ハンガリー

 サプライヤー

検索結果 431


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Aalberts Surface Treatment Kft. (旧 Impreglon Ungarn Kft.) Buzavirag ut 16, 2800 Tatabanya, Hungary image
ABF Bowdentechnika Kft. Rakoczi u. 127. Dunakeszi, 2120, Hungary image
A/C Kft. Budapest, Nándorfejérvári út 29-31. fesz.5., 1119, Hungary image
ACPS Automotive Kft. 6000 Kecskemét, Kadafalva-Heliport, Hrsz 11751/43, Hungary image
ACPS Automotive Technik Flex Kft. Nefelejcs utca. 4, 2700 Cegléd, Hungary image
Adient - Mezolak Petofi S street 92/A, Mezolak 8514, Hungary image
Adient Mezőlak Kft. - Kecskemet 6000 Kecskemét, Mercedes út 1, 6000 Hungary image
Adient - Mor Hammerstein u. 2., POB 73. Mor, 8060, Hungary image
AD Plastik Tisza Kft. (旧 Tisza Automotive Ltd.) TVK Ipartelep 2117/12 hrsz., 3580 Tiszaujvaros, Hungary image
Adval Tech (Hungary) Kft. Bern u. 34, 7100 Szekszárd, Hungary image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年02月14日(水)

・ステランティスは2月12日、ハンガリー政府の支援を受けて1億300万ユーロを投資し、2026年後半からハンガリーのセントゴットハールド(Szentgotthard)工場で電気駆動モジュール(EDM)の生産を拡大する計画を発表した。この計画は、フランスのトレムリー(Tremery)メッツ(Metz)の両工場と米国インディアナ州ココモ(Kokomo)トランスミッション工場の既存施設を活用したステランティスの電動化へのコミットメントに沿ったものである。イタリアのミラフィオーリ(Mirafiori)工場でも、2024年に電動デュアル・クラッチ・トランスミッションの増産が予定されている。

・セントゴットハールド工場製のEDMは、今後発売される電気自動車(EV)中心のSTLAプラットフォーム車に使用される予定で、同工場では機械加工や最終組立などの工程が追加される。3-in-1 EDMには、電気モーター、減速ギア、インバーターが組み込まれている。

・同工場では現在、内燃エンジン(1.2L 3気筒ターボと1.6L 4気筒エンジン)を生産しており、EDM生産に向けたスキルアップ・トレーニングが行われる。機械加工、組立、最終試験はハンガリーの拠点で行われ、2026年後半までにフル稼働、年間最大63万基の生産、100人の新規雇用を目指す。

Based on Stellantis/ HIPA press release 

2024年02月13日(火)

BMW29日、ハンガリー・デブレツェン(Debrecen)工場の従業員がNEUE KLASSE電気自動車(EV)プラットフォームベース車の正式発表前の最終段階として、コミュニケーション・センター(Communication Centre)に移動したと発表した。この施設は、同工場で全面的に導入されるBMW iFACTORYコンセプトをサポートするものである。NEUE KLASSE1号モデルの2024年の試作生産と2025年の量産を円滑に開始するため、生産チームがそれぞれの役割に備える一方で、非生産部門のスタッフも配備されている。

・コミュニケーション・センターは、車体工場、塗装工場、組立技術を結びつけ、19,000平方メートルに及ぶミーティングスペースとオフィスを備えたオープンな建築を特徴としている。1階には1,300平方メートルに及ぶラボがあり、NEUE KLASSEモデルのプレミアム・カラーの品質を保証している。

・デブレツェン工場のデジタル・ツインは、20233月にバーチャル・プロダクションを開始しており、コミュニケーション・センターの会議室におけるデジタル化の重要性を強調している。同工場の家具は、リサイクルしやすい素材から作られており、特に木材にこだわっている。特筆すべきは、この工場が化石燃料を一切使用せずに操業していることである。

BMWのリリースをみる

2024年02月13日(火)

・アウディは2月8日、ハンガリー・ジェール(Gyor)工場で次世代の電気モーターMEBecoの生産に向けた準備を進めており、現在生産ラインの仮想設計が行われていると発表した。ハンガリー政府によって支援されているこのプロジェクトは、260人の雇用を維持し、エレクトロモビリティへの移行におけるハンガリーの自動車産業の競争力を強化する。MEBecoドライブはVWグループの小型電気自動車(EV)に搭載される計画で、ジェール工場には新たな生産エリアが設けられる。

・MEBecoプロジェクトは、ジェール工場での深いレベルの生産を示し、新たな能力を導入するという。これにはMEBecoドライブ用プレートパッケージの量産、電気駆動装置用ローターの生産、パワーエレクトロニクスの生産が含まれる。

・ジェール工場は2023年に電気駆動装置11万4,058基を含む166万425基のエンジンを生産した。

Based on Audi Hungary press release