インド

 サプライヤー

検索結果 4125


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
Bharat Forge Ltd. Mundhwa, Pune Cantonment, Pune 411036, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
Bharat Gears Ltd. Hoechst House, 14th Floor, Nariman Point, Mumbai 400 021, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
Jay Bharat Maruti Ltd. (JBML) Plot No. 5, MSIL Joint Venture Complex Gurgaon -122015, Haryana, India 主要部品メーカー image
JTEKT India Limited (旧 Sona Koyo Steering Systems Ltd.) 38/6, Delhi-Jaipur Road, NH-8, Gurgaon 12001, India 主要部品メーカー image
JTEKT India Ltd. (Formerly Sona Group) 38/6, NH-8, Delhi-Jaipur Road, Gurgaon, Haryana 122002, India 主要部品メーカー image
Kalyani Group Mundhwa, Pune 411036, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
Lumax Industries Ltd. 2nd Floor, Harbans Bhawan-Ⅱ, Commercial Complex,Nangal Raya, New Delhi 110046, India 主要部品メーカー image
Rane Group "Maithri" 132, Cathedral Road, Chennai - 600 086, India 主要部品メーカー image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2021年10月25日(月)

・シュコダのインド法人Skoda Indiaの販売マーケティング担当ディレクターは10月15日付のSNS投稿で、世界的な半導体不足の影響により、Skoda Indiaの生産計画の立案が非常に困難になっていると述べた。将来の生産計画の見通しがほとんど立っておらず、現時点では半導体不足で納車が遅れる見込みであることを明らかにした。

Based on Skoda India Director social media updates
キーワード:工場稼働状況

2021年10月25日(月)

・タタが10月12日に行った投資家に対するプレゼンの資料によると、同社は今後5年間に発売を予定する新型車10種類で、インドの電気自動車(EV)市場でのシェアを20%以上獲得することを目指すと発表した。
・EV用バッテリーについては、タタはすでにモジュールをTACO (Tata AutoComp)から国内調達している。現在タタは、海外のいくつかのセル製造会社と提携することで、TACOにセルを供給し、TACOがそれをバッテリーパックに組み上げている。今後は、セルについても国内調達を予定しているが、現時点ではタタが独占的に提携しているセルメーカーはいないという。
Based on Tata Motors investor conference call on October 12, 2021

2021年10月25日(月)

インドのソフトウェア開発企業KPIT Technologiesは、モビリティエコシステムに向けた業界最先端のミドルウェアソリューションをZFと共同開発すると発表した。KPITのソフトウェアに関する専門知識とZFの車両システムに関する豊富な知見を組み合わせて構築した完成度の高いモジュール式ミドルウェアソリューションをOEM各社に展開して、モビリティのエコシステムに変革をもたらす。この協力により、半導体専門企業、ソフトウェア企業、クラウドサービス、新興企業など、他の技術系企業のソリューションも組み込まれる。ミドルウェアの開発ではKPITの生産プログラムに関する豊富な経験、アーキテクチャコンサルティングとソフトウェアインテグレーションの専門知識、クラウドベースのコネクテッドサービスの強みを活かす。また、KPITの既存資産、ツール、アクセラレーター、その他の基幹インフラも利用する。(2021年10月21日付プレスリリースより)