自動車販売台数速報 インドネシア 2013年

より詳細なインドネシアの台数統計はこちら

販売台数速報 2013年

1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

2013年12月 販売台数速報

2014.1.16

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの生産・販売・輸出入台数
  2013年
12月
2012年
12月
前年
同月比
2013年
1-12月累計
2012年
1-12月累計
前年
同期比
国内販売 97,691 89,456 9.2% 1,229,901 1,116,230 10.2%
国内生産 94,453 77,955 21.2% 1,208,165 1,065,557 13.4%
輸出 (CBU) 15,182 12,806 18.6% 170,907 173,368 -1.4%
輸出 (CKD) 7,813 6,864 13.8% 105,380 100,122 5.3%
輸入 (CBU) 6,134 7,105 -13.7% 154,014 125,873 22.4%
出所:GAIKINDO


カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年
12月
2012年
12月
前年同月比 2013年
1-12月累計
2012年
1-12月累計
前年
同期比
Sedan 1,447 2,844 -49.1% 34,199 34,221 -0.1%
4X2 53,433 59,603 -10.4% 787,712 739,168 6.6%
4X4 462 275 68.0% 6,416 7,396 -13.3%
Bus 543 471 15.3% 4,054 4,472 -9.3%
Pick up/Truck 26,365 24,622 7.1% 328,378 311,609 5.4%
Double Cabin 4X2/4X4 1,177 1,641 -28.3% 17,962 19,364 -7.2%
Affordable
Energy Saving
Cars 4X2
14,264 - -% 51,180 - -%
合計 97,691 89,456 9.2% 1,229,901 1,116,230 10.2%
出所:GAIKINDO

インドネシアの12月販売台数は9.2%増の9.8万台、2013年は10.2%増の123万台
・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した12月のインドネシア新車販売台数は、前年同月比9.2%増の9万7,694台だった。
・2013年通年の販売台数は前年比10.2%増の122万9,904台。燃料の値上げやルピア安、金利上昇、高インフレなど厳しい経済環境の中で伸び率は鈍化したが、主力セグメントのMPVやローコストグリーンカー(LCGC)の販売が牽引し、4年連続で過去最高を記録した。
・通年販売をメーカー別に見ると、トップのトヨタは7.1%増の43万4,854台で、過去最高を更新した。市場シェアは35.4%。MPV「アバンザ」 が11.1%増の21万3,458台で約半数を占めた。3月投入のハッチバック「エティオス・ファルコ」は1万2,747台、9月投入のLCGC「アギ ア」は2万2,376台。
・2位はダイハツで14.3%増の18万5,942台となり、市場シェアは15.1%だった。MPV「セニア」が6万4,611台で約35%を占め、SUV「テリオス」は2万5,674台、9月投入のLCGC「アイラ」は1万9,141台だった。
・3位はスズキで29.6%増の16万4,006台。MPV「エルティガ」が86%増の6万3,317台のほか、LCGC「カリムン・ワゴンR」の投入で「ワゴンR」の販売が伸びている。4位は三菱で5.7%増の15万7,353台。
・ホンダは32.0%増の9万1,493台で、ハッチバック「ジャズ」が前年比30.9%増の2万7,803台、SUV「CR-V」が38.2%増の2万 385台と主力モデルが好調なほか、LCGC「ブリオ・サティヤ」を含む「ブリオ」シリーズが1万7,165台で2倍以上増加した。ホンダは2014年初 にMPV「モビリオ」も投入し、さらなる販売拡大を狙う。日産は9.0%減の6万1,119台。2014年にはダットサンモデルの投入で巻き返しを図る。
・インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、2014年の販売見通しは134万台。ルピア安に伴う車両価格の値上げなど、引き続き厳しい環 境が続くと見られるが、選挙関連での車両購入や地方でのLCGC販売増加が期待される。メーカー各社はインドネシア市場の中長期的な成長を見込んで現地生 産を強化しており、新車投入が相次ぐMPVやLCGCセグメントは競争が激化する見通し。ガイキンドではLCGCの販売台数について、2013年の5万 1,180台から2014年は10万台に拡大するとの見通しを示している。

インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年12月)
メーカー名 2013年 2012年 前年
同月比
2013年 2012年 前年
同期比
12月 シェア 12月 シェア 1-12月累計 シェア 1-12月累計 シェア
トヨタ 34,829 35.7% 34,445 38.5% 1.1% 434,854 35.4% 406,026 36.4% 7.1%
スズキ 15,039 15.4% 8,650 9.7% 73.9% 164,006 13.3% 126,577 11.3% 29.6%
ダイハツ 14,747 15.1% 12,559 14.0% 17.4% 185,942 15.1% 162,742 14.6% 14.3%
三菱 11,982 12.3% 10,140 11.3% 18.2% 157,353 12.8% 148,918 13.3% 5.7%
日産 4,721 4.8% 5,595 6.3% -15.6% 61,119 5.0% 67,143 6.0% -9.0%
ホンダ 4,676 4.8% 6,117 6.8% -23.6% 91,493 7.4% 69,320 6.2% 32.0%
いすゞ 2,511 2.6% 2,079 2.3% 20.8% 31,527 2.6% 33,165 3.0% -4.9%
UDトラックス 156 0.2% 73 0.1% 113.7% 1,965 0.2% 2,925 0.3% -32.8%
プジョー 6 0.0% 29 0.0% -79.3% 270 0.0% 333 0.0% -18.9%
その他 9,027 9.2% 9,769 10.9% -7.6% 101,375 8.2% 99,081 8.9% 2.3%
合計 97,694   89,456   9.2% 1,229,904   1,116,230   10.2%
出所: アストラ・インターナショナル資料


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年11月 販売台数速報

2013.12.18

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの生産・販売・輸出入台数
  2013年
11月
2012年
11月
前年
同月比
2013年
1-11月累計
2012年
1-11月累計
前年
同期比
国内販売 111,785 103,703 7.8% 1,132,174 1,026,774 10.3%
国内生産 110,567 99,168 11.5% 1,113,555 987,602 12.8%
輸出 (CBU) 13,104 14,067 -6.8% 155,711 160,562 -3.0%
輸出 (CKD) 8,905 7,368 20.9% 97,615 93,258 4.7%
輸入 (CBU) 10,639 14,254 -25.4% 146,765 118,768 23.6%
出所:GAIKINDO

カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年
11月
2012年
11月
前年同月比 2013年
1-11月累計
2012年
1-11月累計
前年
同期比
Sedan 2,808 2,819 -0.4% 32,764 31,377 4.4%
4X2 60,679 68,422 -11.3% 734,231 679,565 8.0%
4X4 405 648 -37.5% 5,918 7,121 -16.9%
Bus 330 344 -4.1% 3,511 4,001 -12.2%
Pick up/Truck 29,069 30,099 -3.4% 302,015 286,987 5.2%
Double Cabin 4X2/4X4 1,679 1,371 22.5% 16,819 17,723 -5.1%
Affordable
Energy Saving
Cars 4X2
16,815 - -% 36,916 - -%
合計 111,785 103,703 7.8% 1,132,174 1,026,774 10.3%
出所:GAIKINDO

インドネシアの11月販売台数は7.8%増の11.2万台
・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した11月の販売台数は、前年同月比7.8%増の11万1,741台だった。各社とも「ローコストグリーンカー(LCGC)」の販売が好調で、 モーターショーが開催された9月以降は3カ月連続で11万台超を維持している。
・1~11月の累計販売台数は前年同期比10.3%増の113万2,130台。 すでに2012年通年の111.6万台を上回り、2013年通年では120万台超を達成する見通し。
・11月販売をメーカー別に見ると、トップのトヨタは10.2%増の4万806台で、市場シェアは36.5%だった。ダイハツは16.4%増の1万7,039台 、スズキは1.0%増の1万4,539台、三菱は2.4%減の1万3,964台。
・LCGCの販売台数は、トヨタ「アギア」が6,592台、ダイハツ「アイラ」が5,098台、スズキ「カリムン・ワゴンR」が3,015台、ホンダ 「ブリオ・サティヤ」が2,110台。他モデルの販売は低迷しており、LCGCを投入していないメーカーは伸び悩んでいる。
・11月はトヨタのMPV「アバンザ」が1万9,013台でベストセラー車となった。トヨタは1~11月の累計販売が40万台を超え、通年でも初めての大台達成となる。同社は地方の店舗を拡充して首都圏以外での需要拡大に対応していく方針。
・ 自動車製造業者協会(ガイキンド)は2014年の販売見通しについて、2013年と同水準の120万台と予想。低価格車の購入者は大半がローンを活用して いるため、金利上昇が新車販売に影響を与えると見ている。12月はインフレが緩和していたため、政策金利が7.50%に据え置かれたが、ルピア安が続いて おり、来年初には利上げが予想されている。


インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年11月)
メーカー名 2013年 2012年 前年
同月比
2013年 2012年 前年
同期比
11月 シェア 11月 シェア 1-11月累計 シェア 1-11月累計 シェア
トヨタ 40,806 36.5% 37,030 35.7% 10.2% 400,026 35.3% 371,581 36.2% 7.7%
ダイハツ 17,039 15.2% 14,637 14.1% 16.4% 171,195 15.1% 150,183 14.6% 14.0%
スズキ 14,539 13.0% 14,390 13.9% 1.0% 148,967 13.2% 117,927 11.5% 26.3%
三菱 13,964 12.5% 14,312 13.8% -2.4% 145,371 12.8% 138,778 13.5% 4.8%
ホンダ 9,578 8.6% 7,653 7.4% 25.2% 86,817 7.7% 63,203 6.2% 37.4%
日産 4,599 4.1% 4,871 4.7% -5.6% 56,340 5.0% 61,548 6.0% -8.5%
いすゞ 2,808 2.5% 2,727 2.6% 3.0% 29,016 2.6% 31,086 3.0% -6.7%
UDトラックス 170 0.2% 125 0.1% 36.0% 1,809 0.2% 2,852 0.3% -36.6%
プジョー 6 0.0% 27 0.0% -77.8% 264 0.0% 304 0.0% -13.2%
その他 8,232 7.4% 7,931 7.6% 3.8% 92,325 8.2% 89,312 8.7% 3.4%
合計 111,741   103,703   7.8% 1,132,130   1,026,774   10.3%
出所: アストラ・インターナショナル資料

より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年10月 販売台数速報

2013.11.21

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。



インドネシアの10月販売台数は4.9%増の11.2万台
・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した10月の販売台数は、前年同月比4.9%増の11万2,038台だった。1~10月の累計販売台数は前年同期比10.5%増の102万389台。
・10月単月のメーカー別販売台数を見ると、トップのトヨタは9.5%増の3万9,318台で、市場シェアは35.1%。続いて、ダイハツが37.4%増の2万445台、三菱が1.4%増の1万5,216台、スズキが15.3%減の1万3,257台となっている。
・ジャカルタ・モーターショーの影響で過去最高を更新した9月に続いて、10月も11万台超を維持している。「ローコストグリーンカー(LCGC)」の販売が好調で、懸念されていた金利上昇の影響が見られなかった。インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)によると、10月のLCGC販売台数は1万1,592台。
・11月以降も販売は鈍化せず、GAIKINDOは2013年通年で120万台、2014年は130万台との見通しを示した。また、インドネシア金融会社協会(APPI)は2014年の新車販売見通しを5~8%増の126万~130万台としている。金利上昇で消費は鈍るが、新車需要は旺盛で、プラス成長 を維持すると見ている。


インドネシアの生産・販売・輸出入台数

  2013年
10月
2012年
10月
前年
同月比
2013年
1-10月累計
2012年
1-10月累計
前年
同期比
国内販売 112,038 106,754 4.9% 1,020,389 923,071 10.5%
国内生産 115,113 100,298 14.8% 1,001,682 888,434 12.7%
輸出 (CBU) 18,058 17,283 4.5% 142,617 146,495 -2.6%
輸出 (CKD) 9,656 8,610 12.1% 88,710 85,890 3.3%
輸入 (CBU) 12,725 14,511 -12.3% 136,133 104,514 30.3%

出所:GAIKINDO


カテゴリー別自動車販売台数

カテゴリー 2013年
10月
2012年
10月
前年同月比 2013年
1-10月累計
2012年
1-10月累計
前年
同期比
Sedan 3,185 2,683 18.7% 29,957 28,558 4.9%
4X2 64,196 71,273 -9.9% 673,551 611,143 10.2%
4X4 574 575 -0.2% 5,513 6,473 -14.8%
Bus 222 333 -33.3% 3,181 3,657 -13.0%
Pick up/Truck 30,348 30,313 0.1% 272,946 256,888 6.3%
Double Cabin 4X2/4X4 1,921 1,577 21.8% 15,140 16,352 -7.4%
Affordable
Energy Saving
Cars 4X2
11,592  - -% 20,101  - -%
合計 112,038 106,754 4.9% 1,020,389 923,071 10.5%

