Ficosa International, S.A.

会社概要

■URL

http://www.ficosa.com

■本社所在地

Gran Via Carlos III, 98 - 08028 Barcelona, Spain

業容

-スペインを本拠とする乗用車、商用車、産業車両用部品メーカー。主要製品は車室内バックミラー、サイドミラー等のリアビジョンシステム。

-同社事業は以下6事業ユニットで構成:

  • リアビューシステム (Rear-View Systems)
  • コマンド・コントロールシステム (Command & Control Systems)
  • アンダーフードシステム (Underhood Systems)
  • 先進通信機器 (Advanced Communications)
  • 電動システム (Electromobility Systems)
  • 先進運転支援 (ADAS) システム (ADAS Systems)
  • ドア・シートシステム (Door & Seat Systems)

 

最近の動向

パナソニックが子会社化
-2017年3月、パナソニックが同社を連結子会社化すると発表した。パナソニックは同社に49%出資しているが、新たに20%分を追加取得する。連結子会社化で両社の連携を強化し、次世代コックピットシステムや先進運転支援システム (ADAS) など、今後の成長分野での事業拡大に向けた取り組みを強化する。(2017年3月22日付日刊自動車新聞より)

資本構成

-2017年7月、パナソニックは同社株式の20%を追加取得する手続きが完了。同社発行済み株式総数69%を出資する連結子会社とした。一方、Pujol家は産業パートナーとして残りの31%を保有する。

主要製品

リアビューシステム (Rear-view systems)
-外装リアビューミラー (Exterior rear-view mirrors)
-ライトシグナル付きリアビューミラー (Rear-view mirrors with light signals)
-リアビューミラー統合アンテナ (Integrated antennas in rear-view mirrors)
-内装リアビューミラー (Interior rear-view mirrors)
-インテリジェントリアビューモニタリングシステム (Intelligent rearview monitoring systems (IRMS))
-トラック用リアビューミラー (Rear-view mirrors for trucks)
-バス用リアビューミラー (Rear-view mirrors for buses)

通信機器 (Communications)
-車体統合アンテナ (Integrated antennas)

  • ガラス一体型アンテナ (Window integrated antennas)
  • サンルーフ一体型アンテナ (Sunroof integrated antennas)
  • ルーフ一体型アンテナ (Composite roof integrated antennas)
  • フロントガラス一体型アンテナ (Windshield integrated antennas)
  • スポイラー一体型アンテナ (Spoiler integrated antennas)

-ナビゲーションアンテナ (Navigation antennas)
-近距離アンテナ (Short range antennas)
-テレマティクス制御ユニット (Telematic control units)
-V2Xモジュール (V2X modules)
-ワイヤレスイーサネット接続スマートコネクティビティモジュール (Smart connectivity modules with wireless and ethernet connections)

ADASシステム (ADAS systems)
-車線逸脱警報 (Lane departure warning)
-車線変更支援 (Lane change assistant)
-死角検知システム (Blind spot detection systems)
-駐車支援ビジョンシステム (Parking assist vision systems)
-交通標識認識システム (Traffic sign recognition systems)
-車両認識システム (Vehicle recognition systems)
-ハイビームアシストシステム (High beam assist systems)
-ステレオカメラ式障害物検知システム (Stereo obstacle detection systems)
-バックオーバープロテクションシステム (Backover protection systems)
-クロッシングトラフィックシステム (Crossing traffic systems)
-後部衝突警告システム (Rear end collision warning systems)
-カメラモニタリングシステム用オーバーレイ (Embedded overlays for camera monitoring system)
-サラウンドビュー/ミラー代替対応メガピクセルカメラ (Megapixel cameras for surround view and mirror replacement applications)
-商用車用死角検知システム 「TotalVision」 (TotalVision blind spot detection systems for commercial vehicles)
-ドライバー監視システム 「Somnoalert」 (Somnoalert driver state monitoring system)

電動システム (Electromobility systems)
-バッテリーパックシステム (Battery pack systems)
-バッテリーマネジメントシステム (Battery management systems)
-車載充電器 (On-board chargers)

コマンド&コントロールシステム (Command & control systems)
-オートマチックギアシフトシステム (Automatic gearshift systems)
-マニュアルギアシフトシステム (Manual gearshift systems)
-パーキングブレーキシステム (Parking brake systems)
-オートリリース機能付きパーキングブレーキ (Parking brakes with automatic release)
-ドライブケーブル (Drive cables)

