オランダ

 サプライヤー

検索結果 202


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Inalfa Roof Systems Group B.V. De Amfoor 2, 5807 GW Venray, The Netherlands 主要部品メーカー image
NXP Semiconductors N.V. High Tech Campus 60, 5656 AG Eindhoven, The Netherlands 主要部品メーカー image
Aalberts Surface Technologies Beuningen B.V. Nikkelwerf 5, 6641 TM Beuningen, the Netherlands image
Aalberts Surface Technologies Eindhoven B.V. Achtseweg Noord 3, 5651 GG Eindhoven, the Netherlands image
Aalberts Surface Technologies Venlo B.V. Spikweien 27, 5943 AC Venlo (Lomm), the Netherlands image
Aalberts Surface Treatment Deurne B.V. (旧 Impreglon Surface Technology BV Vuurijzer 1 5753 SV Deurne, Netherlands image
Aalberts Surface Treatment Eindhoven B.V. Hurksestraat 32, 5652 AL Eindhoven, the Netherlands image
ABB B.V. (旧ABB Electronics) George Hintzenweg 81, 3068 AX, Rotterdam, PO Box 301, 3000 AH, The Netherlands image
Advanced Electromagnetics Group Industrieweg 78, 5145 PW Waalwijk, Netherlands image
Aito BV Teleportboulevard 110, NL-1043, EJ, Amsterdam, The Netherlands image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年02月09日(金)

・米FedExの欧州子会社であるFedEx Express Europeは2月5日、オランダのユトレヒト(Utrecht)で水素燃料電池車による輸送試験を実施すると発表し、欧州で同社初となる水素技術試験を開始した。試験車両はルノー「マスターバンH2-TECH (Master Van H2-TECH)」で、6kgの水素を5分で充填でき、航続距離は400km、30kWの燃料電池と33kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載している。 

・この試験は、2040年までにカーボンニュートラルを達成するというFedExの目標において、脱炭素化が困難な部門に対するソリューションを早期に把握することを目的としている。 

・今回のバンの導入は、欧州におけるFedEx Expressの宅配便集配車両の電動化に向けた取り組みの一環である。FedEx Expressは、耐用年数の経過したディーゼル車を順次バッテリー電気自動車に置き換えている。 

Based on FedEx press release

2024年01月31日(水)

・ドイツのアーヘン工科大学(RWTH)は1月26日、同大学のPEM (eモビリティ部品生産工学)講座とエンジニアリングサービスプロバイダーPEM Motionが、オランダの新興企業Nanoloyと提携して革新的バッテリーの電極と生産技術を開発すると発表した。この提携は新たな生産コンセプトに重点を置き、通常とは異なるセル化学を利用してバインダーや有毒溶剤の必要性を除去する。 

・Nanoloyは高性能シリコン負極を生産する。コア技術として新たなプラズマコーティングプロセスを使用し生産コスト低減を図る。研究開発用試作ラインは2024年第2四半期までにPEM講座のeモビリティ研究所(eLab)に設置される。RWTHの教授陣は電極開発に注力しシステム技術をギガファクトリー規模に拡張するチームを率いる。 

・この提携に基づきRWTHとNanoloyはバッテリーの寿命を33%伸ばして充電サイクル3,000回、エネルギー密度を50%高めて450Wh/kg、生産コストを40%削減して70ドル/kWhにすることを目指す。また、Nanoloyは2028年までにEUに10GWhの生産施設を建設することを目指す。 

Based on RWTH Aachen University press release

2024年01月25日(木)

・オランダのHERE Technologiesは1月24日、革新的なアドレスシステムを開発した英国のwhat3wordsとのグローバルパートナーシップ拡大を発表した。今年から、HEREプラットフォームのLocation Services APIを利用する顧客は、HERE経由で簡単にwhat3wordsのライセンスを有効化できるようになる。

・what3wordsは地球を3メートル×3メートルの正方形のグリッドに分割し、それぞれに3つの単語のユニークな組み合わせを与えている。HEREとwhat3wordsは、OEMに次世代の高精度カーナビゲーションを提供するため、2020年に初めて提携した。

Based on HERE Technologies press release