日本

 サプライヤー

検索結果 8175


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
(株) アドヴィックス 〒448-8688 愛知県刈谷市昭和町2-1 主要部品メーカー image
AGC (株) 〒100-8405 東京都千代田区丸の内1-5-1 主要部品メーカー image
(株) アーレスティ 〒441-3114 愛知県豊橋市三弥町中原1-2 主要部品メーカー image
愛知機械工業 (株) 〒456-8601 愛知県名古屋市熱田区川並町2-12 主要部品メーカー image
愛知製鋼 (株) 〒476-8666 愛知県東海市荒尾町ワノ割1 主要部品メーカー image
愛三工業 (株) 〒474-8588 愛知県大府市共和町1-1-1 主要部品メーカー image
(株) アイシン (旧 アイシン精機 (株)) 〒448-8650 愛知県刈谷市朝日町2-1 主要部品メーカー image
アイシン高丘 (株) 〒473-8501 愛知県豊田市高丘新町天王1 主要部品メーカー image
曙ブレーキ工業 (株) 〒103-8534 東京都中央区日本橋小網町19-5 主要部品メーカー image
(株) アルファ 〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦1-6-8 主要部品メーカー image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2021年04月15日(木)

・日野自動車は15日、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラックを開発したと発表した。2022年初夏に「日野デュトロ Z EV」の名称で国内市場に導入する予定。
・荷物を生活者に届ける「物流のラストワンマイル」の現場では昨今、労働人口の減少やeコマースの拡大などを背景に、ドライバー不足をはじめ、配達業務の身体的負荷、荷物の増加や多様化への対応といった課題が深刻化している。
・「デュトロ Z EV」の最大の特徴は超低床のウォークスルー構造で、これにより物流現場における使い勝手を抜本的に改善した。荷室の高さを一般的な2tトラックの半分となる約40㎝に抑えているため、荷物の積み下ろしが容易なワンステップでの乗降が可能。さらに運転席から荷室へ直接移動できるウォークスルー構造としたことで、作業効率の大幅アップに貢献できる。
・超低床構造は「物流のラストワンマイル」に最適化した新開発EVシャシーを採用することで実現した。従来のエンジンとトランスミッションの代わりに50kWの永久磁石式同期モーターをキャブ下に搭載し、前輪を駆動。40kWhのリチウムイオンバッテリーは荷台床下のフレームの内側に搭載することで、従来の後輪駆動車では困難だった超低床を実現した。
・車体サイズは全長4.7m×全幅1.7m×全高2.3m。住宅街での走行に適しているだけでなく、普通免許での運転が可能で、ドライバーの人材確保にも貢献できる。なお、ウォークスルーバンに加えて、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシ型も設定している。

※画像をクリックすると拡大します
日野のリリースをみる

2021年04月14日(水)

武蔵精密工業は、CKDと共同開発契約を締結したと発表した。両社はリチウムイオン電池 (LIB) の高容量化、長寿命化、安全性向上を実現するロールtoロール方式のリチウムプレドープ装置の製造・販売の事業化を推進する。電解液中で電気化学的に所定量のリチウムを電極に挿入する武蔵エナジーソリューションのプレドープ技術と、CKDの巻回機分野で培った電極搬送技術を統合し、LIB製造プロセスへのプレドープ技術の導入を実現するという。これにより、LIB正極材として使用される希少金属の所要量を削減するとともに、負極側の劣化反応を抑制することでLIBのサイクル寿命が延長する。また、設計次第ではLIBへのリチウムプレドープ化によりエネルギー密度を20-40%程度向上させるほか、サイクル寿命を3-4倍延長させることも可能であるという。(2021年4月14日付プレスリリースより)

2021年04月14日(水)

NTNは、電動化や低燃費化、高効率化に貢献する製品を上海モーターショー2021に出展すると発表した。電動化対応の分野では、高速回転性能によりモーターの小型軽量化に貢献する電気自動車・ハイブリッド車 (EV / HV) 用高速深溝玉軸受や、減速機向け軸受として低トルクおよび長寿命を両立した「超低フリクションシール付玉軸受」など、同社が量産拡大中の製品を展示する。また、世界最高水準の低昇温性・低トルク性でディファレンシャルギアの効率化に貢献する「低昇温・低トルク円すいころ軸受」などの新製品も出展するという。ハブベアリングとドライブシャフトについては、回転フリクションを従来品から62%低減した「低フリクションハブベアリングIII」や世界最高水準の小型軽量化を実現したプロペラシャフト用しゅう動式等速ジョイント「HEDJ-P」、後輪駆動車に適した「リア用軽量ドライブシャフト」などの製品も展示するという。(2021年4月14日付プレスリリースより)