出所:GAIKINDO


インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年10月)

メーカー名 2013年 2012年 前年
同月比
2013年 2012年 前年
同期比
10月 シェア 10月 シェア 1-10月累計 シェア 1-10月累計 シェア
トヨタ 39,318 35.1% 35,908 33.6% 9.5% 359,220 35.2% 334,551 36.2% 7.4%
ダイハツ 20,445 18.2% 14,882 13.9% 37.4% 154,156 15.1% 135,546 14.7% 13.7%
三菱 15,216 13.6% 15,005 14.1% 1.4% 131,407 12.9% 124,466 13.5% 5.6%
スズキ 13,257 11.8% 15,655 14.7% -15.3% 134,428 13.2% 103,537 11.2% 29.8%
ホンダ 7,629 6.8% 9,178 8.6% -16.9% 77,239 7.6% 55,550 6.0% 39.0%
日産 3,499 3.1% 4,800 4.5% -27.1% 51,741 5.1% 56,677 6.1% -8.7%
いすゞ 2,907 2.6% 2,754 2.6% 5.6% 26,208 2.6% 28,359 3.1% -7.6%
UDトラックス 159 0.1% 124 0.1% 28.2% 1,639 0.2% 2,727 0.3% -39.9%
プジョー 13 0.0% 19 0.0% -31.6% 258 0.0% 277 0.0% -6.9%
その他 9,595 8.6% 8,429 7.9% 13.8% 84,093 8.2% 81,381 8.8% 3.3%
合計 112,038   106,754   4.9% 1,020,389   923,071   10.5%

出所: アストラ・インターナショナル資料


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年9月 販売台数速報

2013.10.17

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの9月販売台数は13.5%増の11.6万台

・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した9月の販売台数は、前年同月比13.5%増の11万5,921台だった。1~9月の累計販売台数は前年同期比11.3%増の90万8,279台。
・9月単月のメーカー別販売台数を見ると、トップのトヨタは19.4%増の4万319台で、市場シェアは34.8%。続いて、ダイハツが18.1%増の1万8,099台、スズキが29.3%増の1万6,902台、三菱が2.2%増の1万4,269台となっている。
・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)によると、1~9月のモデル別販売台数は、トヨタのMPV「アバンザ」が15万9,217台 、姉妹車のダイハツ「セニア」が5万3,509台となり、スズキのMPV「エルティガ」が5万918台 の僅差で続いている。
・9月はジャカルタ・モーターショーが開催された影響で、月次販売が5カ月ぶりに2桁増となり、過去最高を更新した。しかし、10月以降は ルピア安や金利上昇の影響で新車販売が鈍化すると懸念されている。
・ルピア安に伴う原材料コストの上昇で、メーカー各社は10月初めから値上げを実施している。今後も理想的な為替水準である1米ドル=1万ルピア付近には 届かないとの見通しから、価格の上昇圧力はさらに高まると見られている。 また、中央銀行は6月から4カ月連続で利上げを実施しており、金融機関のローン金利は上昇傾向にある。
・一方で、「ローコストグリーンカー(LCGC)」の投入による販売増加に期待が寄せられている。GAIKINDOによると、9月のLCGC販売台数は 8,500台。9月10日に先行発売したトヨタ「アギア(Agya)」とダイハツ「アイラ(Ayla)」の販売は好調で、両社とも受注残を消化できない状 況という。しかし、ホンダ、スズキ、日産など追随するLCGCは認可 待ちの状態で、年内に市場を底上げする要因には至らない見通し。


インドネシアの生産・販売・輸出入台数

  2013年
9月
2012年
9月
前年
同月比
2013年
1-9月累計
2012年
1-9月累計
前年
同期比
国内販売 115,921 102,100 13.5% 908,279 816,317 11.3%
国内生産 111,626 94,488 18.1% 882,009 788,136 11.9%
輸出 (CBU) 17,104 17,432 -1.9% 124,559 129,212 -3.6%
輸出 (CKD) 11,639 9,550 21.9% 79,054 77,280 2.3%
輸入 (CBU) 10,638 14,179 -25.0% 96,190 90,003 6.9%

出所:GAIKINDO

カテゴリー別自動車販売台数

カテゴリー 2013年
9月
2012年
9月
前年同月比 2013年
1-9月累計
2012年
1-9月累計
前年
同期比
Sedan 2,972 3,561 -16.5% 27,622 25,875 6.8%
4X2 71,259 67,928 4.9% 608,810 539,870 12.8%
4X4 474 890 -46.7% 4,669 5,898 -20.8%
Bus 226 291 -22.3% 2,959 3,324 -11.0%
Pick up/Truck 30,964 27,027 14.6% 242,544 226,575 7.0%
Double Cabin 4X2/4X4 1,526 2,403 -36.5% 13,166 14,775 -10.9%
Affordable
Energy Saving
Cars 4X2
8,500 - -% 8,509 - -%
合計 115,921 102,100 13.5% 908,279 816,317 11.3%

出所:GAIKINDO

インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年9月)

メーカー名 2013年9月 2012年9月 前年
同月比
2013年
1-9月累計
2012年
1-9月累計
前年
同期比
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
トヨタ 40,319 34.8% 33,771 33.1% 19.4% 319,902 35.2% 298,643 36.6% 7.1%
ダイハツ 18,099 15.6% 15,322 15.0% 18.1% 133,711 14.7% 120,664 14.8% 10.8%
スズキ 16,902 14.6% 13,068 12.8% 29.3% 121,171 13.3% 87,882 10.8% 37.9%
三菱 14,269 12.3% 13,966 13.7% 2.2% 116,191 12.8% 109,461 13.4% 6.1%
ホンダ 7,600 6.6% 7,828 7.7% -2.9% 69,610 7.7% 46,372 5.7% 50.1%
日産 6,460 5.6% 5,798 5.7% 11.4% 48,242 5.3% 51,877 6.4% -7.0%
いすゞ 2,601 2.2% 3,123 3.1% -16.7% 23,301 2.6% 25,605 3.1% -9.0%
UDトラックス 200 0.2% 218 0.2% -8.3% 1,480 0.2% 2,603 0.3% -43.1%
プジョー 14 0.0% 40 0.0% -65.0% 245 0.0% 258 0.0% -5.0%
その他 9,457 8.2% 8,966 8.8% 5.5% 74,426 8.2% 72,952 8.9% 2.0%
合計 115,921   102,100   13.5% 908,279   816,317   11.3%

