PSA:欧州での販売増とコスト削減により業績改善

経営計画 "Back in the Race" の成果が追い風に

2016/01/08

要 約

PSAの地域別販売台数

PSAの連結業績
2014年4月から新経営計画を実施

PSAは2010年から販売台数が減少を続け、2012年には50.08億ユーロの純損失を計上。その後も赤字が続いたため、2014年4月に新経営計画 "Back in the Race" を導入した。ブランドの差別化や適切な価格設定、生産・調達コストや販管費等のコスト削減、各地域での収益拡大等を進めている。

経営計画の目標達成は確実

同計画の目標は、2015~2017年に累積営業フリーキャッシュフローを20億ユーロ創出 (2015年1-6月には27.82億ユーロを創出)、自動車部門の営業利益率を2018年には2%、2019~2023年には5%とすることである。

PSAの経営陣は2015年第3四半期の決算発表時に、同計画は予定を先行して進展しており、目標達成は確実であるとしている。

2015年1-9月の販売は1%減の216万台、売上高は6%増の413億ユーロ

PSAの2015年1-9月の世界販売台数は前年同期比1.0%減の216.3万台。欧州の販売は伸びたが、中国や中南米、ロシアを含むユーラシア等の新興国市場が減少した。同期の売上高は5.8%増の412.94億ユーロ、うち自動車部門は3.3%増の274.61億ユーロ。2015年上期の純利益は5.71億ユーロとなり、黒字に転じた(前年同期は1.14億ユーロの赤字)。PSAは、欧州市場の回復と為替差益に加え、コスト削減や新車投入効果が利益を押し上げたとしている。


2015年第4四半期に発表されたLMC Automotive社の予測によると、PSAの世界のライトビークル販売は、2016年に前年比0.2%増の318万台となる見込み。その後、販売は拡大を続け、2019年には2016年比17.2%増の373万台となる見通し。

関連レポート
フランクフルトモーターショー2015でのPSAの展示
PSA 新経営計画 「Back in the Race」:2016年までに赤字脱却へ



経営計画 "Back in the Race" は予定を先行して進展

PSAが2014年4月に導入した新経営計画 "Back in the Race" は、ブランドの差別化、グローバルコアモデル戦略、グローバル展開、競争力の強化の4つの戦略から成る。同計画の目標は、2015~2017年に累積営業フリーキャッシュフローを20億ユーロ創出(2015年1-6月には27.82億ユーロを創出)、自動車部門の営業利益率を2018年には2%、2019~2023年には5%とすることである(2015年上期は5%)。適切な価格設定や固定費の削減などは予定を先行して進展しており、PSAの経営陣は2015年10月、同計画の目標達成は確実であると述べている。

Peugeot 308 GTi
Peugeot 308 GTi (フランクフルトモーターショー2015より)
DS4 Crossback
DS4 Crossback (フランクフルトモーターショー2015より)

経営計画 "Back in the Race" の実施状況 (4つの戦略)

1. ブランドの差別化・
適切な価格設定
・各ブランドで魅力的なモデルを展開:Peugeot 308, Citroen C4 Cactus, DS5
・中国でのDSブランドの展開:DS販売店が 60都市 84カ所に拡大(2015年上期)
・競合する他社ベンチマーク車との価格差(下表参照)を目標に、適切に価格を設定する→目標到達への途上(欧州)
2013年 2014年 2015年見込み 2020年目標
Citroen +1% +1.7% +2.9% +2~+2.5%
Peugeot -6.5% -5.3% -3.0% -3~0%
DS -13.7% -13.2% -9.7% -7~-3%
2. グローバル
コアモデル戦略
・R&D・設備投資を提携先と分担(R&Dの効率性は20%向上、設備投資額は30%削減)
・CO2排出量削減技術ではリーダーシップ (3気筒ガソリンエンジン等)
2015年1-5月のCO2平均排出量(欧州):106.9g/km (2020年EUの目標:95g/km)
・自動運転車の580km公道走行実験
・コネクテッドカー技術の開発
3. グローバル展開:
全地域で収益拡大へ
・全地域で2015年上期の営業利益 (Recurring Operating Income)が向上。
欧州 Peugeot 308 GTI と 新型DS4を投入。Poissy工場とMulhouse工場を改装。適切な価格設定、固定費の削減が進展。
中国・東南アジア Citroen C3-XRと新型Peugeot 408が好調。在庫量を調整。東風汽車との合弁会社、神龍汽車は収益拡大。長安汽車との合弁会社、長安PSAは2016年に損益分岐点に達する見込み。東風汽車とCMPプラットフォームを共同開発。
アフリカ・中東 販売増加。特にトルコでの販売が拡大。今後は域内での生産も拡大へ(2019年からモロッコで新工場を稼働)。
インド・太平洋 販売増加。特に韓国での登録が倍増。ディーゼル車の活用。
ユーラシア 2015年に固定費を前年の半分に削減、営業損失を前年の半分に縮小し、2017年までに損益分岐点に達する計画。
中南米 固定費・モデル数の削減等により、2017年までに損益分岐点に達する計画。
4.競争力の強化 ・適切な価格設定、固定費削減 → 計画より先行
・生産コストの削減  → 計画通り
・損益分岐点となる販売台数の引き下げ (自動車部門) (中国を除く)
→ 2015年に200万台となる見込み (2013年260万台、2014年210万台)

