アリババとテンセントによる自動車関連戦略

AIを活用しコネクテッドカーやスマートシティの構築を推進

2018/12/04

要約

上海汽車のeRX5
アリババと上汽乗用車が共同開発したOSが搭載されたRoewe eRX5

  アリババ(Alibaba)及びテンセント(Tencent)は、2018年7月に発表された「2018中国インターネット企業トップ100」において、それぞれトップ、2位となる大手IT企業である。百度(Baidu)、アリババ、テンセントは、それぞれの社名の頭文字からBATと呼ばれ、いずれの企業も消費者や企業のニーズに基づいた各種サービスを提供/拡充するために、企業買収や新規事業の立ち上げを次々に展開。その結果、巨大なプラットフォーマーとなり、金融、小売、物流、教育、製造、各種サービスなど様々な業界に影響を与える存在となっている。

  淘宝(Taobao)、天猫(Tmall)などのe-commerce(BtoB及びBtoC)を展開するアリババの2018年の売上高(3月期決算)は、前年比58.1%増の2,502.7億元。2014年に上汽集団とコネクテッドカーに関する戦略的提携協議書を締結し、2015年6月にはオペレーティングシステム「AliOS」のベースとなる「YunOS」を搭載した上汽乗用車の「栄威(Roewe) RX5」が発売された。

  一方、中国オンラインゲーム最大手のテンセントは、メッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」、モバイルQRコードによる決済サービス「WeChatPay(微信支払)」を展開。2017年の売上高は前年比56.5%増の約2,378億元で、純利益は前年比74%増と順調に推移している。9月にグループの再編を発表し、コンシューマー事業から法人向け事業に軸を移した。続いて11月には、AIとエコシステムを融合させたスマートカーシステム「AI in Car」を発表した。2018年に入り中国政府による新作ゲームの認可が厳しくなり、2018年3-6月は売上高は伸びたものの純利益は182.3億元から178.8億元に減少している。


関連レポート:

百度の自動運転オープンプラットフォーム「Apollo」 (2018年11月)
CES Asia 2018:電動化、インテリジェント化、コネクテッド化 (2018年7月)
上海汽車:2025年までにモビリティサービスを含む総合プロバイダーを目指す (2018年7月)
中国新興EVメーカー:IT企業の資金や協力を得てスピード開発 (2018年4月)



アリババ:コネクテッドカーとスマートシティ領域

アリババグループの売上高及び純利益

  オリンピックのオフィシャルスポンサーでもあり、淘宝(Taobao)、天猫(Tmall)などのe-commerce(BtoB及びBtoC)を展開するアリババの2018年の売上高(3月期決算)は、前年比58.1%増の2,502.7億元で、2014年から約5倍に伸びている。2018年11月11日「独身の日」における天猫での取引金額は、前年比27%増の2,135億元を達成した。

 アリババは、2014年に上汽集団とコネクテッドカーに関する戦略的提携協議書を締結。2015年6月には現在のオペレーティングシステム「AliOS」の前身となる「YunOS」を搭載した上汽乗用車の「栄威(Roewe) RX5」が発売された。2017年に入ってからは、OEMやTier1との提携が加速。2017年11月には、国家次世代AI開放イノベーションプラットフォームを推進する「都市交通領域」の中心的な企業として政府機関から委託を受けた。本社のある杭州では、アリババのAIを活用したスマートシティが展開されている。

 なお、2018年9月にアリババの創業者の馬雲(Jack Ma)による、会長職の退任が2019年9月と発表された。

 

アリババの業績
3月期決算/(百万元) 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 52,504 76,204 101,143 158,273 250,266
営業利益 24,920 23,135 29,102 48,055 69,314
税引き前利益 26,802 32,326 81,468 60,029 100,403
純利益* 23,076 24,149 71,460 43,675 63,985

*Net income attriutable to ordinary shareholders
(Alibaba Group Holding Limited annual reportよりMarkLinesが作成)

 

AIを活用した都市交通領域のソリューション「ET City Brain」

 アリババはCES Asia 2018で、Iov(Internet of Vehicle)からスマートモビリティ、そしてスマートシティへの流れは段階的に進み、モビリティの観点からすべてのシステムはnorthbound interface(上位装置インターフェイス)をオープンにした上で、全てのデータはオンラインとなりAIに依存すると述べた。また、都市の観点からは都市の運営効率を最大化し公平性も考慮する必要があるとしている。

 上記を具現化した「ET City Brain」は、アリババのCloud上のAI「ET Brain」をベースに都市領域に特化したソリューションである。「ET City Brain」の導入により、道路に設置されたライブカメラからの情報(データ)に基づきリアルタイムで交通量を計測、AIで予測し事故の状況を識別、避難指示を誘導。状況に応じて警察や消防、救急などの車輌へ指揮、特殊車輌を優先通行させるために同時に信号を対応させることが可能となる。また、ライブカメラ、Wi-Fiのプローブ等から、人が密集するエリアを導きだし、バスやタクシーなどの公共交通車輌を調整することで、重点ポイントやターミナルでの滞留を少なくすることが可能とのことである。