出所: アストラ・インターナショナル資料


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年8月 販売台数速報

2013.9.17

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの8月販売台数は2.0%増の7.8万台
・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した8月の販売台数は、前年同月比2.0%増の7万7,961台だった。1~8月の累計販売台数は前年同期比10.9%増の79万2,358台。
・8月単月の販売をメーカー別に見ると、トップのトヨタ は3.7%減の2万4,944台で、シェア32.0%だった。続いてスズキが18.6%増の1万2,006台、ダイハツが6.0%増の1万1,689台、三菱が14.1%増の1万487台となっている。
・8月はイスラム教の断食明け大祭(レバラン)休暇による営業日の減少で販売が鈍化した。9月以降は金利の上昇や補助金対象石油燃料の値上げによる販売低 迷が懸念されている。特に輸入車は今後、ルピア安に伴う値上げや奢侈税引き上げ見通しにより、販売が落ち込むと見られている。
・ 一方で、奢侈税の免除措置が受けられる「ローコストグリーンカー(LCGC)」の販売が伸びると期待されている。ジャカルタ・モーターショーでは、5社が LCGC適合モデルを発表した。9月に先行発売したダイハツ「アイラ(Ayla)」およびトヨタ「アギア(Agya)」は予想を上回る受注を獲得してお り、好調な滑り出しを見せている。今後、ホンダ「ブリオ・サティヤ(Brio Satya)」、スズキ「カリムン ワゴンR (Karimun Wagon R)」、日産のダットサン(Datsun)「GO+」と「GO」が相次ぎ投入される予定。LCGCは市場全体の1割程度を占めるセグメントに成長すると予想されている。



インドネシアの生産・販売・輸出入台数
2013年
8月
2012年
8月
前年
同月比
2013年
1~8月
2012年
1~8月
前年
同期比
国内販売 77,961 76,445 2.0% 792,358 714,217 10.9%
国内生産 77,305 71,113 8.7% 770,367 693,648 11.1%
輸出 (CBU) 9,614 11,652 -17.5% 107,222 111,780 -4.1%
輸出 (CKD) 6,034 6,635 -9.1% 67,627 67,730 -0.2%
輸入 (CBU) 9,657 9,573 0.9% 85,552 75,824 12.8%
出所:GAIKINDO

カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年
8月
2012年
8月
前年同月比 2013年
1~8月
2012年
1~8月
前年
同期比
Sedan 3,951 3,318 19.1% 23,818 22,314 6.7%
4X2 50,720 50,588 0.3% 538,114 471,942 14.0%
4X4 393 682 -42.4% 4,465 5,008 -10.8%
Bus 235 240 -2.1% 2,733 3,033 -9.9%
Pick up/Truck 21,445 19,913 7.7% 211,580 199,548 6.0%
Double Cabin 4X2/4X4 1,217 1,704 -28.6% 11,640 12,372 -5.9%
Affordable
Energy Saving
Cars 4X2
- - -% 8 - -%
合計 77,961 76,445 2.0% 792,358 714,217 10.9%
出所:GAIKINDO

インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年8月)
メーカー名 2013年8月 2012年8月 前年
同月比
2013年1~8月 2012年1~8月 前年
同期比
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
トヨタ 24,944 32.0% 25,904 33.9% -3.7% 279,583 35.3% 264,872 37.1% 5.6%
スズキ 12,006 15.4% 10,125 13.2% 18.6% 104,269 13.2% 74,814 10.5% 39.4%
ダイハツ 11,689 15.0% 11,028 14.4% 6.0% 115,612 14.6% 105,342 14.7% 9.7%
三菱 10,487 13.5% 9,195 12.0% 14.1% 101,922 12.9% 95,495 13.4% 6.7%
日産 4,500 5.8% 5,305 6.9% -15.2% 41,782 5.3% 46,079 6.5% -9.3%
ホンダ 4,163 5.3% 5,040 6.6% -17.4% 62,010 7.8% 38,544 5.4% 60.9%
いすゞ 1,962 2.5% 2,331 3.0% -15.8% 20,700 2.6% 22,482 3.1% -7.9%
UDトラックス 156 0.2% 201 0.3% -22.4% 1,280 0.2% 2,385 0.3% -46.3%
プジョー 25 0.0% 23 0.0% 8.7% 231 0.0% 218 0.0% 6.0%
その他 8,029 10.3% 7,293 9.5% 10.1% 64,969 8.2% 63,986 9.0% 1.5%
合計 77,961   76,445   2.0% 792,358   714,217   10.9%
出所: アストラ・インターナショナル資料


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年7月 販売台数速報

2013.8.30

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの7月販売台数は9.4%増の11.2万台
・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した7月の販売台数は、前年同月比9.4%増の11万2,184台だった。1~7月の累計販売台数は12.0%増の71万4,400台。
・7月単月の販売をメーカー別に見ると、トップのトヨタが前年比7.8%増の3万9,287台となり、続いてスズキが27.2%増の1万6,838台、ダイハツが10.6%増の1万5,477台、三菱が13.7%増の1万4,000台となっている。
・アストラは、トヨタ、ダイハツ、いすゞ、UDトラックス、プジョーを販売しているが、市場シェアは2011年末および2012年末時点の54%から、7月は51%に低下した。主力市場のMPVセグメントでは、スズキ「エルティガ」やGMの
「シボレー・スピン」など、競合他社が新モデルを投入して競争が激しくなっている。また、鉱業分野の低迷で商用車販売が落ち込み、いすゞやUDトラックスは2桁マイナスとなった。
・7月はイスラム教の断食明け大祭(レバラン)前にメーカー各社がキャンペーンを実施して販売が伸びたが、8月はレバランによる営業日の減少で需要が減退する見通し。9月以降は金利引き上げの可能性が高く、新車販売へのマイナス影響が懸念される。
・一方で、9月19~29日に開催される第21回インドネシア国際モーターショー(IIMS)では、各社が今後の市場拡大を睨んだ新型車を発表する予定 で、年末までの内需喚起が期待されている。インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)によると、モーターショーには36ブランド(乗用車27、 商用車9)が出展する予定で、来場者数は前年比3%増の38万人、成約額は7.5%増の5兆ルピアを見込む。「ローコストグリーンカー(LCGC)」で は、ダイハツ「アイラ(Ayla)」およびトヨタ「アギア(Agya)」、日産の「ダットサン(Datsun)」モデルなどが出展する予定。
・GAIKINDOによると、通年の販売台数は、上半期と同様に月販10万台ペースを維持できれば120万台超を達成できる見通しだが、販売ペースが鈍化すると前年並みの110万台程度にとどまる見通し。


インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年7月)
メーカー名 2013年7月 2012年7月 前年
同月比
2013年1~7月 2012年1~7月 前年
同期比
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
トヨタ 39,287 35.0% 36,450 35.6% 7.8% 254,640 35.6% 238,968 37.5% 6.6%
スズキ 16,838 15.0% 13,233 12.9% 27.2% 92,263 12.9% 64,689 10.1% 42.6%
ダイハツ 15,477 13.8% 13,995 13.7% 10.6% 103,923 14.5% 94,314 14.8% 10.2%
三菱 14,000 12.5% 12,313 12.0% 13.7% 91,435 12.8% 86,300 13.5% 6.0%
ホンダ 8,505 7.6% 7,486 7.3% 13.6% 57,847 8.1% 33,504 5.3% 72.7%
日産 5,943 5.3% 6,545 6.4% -9.2% 37,282 5.2% 40,774 6.4% -8.6%
いすゞ 2,511 2.2% 3,420 3.3% -26.6% 18,738 2.6% 20,151 3.2% -7.0%
UDトラックス 132 0.1% 277 0.3% -52.3% 1,124 0.2% 2,184 0.3% -48.5%
プジョー 40 0.0% 35 0.0% 14.3% 206 0.0% 195 0.0% 5.6%
その他 9,451 8.4% 8,757 8.5% 7.9% 56,942 8.0% 56,693 8.9% 0.4%
合計 112,184   102,511   9.4% 714,400   637,772   12.0%
出所: アストラ・インターナショナル資料


インドネシアの生産・販売・輸出入台数
2013年
7月
2012年
7月
前年
同月比
2013年
1~7月
2012年
1~7月
前年
同期比
国内販売 112,184 102,511 9.4% 714,400 637,772 12.0%
国内生産 106,116 97,330 9.0% 692,666 622,535 11.3%
輸出 (CBU) 13,304 13,225 0.6% 97,608 100,128 -2.5%
輸出 (CKD) 9,925 9,640 3.0% 61,573 61,095 0.8%
輸入 (CBU) 10,230 11,307 -9.5% 75,895 66,251 14.6%
出所:GAIKINDO


カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年
7月
2012年
7月
前年同月比 2013年
1~7月
2012年
1~7月
前年
同期比
Sedan 3,910 3,867 1.1% 19,866 18,996 4.6%
4X2 77,696 67,966 14.3% 487,397 421,354 15.7%
4X4 625 735 -15.0% 4,073 4,326 -5.8%
Bus 326 307 6.2% 2,498 2,793 -10.6%
Pick up/Truck 28,051 27,155 3.3% 190,135 179,635 5.8%
Double Cabin 4X2/4X4 1,568 2,481 -36.8% 10,423 10,668 -2.3%
Affordable
Energy Saving
Cars 4X2
8 - -% 8 - -%
合計 112,184 102,511 9.4% 714,400 637,772 12.0%
出所:GAIKINDO


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年6月 販売台数速報

2013.7.18

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの6月販売台数は2.5%増の10万4,265台

・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)が発表した2013年6月の国内自動車販売台数(出荷ベース)は、前年同月比2.5%増の10万4,265台だった。1~6月の累計は 前年同期比12.5%増の60万1,952台。生産台数は6月単月が4.0%増の9万8,135台、1~6月累計が11.7%増の58万6,479台。
・6月の輸出台数は完成車(CBU)が11.6%減の1万2,464台、CKDが16.6%増の9,180セット。1~6月累計では、完成車が3.0%減の8万4,304台、CKDは前年同期比で横ばいの5万1,437セットだった。また、完成車の輸入台数は6月単月が35.3%減の8,130台、1~6月累計が19.1%増の6万5,423台となっている。
・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した6月のメーカー別販売台数は、トップのトヨタが前年比5.6%減の3万5,192台となり、続いてスズキが36.8%増の1万5,578台、ダイハツが10.7%増の1万4,882台、三菱が1.3%増の1万3,204台となっている。
・インドネシア政府は6月17日の国会本会議で燃料補助金の削減を盛り込んだ補正予算案を可決、6月22日から値上げを実施した。上半期の新車販売は補助金削減前の駆け込み需要で好調が続いていた。
・一方、「ローコストグリーンカー(LCGC)」政策は7月初めに工業省が優遇付与の条件を規定。GAIKINDOではLCGC政策による販売増加は来年以降になるとし、今年下半期の販売台数に影響を与えないと見ている。下半期は燃料値上げや政策金利の引き上げが強く影響して、上半期より販売が鈍化すると予想している。


インドネシアの生産・販売・輸出入台数 (2013年6月)
2013年
6月
2012年
6月
前年
同月比
2013年
1~6月
2012年
1~6月
前年
同期比
国内販売 104,265 101,746 2.5% 601,952 535,261 12.5%
国内生産 98,135 94,400 4.0% 586,479 525,205 11.7%
輸出CBU 12,464 14,097 -11.6% 84,304 86,903 -3.0%
輸出CKD 9,180 7,870 16.6% 51,437 51,455 0.0%
輸入 8,130 12,563 -35.3% 65,423 54,944 19.1%
出所: GAIKINDO発表データ

カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年
6月
2012年
6月
前年同月比 2013年
1~6月
2012年
1~6月
前年
同期比
Sedan 3,350 4,107 -18.4% 15,955 15,129 5.5%
4X2 70,168 67,777 3.5% 409,704 353,388 15.9%
4X4 638 750 -14.9% 3,448 3,591 -4.0%
Bus 361 392 -7.9% 2,172 2,486 -12.6%
Pick up/Truck 28,464 26,397 7.8% 161,818 152,480 6.1%
Double Cabin 4X2/4X4 1,284 2,323 -44.7% 8,855 8,187 8.2%
合計 104,265 101,746 2.5% 601,952 535,261 12.5%
出所:GAIKINDO

インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年6月)
メーカー名 2013年6月 2012年6月 前年
同月比
2013年1~6月 2012年1~6月 前年
同期比
販売台数 市場シェア 販売台数 市場シェア 販売台数 市場シェア 販売台数 市場シェア
トヨタ 35,192 33.8% 37,260 36.6% -5.6% 215,353 35.8% 202,518 37.8% 6.3%
スズキ 15,578 14.9% 11,389 11.2% 36.8% 75,425 12.5% 51,456 9.6% 46.6%
ダイハツ 14,882 14.3% 13,444 13.2% 10.7% 88,446 14.7% 80,319 15.0% 10.1%
三菱 13,204 12.7% 13,034 12.8% 1.3% 77,435 12.9% 73,987 13.8% 4.7%
ホンダ 7,550 7.2% 7,410 7.3% 1.9% 49,342 8.2% 26,018 4.9% 89.6%
日産 5,431 5.2% 5,826 5.7% -6.8% 31,339 5.2% 34,229 6.4% -8.4%
いすゞ 2,808 2.7% 3,429 3.4% -18.1% 16,227 2.7% 16,731 3.1% -3.0%
UDトラックス 179 0.2% 341 0.3% -47.5% 992 0.2% 1,907 0.4% -48.0%
プジョー 51 0.0% 32 0.0% 59.4% 166 0.0% 160 0.0% 3.8%
その他 9,390 9.0% 9,581 9.4% -2.0% 47,210 7.8% 47,936 9.0% -1.5%
合計 104,265 101,746 2.5% 601,935 535,261 12.5%
出所: アストラ・インターナショナル資料


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年5月 販売台数速報

2013.6.14

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの5月販売台数は4.2%増の9万9,568台
・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)が発表した2013年5月の国内自動車販売台数(出荷ベース)は、前年同月比4.2%増の9万 9,568台だった。1~5月の累計は14.8%増の49万7,670台。生産台数は5月単月が2.2%増の9万9,534台、1~5月累計が13.4% 増の48万8,405台。
・5月の輸出台数は完成車(CBU)が13.6%増の1万4,780台、CKDが22.2%増の8,612セット。1~5月の累計では、完成車が1.6% 減の7万1,634台、CKDは3.2%減の4万2,202セットだった。 また、完成車の輸入台数は5月単月が15.3%減の8,940台、1~5月累計が35.2%増の5万7,293台となっている。
・インドネシアでは経済発展に伴って新車販売が伸び、燃料補助金が財政を圧迫、政府による補助金削減前の駆け込み需要が続いている。国会では6月17日の 本会議で、補助金削減を盛り込んだ補正予算案を可決した。まもなく値上げが実施される予定で、ガソリン価格は1リットル当たり4,500ルピアから 6,500ルピアに、ディーゼルは4,500ルピアから5,500ルピアに値上げされる見込み。国内ではこれに対する抗議デモが各地で起きている。
・一方、導入が先送りされている「ローコストグリーンカー(LCGC)」政策については、5月23日付けでユドヨノ大統領が自動車の奢侈税(PPnBM) に関する政令「2013年第41号」に署名したことで、近く正式発表される見通し。同政策の導入により、通年の生産・販売台数が底上げされるとともに、輸 出拡大も期待されている。

・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した5月のメーカー別販売台数は、トップのトヨタが前年比4.5%増の3万6,358台となり、続いてダイハツが 21.6%増の1万5,941台、三菱が4.4%減の1万1,819台、スズキが16.7%減の1万8台、ホンダが23.5%増の8,313台となってい る。
・このほか、GMのシボレーブランドは約6割増加して1,129台となった。同社は5月8日にベカシ(Bekasi)新工場の稼動を開始、MPV「シボレー・スピン(Chevrolet Spin)」の生産を開始した。


インドネシアの生産・販売・輸出入台数 (2013年5月)
  2013年5月 2012年5月 前年同月比 2013年
1~5月
2012年
1~5月
前年
同期比
国内販売 99,568 95,541 4.2% 497,670 433,515 14.8%
国内生産 99,534 97,367 2.2% 488,405 430,805 13.4%
輸出CBU 14,780 13,007 13.6% 71,634 72,806 -1.6%
輸出CKD 8,612 7,046 22.2% 42,202 43,585 -3.2%
輸入 8,940 10,561 -15.3% 57,293 42,381 35.2%
※GAIKINDO発表データにより作成

カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年5月 2012年5月 前年同月比 2013年
1~5月
2012年
1~5月
前年同期比
Sedan 2,641 2,855 -7.5% 12,588 11,022 14.2%
4X2 69,573 63,358 9.8% 339,536 285,611 18.9%
4X4 632 666 -5.1% 2,810 2,841 -1.1%
Bus 340 681 -50.1% 1,811 2,094 -13.5%
Pick up/Truck 24,829 26,626 -6.7% 133,354 126,083 5.8%
Double Cabin 4X2/4X4 1,553 1,355 14.6% 7,571 5,864 29.1%
合計 99,568 95,541 4.2% 497,670 433,515 14.8%
出所:GAIKINDO

インドネシアのメーカー別新車販売台数 (2013年5月)
メーカー名 2013年 2012年 前年
同月比
2013年 2012年 前年
同期比
5月 市場
シェア
5月 市場
シェア
1~5月 市場シェア 1~5月 市場シェア
トヨタ 36,358 36.5% 34,808 36.4% 4.5% 180,161 36.2% 165,258 38.1% 9.0%
ダイハツ 15,941 16.0% 13,112 13.7% 21.6% 73,564 14.8% 66,875 15.4% 10.0%
三菱 11,819 11.9% 12,368 12.9% -4.4% 64,231 12.9% 60,953 14.1% 5.4%
スズキ 10,008 10.1% 12,012 12.6% -16.7% 59,847 12.0% 40,067 9.2% 49.4%
ホンダ 8,313 8.3% 6,733 7.0% 23.5% 41,792 8.4% 18,608 4.3% 124.6%
日産 5,910 5.9% 5,594 5.9% 5.6% 25,908 5.2% 28,403 6.6% -8.8%
いすゞ 2,682 2.7% 2,826 3.0% -5.1% 13,419 2.7% 13,302 3.1% 0.9%
その他 8,537 8.6% 8,088 8.5% 5.6% 38,748 7.8% 40,049 9.2% -3.2%
合計 99,568   95,541   4.2% 497,670   433,515   14.8%
出所: アストラ・インターナショナル資料

より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年4月 販売台数速報

2013.5.15

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。

 
インドネシアの4月販売台数は17.3%増の10万2,199台

・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)が発表した2013年4月の国内自動車販売台数(出荷ベース)は、前年同月比17.3%増の 10万2,199台だった。1~4月の累計では、17.8%増の39万8,108台だった。景気が好調であるだけでなく、今年中に政府が燃料費を値上げす る計画であるため購入が前倒しされており、高成長が続いている。
・4月の生産台数は、前年同期比20.5%増の10万1,754台だった。1~4月の累計では16.6%増の38万8,883台となった。
・4月の輸出台数は完成車(CBU)が11.7%減の1万3,914台、CKDが0.2%減の9,708セットだった。1~4月の累計では、完成車は4.9%減の5万6,854台、CKDは8.1%減の3万3,590セットだった。
・また、完成車の輸入台数は38.9%増の1万971台だった。1~4月累計では45.5%増の4万6,300台だった。

