは2020年末までにフォードの製品ラインナップの80%超に搭載される予定。
・HERE Hazard Warningsは、HEREのコネクテッドカーサービスの一部。欧州フォードは安全性を高めるために、コネクテッドカーフリートからの交通関連センサーデータへのアクセスをHEREに提供し、HEREはコネクテッドカーサービスの開発に利用できるデータセットをさらに拡大するという。
・HEREはこのデータをロケーションプラットフォームを介して、ドライバーと乗客の役に立つ安全関連情報に変換する。 ドライバーは車両のインストルメントクラスターまたはヘッドアップディスプレイユニットを介して低レイテンシーでハザード情報を受信できる。
・ローカルハザード情報は、バックグラウンド警告または緊急ポップアップとしてマルチメディアシステムにナビゲーションが組み込まれていない場合でもFordPass Connect車載モデムにより受信が可能になる。
・このサービスは、潜在的な道路の危険、事故、運転条件に関する重要な情報をドライバーに提供する。
HEREのリリースをみる

2020年01月09日(木)

・DAFは7日、DAF Connectフリート管理プラットフォームに新機能を導入すると発表した。
・リモート・タコ・ダウンロードは、オペレーターがドライバーカードとタコグラフのメモリーをオンラインでリアルタイムに読み取り、保存、分析できる機能。
・オペレーターは正確にタコグラフ管理システムをメンテナンスでき、時間節約につながるという。
・リモート・タコ・ダウンロードは、車両、フリート、ドライバーのパフォーマンスをリアルタイムで監視するオンラインフリート管理プラットフォームであるDAF Connectダッシュボードにアプリとして追加される。
・同社はこの機能によりすべての法的要件に完全に準拠したタコグラフ情報の自動読み取りと保存が保証されるとしている。
DAFのリリースをみる

2020年01月09日(木)

米国のソフトウェア大手のSynopsysは、NXP Semiconductors32G車両ネットワークプロセッサーをサポートするバーチャライザー開発キット (VDK)の提供を発表した。VDKは、NXPがS32G対応ソフトウェアとファームウェアを開発するため広範に使用される。仮想プロトタイプを組み込みターゲットとして使用するソフトウェア開発キットのVDKにより、ティア1サプライヤー、自動車メーカー、半導体企業はハードウェア可用性の数カ月前にソフトウェア開発、統合、およびテストを開始して、障害およびカバレッジテストを増やし、テストサイクルを加速できるという。(202019日付プレスリリースより)