ハンガリー

 サプライヤー

検索結果 277


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Aalberts Surface Treatment Kft. (旧 Impreglon Ungarn Kft.) Buzavirag ut 16, 2800 Tatabanya, Hungary image
ABF Bowdentechnika Kft. Rakoczi u. 127. Dunakeszi, 2120, Hungary image
A/C Kft. Budapest, Nándorfejérvári út 29-31. fesz.5., 1119, Hungry image
Adient - Mezolak Petofi S street 92/A, Mezolak 8514, Hungary image
Adient Mezőlak Kft. - Kecskemet 6000 Kecskemét, Mercedes út 1, 6000 Hungary image
Adient - Mor Hammerstein u. 2., POB 73. Mor, 8060, Hungary image
AGC Glass Hungary Kft. H-2851 Környe, Industrial Park, Üveggyár u. 1, Hungary image
Aikawa Hungaria Electronics Co., Ltd. H-2400 Dunaujvaros, Magyar ut 110, Hungary image
AImotive Szépvölgyi út. 18-22. 1025 Budapest, Hungary image
Ajkai Elektronikai Kft. H-8400 Ajka, Gyar Str. 35. Hungary image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2020年10月12日(月)

・欧州の大手エネルギー企業E.ONは7日、アウディのハンガリーのジェール (Gyor)にある約16万平方メートルの2つの物流センターにE.ONと共同でソーラーパークを建設したと発表した。
・欧州最大規模の太陽光発電システムの最高出力は12MWとなる。両社の共同プロジェクトで、アウディはそれぞれ約8万平方メートルの大きさの2つの物流センターの屋上をソーラーパーク建設のために提供、E.ONは3万5,000個の太陽電池モジュールを設置した。
・このソーラーパークは年間9.5GWh超の再生可能エネルギーを供給する見込み。これにより年間最大5,000世帯に電力を供給でき、CO2排出量を約6,000トン削減するという。
E.ONのリリースをみる

2020年10月06日(火)

・アウディは10月2日、ハンガリーのジェール (Gyor)工場で2021年にアルミ循環システムを導入すると発表した。同工場では自動車の生産に年間約3万8,000トンのアルミニウムを使用している。
・アルミニウムの生産は大量のエネルギーを消費するので、ジェール工場ではアルミニウムの再利用を行う。再利用でエネルギーと貴重な資源をを節約できる。
・アルミニウムの再利用では、生産過程で生じるアルミ廃材はサプライヤーに戻される。サプライヤーは廃材を使用して元々の品質と同等のアルミニウムコイルを生産しアウディに納入する。
・同じ品質の二次原料として、アルミ廃材を再利用することで再生不可能な資源の消費を少なくすることができる。
Audi press release

2020年10月05日(月)

Vitesco Technologiesは、世界初の包括的オーバーモールディング技術採用のトランスミッション制御システムを発表した。従来の制御装置と比較して約45%の軽量化、ロバスト性の改善、生産工程の大幅な削減を実現するオーバーモールディング電子制御ユニット (ECU)となっている。2020年春に生産を開始したオーバーモールディングECUは、ドイツ自動車メーカーの後輪駆動方式AT搭載モデルに採用されている。2021年初頭にはハンガリーDebrecenに建設中の新工場でもオーバーモールディングECUの生産を開始する予定。オーバーモールディングECUには通常と同様プリント基板上に配置された電子部品が樹脂に埋め込まれている。(2020年105日付プレスリリースより)