ドイツ

 サプライヤー

検索結果 4934


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Alfmeier Praezision SE Industriestrasse 5, 91757 Treuchtlingen, Germany 主要部品メーカー image
Borgers SE & Co. KGaA Borgersstrasse 2-10, D-46397 Bocholt, Germany 主要部品メーカー image
Bosch [Robert Bosch GmbH] Robert-Bosch-Platz 1, 70839 Gerlingen-Schillerhöhe, Germany 主要部品メーカー image
Brose Fahrzeugteile SE & Co. KG, Coburg Max-Brose-Strasse 1, 96450, Coburg, Germany 主要部品メーカー image
Continental AG Vahrenwalder Strasse 9, 30165 Hannover, Germany 主要部品メーカー image
Deutz AG Ottostrasse 1, 51149 Cologne-Porz (Eil), Germany 主要部品メーカー image
Draexlmaier Group (Fritz Draexlmaier GmbH & Co. KG) Landshuter Strasse 100, 84137 Vilsbiburg, Germany 主要部品メーカー image
Eberspaecher Gruppe GmbH & Co. KG Eberspaecherstrasse 24, 73730 Esslingen, Germany 主要部品メーカー image
Edscha Holding GmbH Hohenhagener Strasse 26-28, 42855 Remscheid, Germany 主要部品メーカー image
ElringKlinger AG Max-Eyth-Strasse 2, 72581 Dettingen/Erms, Germany 主要部品メーカー image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2022年06月29日(水)

Rheinmetallは、中国の合弁会社HASCO KSPG Nonferrous Components (Shanghai) Co., Ltd. (KPSNC) と共同で生涯価値約42百万ユーロの新規受注を獲得したと発表した。新興電気自動車(EV)メーカーの電気SUV向けに、シャシー用低圧鋳造製品を供給する。20224月中旬に受注したもので、202210月に納入を開始する予定。その後は20241月から安徽省の広徳工場で量産を開始し、8年間にわたり製品を供給する。Rheinmetallは中国上海汽車グループの部品部門である華域汽車系統股份有限公司[HUAYU Automotive Systems Company Limited]との合弁事業を通じて今回のプロジェクトに参画する。(2022年627日付プレスリリースより)

2022年06月29日(水)

Webastoは、アジア拠点への130百万ユーロ超の投資を発表した。インドのPuneでは、ルーフシステムの現地生産拠点として大規模な拠点の建設を行ったほか、広島工場にも第2工場棟の建設を行った。Webastoは約10年前からインド市場で事業を展開しており、これまではPuneの旧拠点と韓国の工場で生産したルーフシステムをインドに少量供給してきた。今回、数回にわたる大量受注を踏まえ、同社はPuneの旧拠点から10キロ離れた場所への大型新工場建設を決定したという。Pune18,000平方メートルの新工場の起工式は20211月に行われた。新工場は年間40万のルーフシステムの生産能力に加え、過酷な気候条件下における品質と機能性のテスト設備も備えている。加えて、さらなる需要増に基づきインド市場向けのルーフシステムの第2工場となる拠点も同国南西部の海岸近くに計画されているという。以上を合計し、Webasto2025年までにインドで総額40百万ユーロを投資する予定。日本では、2016年に事業が堅調に推移しているとし、600万ユーロ超をかけて広島工場を12,500平方メートルに拡張した。5年後、今後の需要、特に大規模なパノラマルーフの需要に対し不十分であるとし、約700万ユーロを追加で投資した。2階建ての新建屋は延床面積3,700平方メートルで、これにより広島工場のルーフシステムの生産能力は年間130万以上となったという。将来的に日本向けにeモビリティソリューションを供給するために十分なスペース及び技術インフラも備える。(2022年624日付プレスリリースより)

2022年06月29日(水)

Grammerは、ドイツのUrsensollen本社の約300平方メートルのエリアに、人間工学に基づいたシート開発のためのデザインスタジオ、各種モックアップ、測定ツール、分析スペース、テストキューブを備えたErgolabを設置したと発表した。同拠点で、試作品や量産シートの快適性及び人間工学的なテストを実施する。研究開発を行うチームでは長年にわたり、他拠点、他部門におけるシートの専門家、OEMの長距離ドライバーなど内外のテスト担当者を集めてきた。製品の成熟度とユースケースに応じて、テスト担当者はテストおよび調査プログラムを行う。トラック、ショベルカー、フォークリフト、トラクターなど、さまざまなタイプの商用車のキャビンモックアップでは、シートの試作を統合し、座り心地や操作の快適性、触感、姿勢などの評価を行う。テストキューブでは暗闇の状態と日光の日差しでの環境をシミュレートすることができ、さまざまな照明条件でどの程度適切に識別できるか、触感が快適かどうか、防眩なく読みやすいかなどをテストするという。(2022年623日付プレスリリースより)