アンダーフードシステム (Underhood systems)
-ウィンドシールド、ヘッドランプウォッシャーシステム (Windshields and headlamp washer systems)
-ウォッシューポンプ (Wash pumps)
-「HotWasher」 ウィンドウォッシャー用熱電回路 (HotWasher - heated windshield washer circuit)
-ウォッシャーフルイドタンク (延伸可能) (Extendable washer fluid tanks)
-テレスコピックノズルシステム (Telescopic nozzle systems)
-リキッドタンク (Liquid tanks)
-エアインダクションシステム (Air induction systems)
-エア室内導入システム (Canalization of air to the cabin)

ドア・シート用システム (Door & seat systems)
-クッション (Cushions)
-フロントシート・ドライバーユーザーインターフェース (Front seat driver user interface)
-ランバーシステム (Lumbar systems)
-ランバーサポートシステム/サスペンションマット (Lumbar support systems / Suspension mats)
-シートモジュール (Seat modules)
-ランバー・側面サポート (Lumbar and lateral support)
-背部サスペンション (Back suspensions)
-ケーブル付きドアラッチメカニズム (Door latch mechanism with cables)
-ケーブル付きルーフ開放機構 (Roof opening systems with cables)
-ケーブル付きボンネット開放機構 (Hood opening systems with cables)

沿革

1949年 Jose M. Pujol氏とJose M. Tarrago氏がPujol y Tarrago (コントロールケーブルのスペアパーツメーカー) を設立。
1974年 持株会社Serco, S.A.を設立。(2年後に社名をFicosa, S.A.に変更)
1983年 El Burgo de Osma (Soria) に工場設立。
1987年 持ち株会社Ficosa, S.A.が社名をFicosa International, S.A.に変更。
1988年 Ficosa International GmbH (独)、Ficosa International S.A. (仏)、Ficosa International, Ltd. (英)、Ficosa International, S.R.L. (伊)を設立。
1989年 フランスのMaurice Lecoy, S.A.を買収。
1991年 フランスにFico Cipa, S.A.R.L.を設立。
自動車用ギアシフトシステムの研究開発および生産のためにFico Triadを設立。
1992年 ポルトガルにFicosa International, Lda.を設立。
1993年 米州初の子会社Ficosa North America, S.A. de C.V.をメキシコに設立。
1996年 米国にFicosa North America Corporationを設立。
1997年 Ficosa do BrasilとFicosa Argentinaを設立。
インドにTata Ficosa Automotive Componentsを設立。
1999年 ドイツのバスおよび産業機器向けミラーメーカーMetallwarenfabrik Wilkeを買収。
2000年 ユニフレックスおよびOtsuka Kokoと提携。
2000年05月 イタリアのMagneti Marelli (Fiatのグループ企業) からのリアビューミラー事業買収に合意。
2000年11月 フランスの部品メーカーFico-Cipaの株式50%を取得。
2002年 Shanghai Benyuanと中国に合弁会社を設立。
Fractusと合弁会社Advanced Automotive Antennas (A3)を設立。
2004年 Ficosa International (Shanghai) Automotive Components Co., Ltd.を設立。
自動車部門の研究、開発、製品革新を目的に、バルセロナに新テクノロジーセンターを開設。
2005年 Tataと共同でインドに2番目の生産拠点を設立。
Advanced Automotive Antennas (A3) を完全子会社化。
2006年 中国にテクニカルセンターと生産拠点を設立。
2006年09月 ポーランドの新工場が完成。新工場 (Dabrowa Gornicza) では、外部ミラー、室内リアミラー、シフトレバー、パーキングブレーキレバー、タンク類などを生産。
2007年 Tataと共同でインドに3番目の生産拠点を設立。
2007年02月 ロシアのZavod Avtocomponentと業務提携。
2009年04月 オムロンと合弁会社ADASENS Automotive GmbHを設立。
2011年 米国のリアビューミラーメーカーCamryn Industries LLCを買収。
2013年 画像認識技術の開発を手掛ける子会社ADASENS Automotive GmbHの株式50%をデンソーに売却。
2014年09月 パナソニックと資本業務提携の出資契約を締結したと発表。パナソニックが同社の株式の49%を取得する。
2015年06月 パナソニックが同社株式の49%を取得。
2017年07月 パナソニックが同社株式の20%を追加取得。出資比率を69%として、連結子会社化。

補足 1

>>>2010年12月期までの動向
>>>2014年12月期までの動向

(注) 本文中のカッコ内の数字は、減少幅や損失を指すマイナスを示しています。