インド

 サプライヤー

検索結果 5720


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Amalgamations Group 861/862, Anna Salai, Chennai- 600 002, Tamil Nadu, India 主要部品メーカー image
Anand Automotive Limited 1 Sri Aurobindo Marg, Hauz Khas, New Delhi – 110016, India 主要部品メーカー image
Bharat Forge Ltd. Mundhwa, Pune Cantonment, Pune 411036, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
Bharat Gears Ltd. Hoechst House, 14th Floor, Nariman Point, Mumbai 400 021, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
Jay Bharat Maruti Ltd. (JBML) Plot No. 5, MSIL Joint Venture Complex Gurgaon -122015, Haryana, India 主要部品メーカー image
JTEKT India Limited (旧 Sona Koyo Steering Systems Ltd.) 38/6, Delhi-Jaipur Road, NH-8, Gurgaon 122001, Haryana, India 主要部品メーカー image
Kalyani Group Mundhwa, Pune 411036, Maharashtra, India 主要部品メーカー image
Lumax Industries Ltd. 2nd Floor, Harbans Bhawan-Ⅱ, Commercial Complex,Nangal Raya, New Delhi 110046, India 主要部品メーカー image
Rane Group "Maithri" 132, Cathedral Road, Chennai - 600 086, India 主要部品メーカー image
Samvardhana Motherson Group Plot No.1, Sector-127, Noida-Greater Noida, Expressway, Noida 201301, U.P., India 主要部品メーカー image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年02月27日(火)

・ルノー・日産のインド法人Renault Nissan Automotive India (RNAIPL)は2月22日、2023年度下半期において、オラガダム(Oragadam)工場の操業に主にグリーンエネルギーを使用したと発表した。同工場では2023年7月から12月までの間、グリーンエネルギーを毎月平均85%以上使用しており、中でも9月に使用したエネルギーは100%グリーンエネルギーであった。RNAIPLは、自社および外部調達のグリーンエネルギーを組み合わせて自動車を生産している。 
・RNAIPLは自社内に2.2MWの太陽光発電所を有し、工場の電力網に直接供給しているが、今後数年間で最大14MWまで容量を拡大する計画もある。さらに、その他のグリーンエネルギーについては、タミル・ナードゥ(Tamil Nadu)州にある外部サプライヤーから調達している。風力発電はティルネルベリ(Tirunelveli)およびコインバトール(Coimbatore)の風力発電所から、太陽光発電はティルプル(Tirupur)地域の太陽光発電所から調達している。 
・RNAIPLは2045年までに一貫した再生可能エネルギー100%使用への移行を計画している。 

Based on Renault Nissan Automotive India Pvt Ltd (RNAIPL) press release

2024年02月26日(月)

・インドのMinda Corporation(以下、Minda)は証券取引所への通知書の中で、Mindaが自動車部品サプライヤーPricolの株式資本の最大8.79%を取得することをインド競争委員会(CCI)が2月20日に承認したと発表した。Mindaは1月にPricolの株式1,910万株(株式総数の15.7%)を売却していた。

Based on the Minda Corporation stock exchange notification

2024年02月26日(月)

・インド自動車工業会(SIAM)は2月20日、バングラデシュ自動車組立・製造業組合(BAAMA)、スリランカ・セイロン自動車貿易業者協会(CMTA)、ネパール・NADA自動車協会(NADA)とともに、2月に開催されたBharat Global Mobility Expo 2024の会場で、南アジア自動車フォーラムを設立したと発表した。

・このフォーラムは、南アジア地域の自動車セクター間の協力と連携を促進することを目的としている。同フォーラムは、南アジア地域の自動車産業の発展のため、各協会の会員が定期的に対話を行い、ベストプラクティスを共有し、共通の目標に向かって協力するためのプラットフォームとして機能する予定である。

Based on SIAM India press release