自動運転車で公道を580km走行

PSAは2015年10月、パリからボルドーまでの高速道路を自動運転車の試作車で走行したと発表した。これは、10月5-9日にボルドーで開催された第22回高度道路交通システム (ITS) の世界会議に参加するため。試作車は、他の車両や速度制限を考慮しながら、速度調節や車線変更を自動で行い、580kmをドライバーが関与しない、完全な自動モードで完走した。同社は2016年にも15車種で自動運転の公道実験を行う予定。自動運転計画で得られた技術は、ヒューマンエラーによる事故の防止等、量産車にも採用する予定。

IBMと提携拡大:コネクテッドカーを活用した新規サービスの提供

2015年4月、米国IBMとコネクテッドカーを活用した新規サービスで提携を拡大すると発表した。両社は2014年3月に、ビッグデータを活用してPSAの顧客に役立つ車載コネクティビティサービスの開発で提携した。今回は、自動車関連サービスだけでなく、他業界へも対象範囲を広げる。インターネットに接続したコネクテッドカーからのデータを分析し、自動車の流通、スマートシティ、小売業界など様々な業界に新たなサービスを提案する。米Gartner社によると、2020年までに世界のコネクテッドカーは2.5億台に増加すると予測されている。


欧州:需要増に伴い増産・生産モデル追加の動き

 主市場である欧州では2015年に需要が回復し、経営計画 "Back in the Race" による新型車投入も奏効して、販売が拡大。好調なPeugeot 308、2008, Citroen C4 Cactus, LCV等の増産を実施した。また、フランスの各組立工場では、労働協約New Social Contractに従い、2016年までに最低1つの生産モデルが割り当てられる計画。PSAは2016年までに、フランスでの年間生産台数を100万台まで引き上げることを目標としている(2014年には97万台を生産)。サプライチェーンの最適化や工場設備の刷新のため、2016年までの3年間で15億ユーロ以上を投資する計画。

欧州工場で2015年4~8月に6万台を追加生産

 PSAは欧州市場の需要増に伴い、2015年4~8月に当初計画の10%増に相当する6万台以上を追加生産した
Citroen車  スペインのVillaverde工場でC4 Cactusを9,000台追加生産。
Peugeot車  フランス・Poissy工場とMulhouse工場、スロバキア・Trnava工場で208を、フランス・Mulhouse工場で2008を、フランス・Sochaux工場で308と308SWを追加生産。
DS車  フランス・Poissy工場でDS3を追加生産。

 

