鋳造

 ニュース
2020年10月21日(水)

・金属機械加工メーカーImproのメキシコ法人Impro Mexicoは10月15日、メキシコのサン・ルイス・ポトシ(San Luis Potosi)に鋳造と機械加工を行う各工場を増設し、北米における生産能力を増強していくと発表した。T-MEC地域(米国・メキシコ・カナダ)での供給能力を高める狙いがあるという。
・今回増設する砂型鋳造工場と精密機械加工工場は、2020年9月に着工した。それぞれ2020年末と2021年第1四半期に完工する予定。生産開始は2020年第1四半期と2021年第2四半期を予定している。
・工場増設の第1フェーズにおける投資総額は1億ドル超。2工場の建設にかかる2020年分の費用として5,600万ドルが割り当てられる。
・また、航空宇宙産業部品工場および表面加工工場についても開発を進めており、2020年第4四半期に建設工事の開始、2022年初めに生産開始を予定している。
・同社は2019年8月より、サン・ルイス・ポトシ(San Luis Potosi)で北米の生産拠点の構築を実施している。
・BMW、GM、Caterpillar、ボッシュ(Bosch)、カミンズ(Cummins)、ハネウェル(Honeywell)、GE 、Eatonなどの主要顧客企業の近くに、戦略的に立地を進めたとしている。
Impro Precisionのプレスリリースをみる

2020年10月20日(火)

・FCAカナダは10月19日、カナダの労働組合Uniforに属する従業員が新たな3年間の労働協約を承認したことを確認した。同協約では、FCAが最大15.8億カナダドルの投資と2,000名の新規雇用創出を約束している。
・FCAはUniforや連邦・地方政府と連携し、以下をコミットした。
●オンタリオ州ウィンザー(Windsor)工場に13.5-15.0億カナダドルを投資する。プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などを生産できる新たなマルチエネルギー車の生産設備を設置して、少なくとも新型車を1車種生産する。
●オンタリオ州ブランプトン(Brampton)工場に5,000万カナダドルを投資する。クライスラー「300」の生産を継続するとともに、ダッジ「チャージャー(Charger)」、ダッジ「チャレンジャー(Challenger)」の派生車3車種を導入する。
●オンタリオ州エトビコ(Etobicoke)鋳造工場に1億4,400万カナダドルを投資し、新たに2つの部品を追加、従業員を22%増員する。
●FCAの物流オペレーション(FCAT)に1,430万カナダドルを投資し、設備を更新する。
・新労働協約は、カナダ全土で8,400名超のUniforに属する製造従業員をカバーしている。FCAは更なる従業員の採用と、カナダ国内で生産する他社を超える車両生産を継続する。
FCAカナダのリリースをみる

2020年10月16日(金)

・デトロイトニュースは10月15日、FCAがカナダの労働組合Uniforと暫定合意に至った新たな3年間の労働協約の一環として、14.2億から15.7億カナダドル(約1,250憶円)の範囲内でカナダ工場に投資することを約束したと発表した。
・組合員による最終承認のための投票が10月18日予定されている。公的支援に関する討議が、FCAと連邦・地方政府間で続いている。
・FCAは約9,000名のUnifor組合員を雇用しており、デトロイト3の中でも最も多い従業員規模となっている。
・ミニバンを生産するオンタリオ州のウィンザー(Windsor)工場には、2024年までに新プラットフォームをベースにしたプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)を生産するために最大15億カナダドルを投資する。
・Uniforの組合長であるJerry Dias氏は、「このプラットフォームをベースにすると、安定的にピックアップから乗用車やSUVに至るまであらゆる車を対象に複数の車を生産することができる」と語った。
・新しいプラットフォームをベースとした車両が配分されると、今年の夏に1,500名を解雇したウィンザー工場で第3シフトを復活させることが可能になる。
・ウィンザー工場の4,464名の時間給従業数は、新プラットフォーム搭載車の38週間にわたる生産強化期間が始まる2023年に、2,000名超増えると期待されている。
・2,985名の時間給従業員を雇用し、クライスラー「300」、ダッジ「チャージャー(Charger)」、ダッジ「チャレンジャー(Challenger)」を生産するオンタリオ州ブランプトン(Brampton)工場には、これらの車をベースにした派生車の生産が予定されており、今後3年間で毎年1台ずつ導入される。
・アルミダイカストを生産するオンタリオ州エトビコ(Etobicoke)鋳造工場は、現在新製品の生産準備を進めているが、さらに2つの部品の追加も予定しており、現在の164名の時間給従業員に100名が追加される予定だという。
(Detroit News article on October 15, 2020)