Ningbo Tianlong Electronics Co., Ltd.
[寧波天龍電子股份有限公司]

会社概要

■URL

http://www.ptianlong.com/

■本社所在地

No.116, Batang Road, Hangzhou Bay New Zone, Ningbo, Zhejiang, 315336, China

業容

-主要業務は自動車射出成形部品や精密金型の設計及び製造。

-主にBroseケーヒンContinentalBosch日本電産ValeoなどのTier1の自動車部品サプライヤーに、自動車用電子制御部品、自動車用精密プラスチック機能部品/構造部品、精密金型およびその他の製品を供給。VW、ホンダ、トヨタ、Mercedes-Benz、BMW、Audi、Tesla、Ford、GM、吉利、東風日産、長城汽車、長安汽車、BYDなどの自動車ブランドに間接的に製品を提供。

分類 主な製品
電子制御システム部品 各種モーター向けブラシホルダーASSY、電動ウォーターポンプ部品、電動真空ポンプ部品、IGBTマルチインサート機能付キャリア、ECUキャリア、センサーキャリア、ソレノイドバルブなど。
精密プラスチック機能部品/構造部品 ドアパネル、冷却ファン、インペラ、ウィンドガード、エアコンコンポーネント、インテークマニホールド、ステアリングホイールコントロールユニットハウジング、ランプブラケット、コンデンサーハウジングなど。

-上記の主な製品のうち、電動真空ポンプ部品、電動ウォーターポンプ部品、IGBTマルチインサート機能キャリアなどは、主に新エネルギー車向けに供給。サンルーフ用ブラシホルダーやウィンドウ用ブラシホルダーなどさまざまなモーターブラシホルダー、シャッターブラシホルダー、シートブラシホルダー、ECUキャリア、ソレノイドバルブ、センサーコンポーネント、レーダーカバー、その他の製品は、新エネルギー車及び従来の自動車にも供給する。自動車用精密プラスチック機能部品および構造部品は、主に自動車用ドアシステム、熱交換システム、空調システム、エンジンシステム、IPシステム(インストルメントパネル周辺)、ランプシステム向け。

資本構成

-上海証券取引所に上場 (2020年12月31日現在)
株主名 出資比率 (%)
浙江安泰控股集団有限公司
[Antel Holdings Group Co.,Ltd.]
48.35
張益華氏(董事)
[Zhang Yihua]
10.80
その他 59.15
合計 100.00

-2017年1月10日、上海証券取引所に上場。

主要製品

エンジン用プラスチック部品 (Plastic parts for engine system)
-エンジン用冷却ファン (Cooling fan for engine)
-エンジン用ガードリング (Engine guard ring)
-電子駆動用ギアハウジング (Gear housing for electric drive)
-ターボチャージャー用電子ウォーターポンプ (Electronic water pump for turbocharging)
-スイッチブラケット (Switch bracket)
-スイッチボタン (Switch button)
-コンビネーションスイッチ用プラスチック部品 (Plastic parts for combination switch)
-低圧スイッチコントロール射出成形部品 (Low voltage switch controller injection molding)

ウインドリフトレギュレーター用プラスチック部品 (Plastic parts for window lift regulator system)
-ウィンドリフトレギュレーター用ギアボックス (Gear box for window lift regulator)
-ウィンドカーボンブラシラック射出成形ASSY (Window carbon brush rack injection molding ASSY)
-ウィンドリフトレギュレーター用モーターブラシホルダー (Motor brush holder for window lift regulator)
-ウィンドリフトレギュレータ用ギアホイール (Gear wheel for window lift regulator)

シート用プラスチック部品 (Plastic parts for seat system)
-ステアリングホイールハンドル (Steering wheel handle)
-ステアリングホイールベース (Steering wheel base)
-ハンドルケース (Handle case)
-シートモーターブラシホルダー (Seat motor brush holder)

インスト用プラスチック部品 (Plastic parts for instrument system)
-メーター (Instrument)
-メーターハウジング (Instrument housing)
-インストパネル用ライトガイドブラケット (Light guide bracket for Instrument panel)
-中央制御ブラケット (Central control bracket)
-中央制御フレームスイッチ (Central Control frame switch)

エアコン用プラスチック部品
(Plastic parts for climate system)
-エアベント用プラスチック部品 (Plastic part for air vent)
-HVAC用インペラ (Impeller for HVAC system)

電子・電装用プラスチック部品 (Plastic parts for electrical appliances)
-回路ブレーカー構造とパネル (Circuit breaker structure and panel)
-プログラマブルロジックコントローラハウジング (Programmable logic controller housing)
-電子制御ユニット (Electronic control unit)

精密金型 (Precision mold)

沿革

2000年7月 同社が成立。
2008年12月 「慈渓市天竜模具有限公司」全部の株を買入。
2009年7月 「上海天海電子有限公司」75%の株を買入。
2010年1月 「日本天海株式会社」100%の株を買入。
2010年7月 「東莞天竜阿克達電子有限公司」75%の株を買入。
2011年10月 合弁会社「武漢飛恩微電子有限公司」を設立。
2011年12月 「上海天海電子有限公司」25%の株を買入、上海天海が同社の完全子会社になった。
2012年10月 「慈渓天竜電子有限公司」から「寧波天竜電子股份有限公司」に社名変更。
2012年12月 「福建天隆電子有限公司」75%の株を買入。
2012年12月 「三河天竜阿克達電子有限公司」75%の株を買入。
2014年1月 「長春天竜汽車部件有限公司」を設立。
2015年1月 子会社「北京天竜意航汽車零部件有限公司」を設立。
2015年7月 子会社「廊坊天竜意航汽車部件有限公司」を設立。
2015年7月 子会社「成都天竜意航汽車零部件有限公司」を設立。
2017年1月 上海証券取引所に上場。
2017年7月 子会社「北京天竜意航汽車零部件有限公司」と「三河天竜阿克達電子有限公司」を抹消すると発表。
2018年9月 孫会社日本天海株式会社[Tianhai (Japan) Co.,Ltd.]を解散すると発表
2019年5月 東莞天竜阿克達電子有限公司の株式25%を取得し、完全子会社化。
2019年7月 子会社三河天竜阿克達電子有限公司の登記を抹消。
2020年7月 蘇州太倉に支社「寧波天竜電子股份有限公司蘇州分公司(仮称)」を設立。

補足 1