フランス:生産拠点での生産モデルの追加・増産の動き

Poissy工場で新型小型DSモデルを生産  2015年2月、フランス・Poissy工場でDSブランドの新型プレミアムBセグメント車を生産すると発表した。同工場に導入中の最新プラットフォーム EMP1 を使用。1億5,000万ユーロの設備投資を実施する。同工場では現在、Peugeot 208、Citroen C3、DS3、DS3 Cabrioを生産中。
Mulhouse工場で新型中型DSモデルを生産  2015年7月、Mulhouse工場で2018年からDSブランドの新モデルを生産すると発表。2015年6月よりPeugeot 2008、 Citroen C4、DS4の生産を1ラインに集約し、4億ユーロを投じて生産プロセスを見直している。もう1つの生産ラインは、C・Dセグメント車の新型モジュラープラットフォーム EMP2 の生産用に改修する。
Mulhouse工場で2016年より週末シフト追加  2016年よりフランス・Mulhouse工場で、臨時措置として週末シフトを追加すると発表した (2015年9月)。欧州での需要拡大と、同工場で生産するPeugeot 2008、Citroen C4、DS4の好調な販売に対応する。2016年上期に950人を増員するが、うち750人は臨時従業員、残りは社内移動で補充する。
エンジン工場で20万基増産  2015年3月、フランス北東部のTremeryエンジン工場で生産能力を増強すると発表した。需要増加に対応し、3気筒ガソリンエンジン "EB Turbo Pure Tech"を20万基増産する予定。同エンジンはPeugeot 208, 308, 2008, 3008, Citroen C3, C4, C4 Cactus, C3 Picasso, C4 Picasso, DSブランドのDS3, DS4に搭載する。これまで環境性能がトップだった自然吸気のEP Prince エンジンと比べて、燃費やCO2排出量を18%改善した。

 

フランス:Bollore Groupと、EV生産・カーシェアリング事業で提携

 電気自動車(EV)のカーシェアリングサービス会社 Bollore GroupとPSAは、2015年6月、EV Bluesummer の生産・販売について戦略的提携契約を締結した。同モデルはBolloreがデザインした4シーターカブリオレで、市街地での航続距離は200km。2015年9月よりフランスのRennes工場で生産する。年産能力は最大3,500台。
 さらに両社はカーシェアリングの分野でも提携する。当初は欧州において、将来は合弁会社を設立して世界で、EV乗用車・商用車、低排出ガス車を活用したカーシェアリングサービスを展開する。

 

次世代LCVの生産・LCV増産の動き

GMとの共同開発LCVをスペインで生産へ  PSAとGMは2015年4月、共同開発する次世代Bセグメント小型商用車 (B-LCV) をPSAのスペイン・Vigo工場で生産すると発表した。Citroen Berlingo、Peugeot Partner、GM傘下のOpel/Vauxhall Comboの後継モデルで、PSAの最新のLCVプラットフォームをベースに開発。2018年から投入を開始する。 このプロジェクトは2013年12月に両社が締結したもので、Bセグメント多目的車、Cセグメントクロスオーバーに続く3番目のプロジェクトである。
ポルトガルで次世代LCVを生産へ  PSAは2018年から、ポルトガルのMangualde工場で次世代のBセグメント小型商用車 (LCV) を生産する (2015年6月発表)。同工場は現在、PSA Groupの"Excellent Plant"計画の一環として改修中。経営計画"Back in the Race"の目標通り、2022年までに稼働率を115%に高める計画。BセグメントLCVの生産はスペインのVigo工場でも行われる予定。
イタリアのFCAとの合弁工場で追加雇用  FCAは2015年12月30日から、FCAとPSAの合弁工場であるイタリア・Sevel Sud 工場で300人超を追加雇用する。生産中の LCV の Fiat Ducato, Citroen Jumper, Peugeot Boxer の需要増加に応えるため、若年者300人以上を正規雇用する計画。同工場の日産能力は商用車1,000台以上。

 

欧州:PSA が 2015-2016年に発売した(する)新型車

一部改良型DS5  2015年6月に発売。Citroen から独立したDSブランドのフラッグシップモデル。グリルの両端が翼のように伸びてヘッドランプと一体化する、"DS Wings"と呼ばれるフロントフェイスが特徴。1.6Lガソリンまたは1.6/2.0L BlueHDi クリーンディーゼルエンジンに6速MT/ATを組み合わせる。ディーゼルハイブリッドシステムも引き続き採用。
DS4 Crossback  2015年10月に発売したDS4のクロスオーバーバージョン。ハッチバックバージョンより車高が30mm高い。DS5 が採用した "DS Wings"と呼ばれるフロントフェイスを採用。PSA車としては初めてApple Car Playに対応。2種のガソリンエンジンと2種のBlue Hdiディーゼルエンジンが設定され、6速MT/ATと組み合わせる。
Citroen E-MEHARI  2016年春に発売予定の新型電気自動車 (EV)。Citroenのアイコン的モデルだったMEHARIをモチーフとした4人乗りコンバーチブル。EV生産で提携した Bollore Group の金属リチウムポリマー電池を搭載。最高速度は110km/h、満充電の航続距離は200km。
Citroen Spacetourer Peugeot Traveller  2016年上期に発売予定のトヨタと共同開発した新型MPV。トヨタは新型Proaceとして販売する。3車種ともフランス北部のSevel Nord工場で生産する。現行ProaceはPeugeot ExpertおよびCitroen Jumpyをベースとし、2013年からトヨタにOEM供給している。

