自動車販売台数 フィリピン 2024年

Copyright (C) MarkLines Co., Ltd. All rights reserved.


会員登録いただくと、世界66ヵ国のモデル別の月次販売台数をご覧いただけます。
この機会に是非ご利用ください。


販売台数速報 2024年

1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

2024年5月 販売台数速報

2024年6月13日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

フィリピンの新車販売台数
車種 2024年5月 2023年5月 前年同月比 2024年
1-5月累計
2023年
1-5月累計
前年同期比
Passenger Cars 10,967 9,792 12.0% 49,247 41,862 17.6%
Commercial Vehicles 29,304 28,385 3.2% 137,944 124,242 11.0%
Total 40,271 38,177 5.5% 187,191 166,104 12.7%
出所: Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc. (CAMPI)、Truck Manufacturers Association (TMA)


ページトップへ

2024年4月 販売台数速報

2024年5月30日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

フィリピン販売、4月は前年同月比21.8%増の3.7台(CAMPI・TMA)
・5月30日付のフィリピン現地メディアPhilstarの報道によると、2024年4月のフィリピンの自動車販売は前年同月比21.8%増の3万7,314台となった。CAMPI会長は、消費者心理や企業マインドの改善に加え、自動車金融の安定化がプラス成長を後押ししたとみている。
・車型別では商用車が前年同月比16.9%増の2万7,272台、乗用車が37.6%増の1万69台。フィリピン自動車工業会(CAMPI)およびトラック製造者協会(TMA)が発表したデータに基づき報道された。
・2024年1-4月の累計販売台数は前年同期比14.8%増の14万6,920台となった。車型別では、商用車が13.4%増の10万8,667台、乗用車は19.4%増の3万8,280台だった。メーカー別ではトヨタが首位、三菱自が2位、フォードが3位となった。
・エネルギー省の発表に基づき、2024年10月1日からディーゼル車におけるバイオディーゼルの配合比率が3% (B3)に引き上げられるところ、CAMPIは現在販売されている新車はすでに対応済みであると述べた。一方、ガソリンにエタノールを20%混ぜたE20については任意で使用可能となっている。
・電気自動車(EV)、EV部品やコンポーネントの輸入関税を免除する「大統領令第12号(2023年)」の見直しによって、輸入関税免除の適用範囲がハイブリット車(HV)/プラグイン・ハイブリット車(PHV)を含む他の電動車にも拡大されたことで、CAMPIは2024年通年の電動車販売比率が増加すると見通している。


フィリピンの新車販売台数
車種 2024年4月 2023年4月 前年同月比 2024年
1-4月累計
2023年
1-4月累計
前年同期比
Passenger Cars 10,069 7,317 37.6% 38,280 32,070 19.4%
Commercial Vehicles 27,272 23,326 16.9% 108,667 95,857 13.4%
Total 37,314 30,643 21.8% 146,920 127,927 14.8%
出所: Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc. (CAMPI)、Truck Manufacturers Association (TMA)
*CAMPIの発表に基づく数値


ページトップへ

2024年3月 販売台数速報

2024年4月23日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

フィリピン販売、3月は前年同月比1.6%増の3.7万台(CAMPI・TMA)
・4月23日付のフィリピン現地メディアPhilstarの報道によると、2024年3月のフィリピンの自動車販売は前年同月比1.6%増の3万7,474台となった。車型別では商用車が2.0%増の2万7,347台、乗用車が0.7%増の1万127台。フィリピン自動車工業会(CAMPI)およびトラック製造者協会(TMA)が発表したデータに基づき報道された。
・2024年第1四半期の累計販売台数は前年同期比12.7%増の10万9,606台となった。車型別では、商用車が前年同期比12.2%増の8万1,395台、乗用車は14.0%増の2万8,211台だった。メーカー別ではトヨタが首位、次いで三菱自が2位、日産が3位となった。
・CAMPI会長によると、第1四半期の実績は供給網の改善、堅調な新車需要が支えとなったという。2024年通年の販売目標46万8,300台の達成に向けて順調に推移していると評価した。

