フランス

 サプライヤー

検索結果 761


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
Faurecia S.A. No. 2 Rue Hennape, Zac des Champs Pierreux, 92000 Nanterre, France 主要部品メーカー image
HUTCHINSON S.A. 2 Rue Balzac, 75008 Paris, France 主要部品メーカー image
Inergy Automotive Systems 42, rue Paul Vaillant-Couturier - 92593 Levallois-Perret cedex - France 主要部品メーカー image
Le Belier S.A. Plantier de la Reine, BP 103 - 33240 Verac, France 主要部品メーカー image
LISI Group (LISI AUTOMOTIVE) 10 rue Juvenal Viellard F-90600 Grandvillars, France 主要部品メーカー image
MICHELIN
(Compagnie Generale des Establissements Michelin S.C.A.)
12, cours Sablon, 63000 Clermont-Ferrand, France 主要部品メーカー image
Montupet S.A. 202 Quai de Clichy, 92110 Clichy, France 主要部品メーカー image
NTN-SNR Roulements S.A. 1 Rue de Usines - BP 2017 74010 Annecy Cedex, France 主要部品メーカー image
Plastic Omnium S.A. 1, allee Pierre Burelle, 92593 Levallois Cedex, France 主要部品メーカー image
Compagnie de Saint Gobain S.A. Les Miroirs, 92096 La Défense Cedex, France 主要部品メーカー image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2019年03月22日(金)

・ルノー・日産自動車・三菱自動車は3月20日、3社が車両を販売している200 に及ぶ市場のほぼすべてで、コネクテッドサービスの提供を可能にする新しいプラットフォーム「アライアンス・インテリジェント・クラウド(Alliance Intelligent Cloud)」の立ち上げを発表した。
・このグローバルで野心的なコネクテッドカープログラムは、同3社とマイクロソフトの共同開発の成果であり、業界で初めてMicrosoft Azureによるクラウド、人工知能、IoT技術を活用して展開される予定。Azureは、安全に車両データを保持、管理、分析するためのプラットフォームを提供し、コネクテッドカーから得られる膨大なデータに基づいた高度なサービスを実現する。
・新しいプラットフォームを搭載した最初の車種はルノーの新型「クリオ(Clio)」と、日本および欧州で販売される「日産リーフ(Nissan Leaf)」の一部のモデルとなる予定。マイクロソフトのコネクテッドビークル・プラットフォーム(Microsoft connected vehicle platform)が大規模に利用される最初の車両でもある。
(3社のプレスリリースをみる)

2019年03月15日(金)

Hutchinsonは、防振システム「SmartDamper」を発表した。「SmartDamper」は電磁アクチュエーター、センサー、閉ループで機能する電子コンピューターで構成しており、シリンダーの停止によって引き起こされた振動の周波数と振幅をリアルタイムで測定し、それと同等の反対方向の振動を発生させることで、元の振動を中和することを可能にする。それにより、運転中とアイドリング中の両方で、最適な防音および振動の快適性条件を車両の乗客に提供するという。また、燃焼機関によって発生する振動を減少させるよう設計されているため、CO2排出量の削減にも貢献するとしている。(2019315日付プレスリリースより)

2019年03月13日(水)

三井化学は3月11日、フランス・パリで開催される世界最大規模の複合材料展「JEC WORLD 2019」にコンセプトカー「hours’ pod」を出展すると発表した。
・子会社であるグローバル開発支援企業のアークと共同開発したもので、自動運転が普及した未来における新しい時間の使い方を提案するコンセプトカー。三井化学グループの様々な新素材や新技術を搭載している。
・コンセプトカーの骨格や床材には、炭素繊維とポリプロピレンによるUD (Uni-Directional)材料である「TAFNEX」をテープやパイプ状にしたUDテープおよびUDパイプを採用。
・ウィンドウ表面には、曇りにくく汚れが付きにくいUV(紫外線)硬化コート剤の「ノストラ」を使用。
・シートやテーブルのクッション材には新規イソシアネートを用いたポリウレタンエラストマー材料である「フォルティモ (FORTIMO)」を、シートやテーブルの表層には「フォルティモ」とリアルカーボンを組み合わせた複合材料(ソフトカーボン)の「FORTIMO & C」を採用した。

※画像をクリックすると拡大します
三井化学のリリースをみる