 

 



中国:東風汽車と次世代プラットフォームを共同開発

 PSAは、2014年5月に東風汽車から約14%の出資を受け入れたが、さらに次世代プラットフォームの共同開発や共同R&Dセンターの設立等で、提携を拡大する。これにより、"Back in the Race" 計画で実施しているR&D・設備投資費の削減が進展する見込み。

 また、東風汽車との合弁会社、神龍汽車は成都に第4工場を建設し、2016年末に稼働を開始する予定。神龍汽車は過去約1年間にCitroenブランドの小型SUV、C3-XRやPeugeotブランドのハッチバック、308S等を投入した。一方、長安汽車との合弁会社、長安PSAは、DSブランドの中国市場向けプレミアムSUV、DS6やプレミアムハッチバック、DS 4Sを発売した。

 

C3-XR Dongfeng Citroenブランド初のSUV C3-XR(写真:PSA) Dongfeng Peugeot 508 大幅改良したDongfeng Peugeot 508 (広州モーターショー2014より)

 

PSAと東風汽車:次世代プラットフォーム、R&Dセンター、輸出入を手掛ける合弁会社

モジュラープラットフォームを共同開発  PSAと東風汽車は2015年4月、モジュラープラットフォーム (CMP: Common Modular Platform) を共同開発すると発表。投資額は2億ユーロで、出資比率はPSAが60%、東風汽車が40%。Peugeot、Citroen、DS、DongfengブランドのB・Cセグメント乗用車向けプラットフォームを開発する。2018-2020年に10車種のCMPベースのモデルを投入予定とされる。
共同R&Dセンターを 設置  両社は共同研究開発センター DPCT の設立についても協力する。持株比率はPSA25%、東風汽車25%、両社の合弁会社、神龍汽車50%。上海に設置し、2015年末までにPSAの研究開発センター(上海)を吸収合併する。DCPTでは、アジア市場向けの商品と技術を開発する。
新合弁会社で東南アジアへの輸出促進  両社は2014年12月、輸出入や販売等を手掛ける新会社の合弁契約を締結。資本金は2,000万シンガポールドルで、両社が折半出資した。社名はDongfeng Peugeot Citroen Automobile International Pte. Ltd.で、神龍汽車の管理下に置く。神龍汽車傘下のDongfeng Peugeot, Dongfeng Citroen, Dongfengブランドの乗用車を東南アジアに輸出する計画。

 

神龍汽車 (PSAと東風汽車の合弁会社):成都に第4工場を建設

 神龍汽車は2014年10月、四川省成都市で第4工場の建設を開始した。総額123億元を投じて、年産能力36万台の工場を建設する。2016年末に稼働予定。PSAのプラットフォーム EMP2 をベースとするDongfeng Citroen, Dongfeng Peugeot, Dongfeng Fengshenブランドのモデルで、主にMPVとSUVを生産する。

 

神龍汽車:中国に投入した新型車

新型C3-XRを発売  2014年12月に発表した Dongfeng Citroenブランドの新型 C3-XR。都市部向けのコンパクトSUV。PSAが中国で生産するSUVとしては、2008、3008、DS6に続く4車種目。1.6L CVVTエンジンまたは1.6L THP(直噴ターボ) エンジンに6速ATを組み合わせる。武漢工場で生産し、価格は10.88万~17.18万元。
一部改良型508を 発売  2015年1月に発表した Dongfeng Peugeot ブランドの一部改良型508。1.6/1.8L THP (直噴ターボ)エンジンまたは2.0Lエンジンを搭載。車載テレマティクス Blue-i やブラインドスポットモニターなど先進装備を多数搭載している。価格は17.37万~26.97万元。
新型308Sを発売  2015年4月に発売した Dongfeng Peugeotブランドの新型 308S。海外版の新型Peugeot 308 (EMP2ベース) のハッチバックバージョン。1.6L CVVTエンジンまたは1.2/1.6L THP (直噴ターボ) エンジンに5速MTまたは6速ATを組み合わせる。価格は11.27万~17.97万元。
C4を発売  2015年11月に発売した Dongfeng CitroenブランドのCセグメント新型セダン C4。中国市場向け新モデルで、C-ElyseeとC4Lの中間に位置する。1.2/1.6Lの直噴ターボエンジンまたは1.6L CVVTエンジンと、6速MT/ATを組み合わせる。武漢工場で生産する。