  アリババはAI事業を推進するにあたり、アリババ初のAIチップ「AliNPU」を2019年下期にリリースすると発表。また、アリババのクラウドとグループのIoTビジネスをサポートし、それぞれの業界向けのソリューションを提供するためにカスタマイズ化したAIチップと組み込みプロセッサー領域の半導体子会社を2019年9月に設立すると発表した。

 

アリババの自動車関連の主な取り組み
2014年 7月  上汽集団と「インターネットカー」に関する戦略的提携協議書を締結
11月  HuaweiとIovやスマートカーの領域における戦略的協定を締結
2015年 4月  自動車事業部門の立ち上げを発表
2016年 7月  「YunOS」が搭載されたコネクテッドカー「Roewe RX5」が上汽乗用車より発売される
8月  クラウドサービスの「阿里雲(Ali Cloud)」を発表。同時にAIの「ET Brain」及びアプケーションも発表
2017年 5月  Boschと戦略的提携を締結
9月  オペレーティングシステム「AliOS」を発表
10月  科学、テクノロジー、イノベーションを推進する研究開発機関「達磨院(DAMO)」の設立を発表
神龍汽車とAliOS「班馬(Banma)ネットワーク」における戦略的提携を締結
12月  Fordとクラウドコンピューティング、AliOS自動車操作システム、販売等に関する提携を締結
 BMWと「車と家のためのデジタル化サービス」について共同開発での連携を発表
 車の自動販売機の設置を発表
2018年 1月  新興EVの小鵬汽車への出資を発表
4月  達磨院が自動運転レベル4以上のプロトタイプ車(Lincoln MKZ)を完成
 半導体メーカーNPXとスマートカー開発で提携
 Volvo中国がアリババのスマートスピーカー「天猫精霊(Tmall Genie)」の採用を発表
5月  画像認識技術に強みを持つSenseHisenceと「香港AI実験室(HKAI Lab)」を設立。AI技術、ネットワーク資源等をサポートし、AIやデータ領域の人材やスタートアップ企業を育成。
6月  観致汽車と「班馬ネットワーク」に関する戦略的提携を締結
8月

 Ford子会社のAutonomicとMOUを締結。OEMや公共交通事業者、ソフト開発者に対し技術的サポートを行い、中国の消費者に対しては、コネクテッドサービスとモビリティソリューションを提供する。

 小康工業集団と戦略的協定を締結
9月  Boschと提携し、バレーパーキングの自動化事業の導入を計画
 今後5年間の技術研究の方向性を発表し、政府機関と共同で「車路協同連合実験室」を立ち上げる
 「AliOS」を採用したコネクテッドカー東風シトロエン「雲逸(C4 AIRCROSS)」が発売となる
 「AliOS 2.0」を発表
 2019年下期に自主開発のAI半導体「AliNPU」のリリースの予定及び完全自動運転、スマートシティ、インテリジェント物流領域に展開する計画を発表
 HuaweiとIoVやスマートカー領域における戦略的協定を締結
 ルネサスエレクトロニクスと戦略的提携を発表。マイコンのサポートを開始し、オンライン販売を行う
 Boschと次世代のインテリジェントをベースとした自動バレーパーキング技術の中国における現地化及び定着を加速化
10月  Volvo Carsと提携
 2018年後半からFord「Kuga」にAliOSの導入計画を発表
 達磨院と高徳地図(AutoNavi)が共同で車載ARナビの投入を発表

(資料:アリババの発表及び各種報道をもとにMarkLinesが作成)

 

提携/協業または投資を受けている主な企業
OEM 部品メーカー IT関連 半導体関連 AI/AR 地図/
ナビゲー
ション
モビリティサービス その他
中国 上汽集団、
長安汽車、
神龍汽車、
小康集団、
観致汽車、
力帆汽車、
吉利汽車、
小鵬汽車
Ningbo Joyson Preh Intelligent Car Networking 龍図信息、
Zstack、
開始雲、駐雲、
Websoft、
Neusoft、
数位無限、
宝信軟件、
浙江大華技術、
ENJOYOR、
盛訊信息
C-Sky
Microsystems
(買収)
SenseHisence、
Megvii Technology、
Video++
高徳地図
(子会社)、
北京図盟科技
滴滴出行 Huawei、SUPCON、
中通快递、
中国移動、
中国工商銀行、
中国建設銀行、
中国銀行、
中国農業銀行、
中国聯通、KONKA
欧州 Renault、BMW、
Volvo Cars、
PSA、VW、
Daimler
Bosch、
Continental、
Siemens
SAP、Suse、Cisco NXP、
STMicroelectronics