・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した4月のメーカー別販売台数は、市場シェア1位のトヨタが前年比15.8%増の3万9,730台、2位がダイハツで 12.9%増の1万5,426台、3位は「エルティガ(Ertiga)」等が好調で前年比100.3%増となったスズキで1万3,602台、4位は三菱で 6.8%増の1万2,836台、5位はホンダで79.7%増の6,707台だった。
・日産は部品の供給が遅れているため生産が間に合わず、大きく売上げを落としている。また、政府のローコストグリーンカー(LCGC)優遇制度の施行が遅 れているため新モデルを投入できずにいるトヨタとダイハツは、5月15日に既存モデル「アバンザ(Avanza)」「セニア(Xenia)」のマイナー チェンジモデルを発表し、販売台数と市場シェアの底上げを図る。


生産・販売・輸出入台数(2013年4月)
  2013年
4月(台)
2012年
4月
前年
同月比
2013年
1月~4月
2012年
1月~4月
前年
同期比
国内販売 102,199 87,144 17.3% 398,108 337,974 17.8%
国内生産 101,754 84,426 20.5% 388,883 333,438 16.6%
輸出CBU 13,914 15,759 -11.7% 56,854 59,799 -4.9%
輸出CKD 9,708 9,723 -0.2% 33,590 36,539 -8.1%
輸入 10,971 7,900 38.9% 46,300 31,820 45.5%
※GAIKINDO発表データにより作成

カテゴリー別自動車販売台数
カテゴリー 2013年4月 2012年4月 前年同月比 2013年
1月~4月
2012年
1月~4月
前年
同期比
Sedan 2,509 2,408 4.2% 9,952 8,167 21.9%
4X2 70,430 57,679 22.1% 269,964 222,253 21.5%
4X4 547 662 -17.4% 2,178 2,175 0.1%
Bus 336 473 -29.0% 1,471 1,413 4.1%
Pick up/Truck 26,858 24,494 9.7% 108,525 99,457 9.1%
Double Cabin 4X2/4X4 1,519 1,428 6.4% 6,018 4,509 33.5%
合計 102,199 87,144 17.3% 398,108 337,974 17.8%
出所:GAIKINDO

メーカー別新車販売台数(2013年4月)
メーカー名 2013年
4月
2012年
4月
前年
同月比
2013年
1月~4月

2012年
1月~4月

前年
同期比
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
トヨタ 39,730 38.9% 34,308 39.4% 15.8% 143,803 36.1% 130,450 38.6% 10.2%
ダイハツ 15,426 15.1% 13,664 15.7% 12.9% 57,623 14.5% 53,763 15.9% 7.2%
スズキ 13,602 13.3% 6,791 7.8% 100.3% 49,839 12.5% 28,055 8.3% 77.6%
三菱 12,836 12.6% 12,020 13.8% 6.8% 52,412 13.2% 48,585 14.4% 7.9%
ホンダ 6,707 6.6% 3,732 4.3% 79.7% 33,479 8.4% 11,875 3.5% 181.9%
日産 3,356 3.3% 5,442 6.2% -38.3% 19,999 5.0% 22,809 6.7% -12.3%
いすゞ 2,700 2.6% 2,475 2.8% 9.1% 10,737 2.7% 10,476 3.1% 2.5%
その他 7,842 7.7% 8,712 10.0% -10.0% 30,216 7.6% 31,961 9.5% -5.5%
合計 102,199   87,144   17.3% 398,108   337,974   17.8%
出所: アストラ・インターナショナル資料



より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年3月 販売台数速報

2013.4.16

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。


インドネシアの3月販売台数は9.1%増の9万5,936台
・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)が発表した2013年3月の国内自動車販売台数(出荷ベース)は、前年同月比9.1%増の9万5,936台だった。1~3月の累計では、18.0%増の29万5,909台だった。
・3月の生産台数は、前年同期比4.1%増の8万8,984台だった。1~3月の累計では15.3%増の28万7,130台となった。
・3月の輸出台数は完成車(CBU)が4.1%減の1万4,361台、CKDが15.3%増の9,653セットだった。1~3月の累計では、完成車は2.5%減の4万2,940台、CKDは10.9%減の2万3,882セットだった。
・また、完成車の輸入台数は40.4%増の1万3,341台だった。1~3月累計では43.1%増の3万4,241台だった。・アストラ・インターナショ ナル(Astra International)が発表した3月のメーカー別販売台数は、市場シェア1位のトヨタが前年比1.7%減の3万2,799台、2位がダイハツで 19.6%増の1万5,788台、3位は三菱で5.9%増の1万2,690台、4位は昨年タイ洪水の影響で生産が滞っていたホンダで、「ジャズ (Jazz)」(日本名:フィット(Fit))等が好調で145.3%増の1万1,497台だった。5位のスズキはMPV「エルティガ(Ertiga)」 が好調で17.0%増の8,399台となった。
・第1四半期のトヨタとダイハツは前年に比べ市場シェアを減らしているが、これはローコストグリーンカー (LCGC)優遇制度の施行が遅れているため、対応モデルの生産に向けて準備していた工場設備や部品が使用できず、生産台数が不足している影響と見られている。
・GAIKINDOでは、これまでのところ需要を大きく左右する要因が燃料費の高騰以外見られないことから、第2四半期も第1四半期と同水準の売り上げが見込めるとして、2013年通期での販売台数は前年比10%増の120万台程度になると予測している。

インドネシアのメーカー別新車販売台数(2013年3月)
メーカー名 2013年
3月
2012年
3月
前年
同月比
2013年
1月~3月

2012年
1月~3月

前年
同期比
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
販売
台数
市場
シェア
トヨタ 32,799 34.2% 33,359 37.9% -1.7% 104,073 35.2% 96,142 38.3% 8.2%
ダイハツ 15,788 16.5% 13,198 15.0% 19.6% 42,197 14.3% 40,099 16.0% 5.2%
三菱 12,690 13.2% 11,982 13.6% 5.9% 39,575 13.4% 36,565 14.6% 8.2%
ホンダ 11,497 12.0% 4,686 5.3% 145.3% 26,772 9.0% 8,143 3.2% 228.8%
スズキ 8,399 8.8% 7,176 8.2% 17.0% 36,237 12.2% 21,264 8.5% 70.4%
日産 4,648 4.8% 5,998 6.8% -22.5% 16,644 5.6% 17,367 6.9% -4.2%
いすゞ 2,619 2.7% 2,655 3.0% -1.4% 8,037 2.7% 8,001 3.2% 0.4%
その他 7,496 7.8% 8,863 10.1% -15.4% 22,374 7.6% 23,249 9.3% -3.8%
合計 95,936   87,917   9.1% 295,909   250,830   18.0%
出所: アストラ・インターナショナル資料

