鍛造

 ニュース
2022年06月27日(月)

韓国の複数メディアは、同国のKangwon E-Solutionが慶尚北道の慶州市に二次電池用正極材素材の工場を建設すると報じた。2024年までに395億ウォン(約39.5億円)を投資し、水酸化リチウム粉末の生産拠点を設ける。鉄鋼と鍛造を中心としていたグループの事業を多角化するため、二次電池素材事業へ参入するという。(2022年6月23日付各種リリースより)

2022年05月19日(木)

Bharat Forgeは、20221-3月期の新規受注を発表した。同社はインド国内の自動車・産業セグメントで100億ルピー規模の受注を獲得、海外では、北米の鉄鋼・アルミ鍛造事業で150百万ドルを新規受注した。20221-3月期はグローバルEVメーカーからアルミ鋳造品を受注し、インド自動車メーカーからはDC-DCコンバーターを初受注した。(2022年516日付プレスリリースより)

2022年04月27日(水)

ブリヂストンの地域統括会社Bridgestone EMIAは、メルセデス・ベンツ「VISION EQXX」のタイヤの開発パートナーとして選定されたことを発表した。共同開発した特別タイヤは、EVの走行効率を向上させ、1回の充電で実走行距離1,000kmを実現したという。今回開発した特別仕様の「Turanza Eco」は、タイヤの転がり抵抗と重量を最大20%低減するブリヂストン独自の軽量化技術「ENLITEN」と、タイヤ径と幅を調整しバッテリーの航続距離を延ばす「ologic technology」を採用した。さらにメルセデス・ベンツのエアロダイナミクス部門との協業によりサイドウォールとビードの設計を最適化し、20インチのマグネシウム鍛造ホイールに合わせてタイヤの空力特性を改善したという。(2022年425日付プレスリリースより)