フィリピンの新車販売台数
車種 2024年3月 2023年3月 前年同月比 2024年
1-3月累計
2023年
1-3月累計
前年同期比
Passenger Cars 10,127 10,058 0.7% 28,211 24,753 14.0%
Commercial Vehicles 27,347 26,822 2.0% 81,395 72,531 12.2%
Total 37,474 36,880 1.6% 109,606 97,284 12.7%
出所: Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc. (CAMPI)、Truck Manufacturers Association (TMA)


ページトップへ

2024年2月 販売台数速報

2024年3月29日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

フィリピン販売、2月は前年同月比23.2%増の3.8万台(CAMPI・TMA)
・3月28日付のフィリピン現地メディアPhilstarの報道によると、2024年2月のフィリピンの自動車販売は前年同月比23.2%増の3万8,072台となった。車型別では商用車が19.9%増の2万8,434台、乗用車が34.1%増の9,638台。フィリピン自動車工業会(CAMPI)およびトラック製造者協会(TMA)が発表したデータに基づき報道された。
・メーカー別ではトヨタが首位を維持し、三菱自、フォードが続いた。
・また、2024年1-2月の累計販売台数は前年同期比19.4%増の7万2,132台。うち商用車は5万4,048台(前年同期比18.2%増)、乗用車は1万8,084台(23.1%増)となった。
・CAMPI会長は、早期のマーケティング・キャンペーン、在庫状況の改善、金利の安定が消費者の安心感を高めていることをプラス要因として挙げた。好調な勢いは3月も続くと予想され、第1四半期は好調な結果に終わると述べた。

フィリピンの新車販売台数
車種 2024年2月 2023年2月 前年同月比 2024年
1-2月累計
2023年
1-2月累計
前年同期比
Passenger Cars 9,638 7,189 34.1% 18,084 14,695 23.1%
Commercial Vehicles 28,434 23,716 19.9% 54,048 45,709 18.2%
Total 38,072 30,905 23.2% 72,132 60,404 19.4%
出所: Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc. (CAMPI)、Truck Manufacturers Association (TMA)



ページトップへ

2024年1月 販売台数速報

2024年2月22日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

フィリピン販売、1月は15.5%増の3.4万台(CAMPI・TMA)
・2月22日付のフィリピン現地メディアPhilstarは、フィリピン自動車工業会(CAMPI)およびトラック製造者協会(TMA)が発表したデータに基づき、2024年1月の販売台数は前年同月比15.5%増の3万4,060台となったと報じた。車種別でみると、乗用車販売は12.5%増の8,446台、商用車販売は16.5%増の2万5,614台だった。
・ブランド別販売上位は、トヨタ、三菱、フォード、日産、スズキとなった。
・CAMPIは、2024年の通年見通しが控えめに見ても前年比約9%増の46万8,300台に達すると予想している。CAMPI会長によると、インフレリスクやダブルキャブ・ピックアップへの物品税の免除措置廃止に伴う課税への懸念がある中でも、新車投入や、ハイブリッド車(HV)をはじめとする電動車セグメントでのラインアップの拡充、フィリピン市場への新規参入ブランドの増加など、楽観視できる要因が複数あるという。
・さらに、2024年下半期に開催されるフィリピン国際モーターショー(PIMS 2024)が新車販売の押し上げにつながると期待を示す。これにより、CAMPIによる上記の当初通年見通しを上回る50万台に達する可能性もあると述べた。


フィリピンの新車販売台数

車種 2024年1月 2023年1月 前年同月比
Passenger Cars 8,446 7,506 12.5%
Commercial Vehicles 25,614 21,993 16.5%
Total 34,060 29,499 15.5%

出所: Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc. (CAMPI)、Truck Manufacturers Association (TMA)



ページトップへ