インドネシアの自動車販売台数
カテゴリー 2013年3月 2012年3月 前年同月比 2013年
1月~3月
2012年
1月~3月
前年
同期比
Sedan 2,795 2,246 24.4% 7,443 5,759 29.2%
4X2 65,930 58,482 12.7% 199,535 164,574 21.2%
4X4 525 603 -12.9% 1,631 1,513 7.8%
Bus 435 288 51.0% 1,135 940 20.7%
Pick up/Truck 25,176 24,806 1.5% 81,666 74,963 8.9%
Double Cabin 4X2/4X4 1,075 1,492 -27.9% 4,499 3,081 46.0%
合計 95,936 87,917 9.1% 295,909 250,830 18.0%
出所:GAIKINDO


より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年2月 販売台数速報

2013.3.26

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。



インドネシアの2月販売台数は19.4%増の10万3,269台

・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)が発表した2013年2月の国内自動車販売台数(出荷ベース)は、前年同月比19.4%増の 10万3,269台となり、2012年11月以来3カ月ぶりに10万台を超えた。1~2月の累計は、22.7%増の19万9,974台だった。
・2月の生産台数は、前年同期比16.1%増の10万410台だった。1~2月の累計では21.2%増の19万8,146台となった。
・2月の輸出台数は完成車(CBU)が1.9%減の1万4,307台、CKDが16.7%減の8,219セットだった。1~2月の累計では、完成車は 1.7%減の2万8,579台、CKDは22.9%減の1万4,229セットだった。これは、2012年同期にタイで前年の洪水の影響から部品生産が滞っ ていたため、インドネシアからの輸出が倍近くに増加していたことの反動と見られる。
・また、完成車の輸入台数は37.4%増の1万2,358台だった。1~2月累計では45.0%増の2万900台だった。

・アストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した2月のメーカー別販売台数は、市場シェア1位のトヨタが前年比5.2%増の3万5,350台、2位は前年タイ洪水 の影響で生産が滞っていたスズキで75.6%増の1万4,909台、3位は三菱で8.5%増の1万3,718台、4位のダイハツが0.9%増の1万 3,675台だった。


インドネシアのメーカー別新車販売台数(2013年2月)
メーカー名 2013年 2012年 前年同月比 2013年

2012年

前年同期比
2月 市場シェア 2月 市場シェア 1月~2月 市場シェア 1月~2月 市場シェア
トヨタ 35,350 34.2% 33,594 38.8% 5.2% 71,274 35.6% 62,783 38.5% 13.5%
スズキ 14,909 14.4% 8,488 9.8% 75.6% 27,838 13.9% 14,088 8.6% 97.6%
三菱 13,718 13.3% 12,642 14.6% 8.5% 26,886 13.4% 24,583 15.1% 9.4%
ダイハツ 13,675 13.2% 13,556 15.7% 0.9% 26,409 13.2% 26,901 16.5% -1.8%
ホンダ 9,529 9.2% 1,904 2.2% 400.5% 15,275 7.6% 3,457 2.1% 341.9%
日産 6,155 6.0% 5,577 6.4% 10.4% 11,996 6.0% 11,369 7.0% 5.5%
いすゞ 2,799 2.7% 2,628 3.0% 6.5% 5,418 2.7% 5,346 3.3% 1.3%
その他 7,149 6.9% 8,097 9.4% -11.7% 14,892 7.4% 14,386 8.8% 3.5%
合計 103,284   86,486   19.4% 199,989   162,913   22.8%
出所: アストラ・インターナショナル資料


インドネシアの自動車販売台数(2013年2月)
カテゴリー 2013年2月 2012年2月 前年同月比 2013年
1月~2月
2012年
1月~2月
前年
同期比
Sedan 2,703 1,882 43.6% 4,648 2,981 55.9%
4X2 69,354 56,641 22.4% 133,581 106,070 25.9%
4X4 609 504 20.8% 1,102 833 32.3%
Bus 415 295 40.7% 700 570 22.8%
Pick up/Truck 28,599 25,935 10.3% 56,491 50,082 12.8%
Double Cabin 4X2/4X4 1,589 716 121.9% 3,452 1,589 117.2%
Mercedes-Benz * - 431 - - 637 -
Smart * - 3 - - 10 -
合計 103,269 86,407 19.5% 199,974 162,772 22.9%

出所:GAIKINDO
* 2012年のMercedes-BenzとSmartの台数は車種内訳不明。



より詳細なインドネシアの台数統計はこちら


2013年1月 販売台数速報

2013.3.1

*速報値は、後日発表する詳細情報とは情報ソースが違うため、誤差が生じることがございます。

 
インドネシアの1月販売台数は26.5%増の9万6,704台

・インドネシア自動車製造業者協会(GAIKINDO)およびアストラ・インターナショナル(Astra International)が発表した2013年1月の国内自動車販売台数は、前年同月比26.5%増の9万6,704台となった。
・販売台数をメーカー別に見ると、市場シェア1位のトヨタが前年比23.1%増の3万5,924台、2位の三菱が10.3%増の1万3.168台、3位のスズキが130.9%増の1万2,929台、4位のダイハツが4.6%減の1万2,734台だった。

インドネシアのメーカー別新車販売台数(2013年1月)
メーカー名 2013年 2012年 前年同月比
1月 市場
シェア
1月 市場
シェア
トヨタ 35,924 37.1% 29,189 38.2% 23.1%
三菱 13,168 13.6% 11,941 15.6% 10.3%
スズキ 12,929 13.4% 5,600 7.3% 130.9%
ダイハツ 12,734 13.2% 13,345 17.5% -4.6%
日産 5,841 6.0% 5,792 7.6% 0.8%
ホンダ 5,746 5.9% 1,553 2.0% 270.0%
いすゞ 2,619 2.7% 2,718 3.6% -3.6%
その他 7,743 8.0% 6,289 8.2% 23.1%
合計 96,704   76,427   26.5%

出所: アストラ・インターナショナル資料

より詳細なインドネシアの台数統計はこちら