WayRay Schneider、
Philips(家電分野)、
Accenture、
ボロレグループ、
Covestro AG、
モエヘネシー、
Lufthansa、
リシュモン、
Royal Dutch Shell
北米 Ford Oracle、
TigerGraph(Graph DB)、
Vmware、Splunk、
Fortinet、
F5 Networks、
Plesk、
Haivision、
Hashi Corp、
Catchpoint
Intel、
Cypress Semiconductor、
NVIDIA、AMD
Magic Leap(AR)、
EyeVerify
(買収/生体認証技術)
スターバックス、
Marriott International、
DELTA、PepsiCo
日本 Honda Renesas Electronics ソフトバンク、
フジテレビ、
国分、広島銀行、
福井銀行、
京都銀行、
みずほ銀行、
日通、
Panasonic
(家電分野)、
JR九州、ANA
韓国 Hyundai Group Samsung Electronics SK Holdings C&C
シンガポール Lazada Group(買収) Singapore Post、
Singapore Airlines
イスラエル SQream(データ解析)、
Twiggle、
Check Point(セキュリティ)、
Teridion(クラウド)、
ThetaRay(ビッグデータ分析)
Infinity、
Lumus
ThetaRay(通信技術)
その他 Jaguar & Land Rover Mail.ru Group(ロシア)

(資料:アリババ、阿里雲よりMarkLinesが作成)

 

「AliOS」をOEMに供給しつながる車を展開

上海汽車のeRX5

上汽乗用車と共同開発したOSが搭載されたRoewe eRX5

  アリババのオペレーティングシステム「AliOS」は、業種ごとに4つのソリューションが用意されている。このうち自動車領域の「Internet Car Solution」は、コネクテッドカーの核となるシステムがセットされたトータルソリューション。本ソリューションの導入により、パートナー企業/団体・機関は安全で効率的なモビリティ環境やカスタマイズ化されたインターネットサービスを迅速に立ち上げることが可能となる。

  「Internet Car Solution」では、傘下子会社の高徳地図のデータ/サービス、ET City Brain、クラウド通信等の基本的な機構上に、インターネットを通して提供される自動車領域のPaaS(Platform as a Service)がある。このPaaSのサービスは、デバイス接続と管理サービス、インテリジェントモビリティ、インテリジェントインターネットサービス、デジタルインサイト、デバイス接続・管理サービスで構成されている。

  アリババと提携している上汽乗用車は、2016年7月に「AliOS」がリリースされる以前のアリババのオペレーティングシステム「YunOS」を採用し、コネクテッドカーRoewe RX5を市場投入。その後、上海汽車と合弁会社の斑馬網絡技術有限公司(Banma Network Technology Co., Ltd) でAliOSをベースとした斑馬智行(Banma)を発表した。Banmaは神龍汽車のモデルにも導入されている。なお、2018年に「AliOS」はVer2.0にアップグレードされた。



テンセント:コンシューマー事業から法人向け事業に注力、AI in Carを展開

テンセントの売上高及び純利益

  1998年に深センで設立された中国オンラインゲーム最大手のテンセントは、2004年に香港証券取引所に上場した。主力事業のオンラインゲーム以外に、SNSのメッセンジャーアプリWeChat(微信)やモバイルQRコードによる決済サービスWeChatPay(微信支払)等を展開。中国では、LINEやtwitterの替わりに、WeChatが市場を席巻している。2017年の売上高は前年比56.5%増の約2,378億元、純利益は前年比74%増と好調に推移。しかしながら、2018年に入り政府による新作ゲームの認可が厳しくなり、2018年3-6月は、売上高は伸びたものの純利益は182.3億元から178.8億元へと減少した。また、2018年11月には、若年層のオンライゲームのプレー時間に関する自主規制がテンセントより発表された。

  2017年1月にはWeChatの「ミニプログラム(小程序)」をリリース。本リリースでは、利用したいアプリの新規ダウンロードやアプリの更新などの省略化が実現。さらに物品購入、チケット予約、配車サービスの享受から決済までをミニプログラム内で行える。ミニプログラムの導入により、日常生活の様々な場面でテンセント及び傘下の企業や提携企業が提供するサービスを使用することにより、ユーザーの囲い込みが促進される。

  2017年9月には7事業グループから6事業グループへの再編が発表された。具体的には、Social Network Group(SNG)、Mobile Internet Group (MIG)、Online Media Group(OMG)がなくなる一方で、Platform & Content Group(PCG)、Cloud & Smart Industries Group(CSIG)が新設された。PCGは、企業のインターネットプラットフォームとエコシステムの統合と発展を、CSIGは、クラウドサービス及びインターネット戦略を推進し、クラウドサービスやAIを通じて、産業向けのソリューションを創出し、コンシューマーと企業とのインタラクティブ環境を創造し、エコシステムの構築を担う。

 なお、百度が「自動運転領域」、アリババが「都市交通領域」の企業として国からの委託を受けた2017年11月に、テンセントは「医療領域」における委託企業となった。

テンセントの業績
12月期決算/(百万元) 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
売上高 60,437 78,932 102,863 151,938 237,760
営業利益 19,194 30,542 40,627 56,117 90,302
税引き前利益 19,281 29,013 36,216 51,640 88,215
純利益* 15,502 23,810 28,806 41,095 71,510

*Profit attributable to equity holders of the Company
(Tencent Holdings Limited annual reportよりMarkLinesが作成)

 

コネクテッドカーシステム「AI in Car」とインテリジェントモビリティ「智慧出行(TIm)」

  テンセントは、広州汽車、吉利汽車、長安汽車、東風柳州、BYDの5社とコネクテッドカーシステム「AI in Car」を2017年11月に発表した。「AI in Car」は、インテリジェント音声サービス、コンテンツサービス、運営付加価値サービスなど5つの機能がベースのAIとエコシステムを融合させたシステム。各ユーザー(ドライバー)に対しシーンに応じた運行情報、各種コンテンツ等をリアルタイムに提供する。既に広汽乗用車の「Trumpchi GS4」や東風柳州汽車の「風行T5」に搭載されている。2018年11月には「AI in Car」をベースに、テンセントAI自動車インテリジェントシステムのアップグレードが発表された。

  また、前述の新組織CSIGからインテリジェントモビリティ「智慧出行」が2018年11月に発表された。この「智慧出行」のソリューションを支えるのは、テンセントAIとテンセントクラウド。テンセントは将来的に、公共交通、OEM、物流、O2O(Online to Offline)などの領域で協業し、ヒト、モノ、サービスを繋ぐエコシステムの形成を加速させる計画。

インテリジェントモビリティ「智慧出行(TIm)」のストラクチャーイメージ
智慧出行(Personal個人向け 、Sharing 、Public公共交通)
Tencent Auto Intelligence Tencent Autonomous Driving Tencent Location Based Services Tencent Riding Code
Tencent Content Platform Tencent Security
Tencent AI Tencent Cloud


  自動運転に関しては、2016年下期に自動運転実験室を設立し、自動運転分野で市政府が支援している上海国際汽車城と戦略的提携に調印した。その後、暫く自動運転に関する発表はなかったが、2018年10月に既に百度のApolloに参画している自動運転技術のスタートアップ企業のMomentaへの融資が報じられた。11月には、提携・協力会社向けのフォーラムで「智慧出行」の発表とともに自動運転の3つのコア技術のプラットフォームを初披露した。

 

 

テンセントの自動車関連の主な取り組み
2015年 9月 運転に関するアプリの集約等の自動車ネットワーク分野でBoschとの提携を発表
2016年 9月 コネクテッド領域に関するオープンプラットフォームを発表
下期 自動運転実験室を設立
12月 上海国際汽車城と自動運転に関する戦略的提携に調印
2017年 3月 Teslaに出資
6月 Volvo Carsとの共同開発の自動車用WeChatのアプリ「My Volvo」を発表
11月 コネクテッドカー関連のエコシステム「AI in Car」を正式に発表
広州モーターショーで広汽グループとの共同開発電動コンセプトカー「iSPACE DA」を発表
2018年 3月 中国汽車流通協会と戦略的提携を締結し、AI、位置情報サービス、アフターサービス、ユーザーエクスペリエンスなどの分野で、共同でディーラーへのソリューションを提案する
4月 コネクテッドカーにおける戦略的提携に長安汽車と合意
第一汽車と戦略提携契約。「AI in Car」をベースに共同でコネクテッドカーを開発する。
5月 自動車インターネットソリューション、ビッグデータなどの分野で広汽研究院との事業提携を発表
6月 テンセント傘下のECサイト及び物流事業を展開する「京東集団」が、「京東商城」で購入した商品をテンセントが出資する新興EVメーカーのNIO ES8のトランクに届ける配送事業を発表
7月 Nokiaと次世代通信規格5Gで提携と「5G実験室」の設立を発表
9月 東風柳州汽車とインテリジェントコネクテッドカー領域に関する戦略的提携に合意
10月 自動運転技術のスタートアップ企業Momentaに融資を行う
11月 インテリジェントモビリティ「智慧出行」及び自動運転に関するコア技術を発表

(資料:テンセントの発表及び各種報道をもとにMarkLinesが作成)


------------------
キーワード
BAT、百度、Baidu、アリババ、Alibaba、テンセント、Tencent、AI、自動運転、コネクテッドカー、プラットフォーマー、ビッグデータ、エコシステム、スマートシティ

<自動車産業ポータル マークラインズ>