長安PSA (PSAと長安汽車の合弁会社):中国に投入した新型車

DS6を発売  2014年9月に発売した DSブランドのプレミアムSUV。若年層をターゲットとし、中国市場でのみ販売される。パワートレインは1.6L THP (直噴ターボ) ガソリンエンジンと6速AT。長安PSAの深セン工場で生産される。価格は19.39万~30.19万元。
DS 4Sを発表  2016年上期に発売予定の DSブランドの新型小型プレミアムハッチバック。中国市場でのみ生産・販売する。35歳以下の若者がターゲット。1.8Lガソリンエンジンに6速ATを組み合わせる。ターボエンジンも導入する計画。長安PSAの深セン工場で生産する。

 

 



その他の市場: モロッコ、イラン、カザフスタン、ブラジルの動き

モロッコ:新工場を建設し、2019年から生産開始

 2015年6月、モロッコ・Kenitra州 Ameur Seflia に新工場を建設すると発表。投資額は5億 5,700万ユーロ。2019年から、モロッコをはじめとするアフリカ・中東地域向けに、 Bおよび Cセグメント車とそのエンジンを生産する計画。稼働時の年産能力は9万台。市場動向により、年間20万台まで引き上げが可能。PSAは2025年までに、アフリカ・中東地域で年間販売台数を100万台とすることを目標としている。

 

イラン:制裁解除にらみ Iran Khodroと提携、DSブランド車投入

IKCOとの提携再開へ  PSAは経済制裁以前のパートナー、イランの大手自動車メーカー Iran Khodro (IKCO) と、2015年10月に基本合意書に署名したとされる。Peugeot車の生産・販売を行う折半出資合弁会社の設立、イランから中東地域への同車の輸出、技術移転等について合意した模様。
制裁以前には 48.5万台販売  イランへの経済制裁に伴い、2012年2月より同国へのCKDキットの輸出を中止。それ以前は、フランスに次ぐPSA第2の市場で、最盛期には市場の30%にあたる年間48.5万台を販売した。2016年前半には制裁が解除されるとの見通しに基づき、各社が中東最大の自動車市場であるイランに注目。IKCOはRenaultとも提携を進めていると報じられている。
DSブランドを投入  2015年10月、ここ数カ月以内にイランでDSブランドのハッチバック DS5,セダン DS5LS, クロスオーバー DS6の3車種を発売し、フランス製の高級品に親しんでいるイランの富裕層を取り込むと表明した。将来、他のモデルも投入する予定。同社はイランの自動車販売業者のArian Groupと提携し、子会社を通してDSモデルの輸入・販売・アフターサービスを行う。

 

カザフスタン:Peugeot 301 を CKD生産

 2014年12月、カザフスタンのAllurGroupと、小型4ドアセダン Peugeot 301 のCKD生産について契約を締結した。同社が同国北部のKostanayに所有する SaryarkaAvtoProm 社の工場で、2016年9月より生産する。年産規模は、2017年には1.2万台、将来的には1.7万台まで拡大する計画。カザフスタンの新車市場は2011年の4.5万台から2013年には16.6万台に拡大しており、2015年には20万台に達するとPSAは予測している。

 

ブラジル:Citroen Aircross、Peugeot 2008 の生産開始

Aircrossの生産開始  2015年11月、ブラジル・リオデジャネイロ州Porto Real工場で、Citroenブランドの新型小型SUV Aircrossの生産を開始した。ブラジルで販売するほか、中南米諸国にも輸出する計画。2013年から1億5,000万レアルを投資して、新型Aircrossの生産を準備していた。
Peugeot 2008の 生産開始  2015年3月、Porto Real工場でクロスオーバーSUVのPeugeot 2008の生産を開始。4億レアルを投資し、最新設備を導入。部品の現地調達率は80%。Peugeot 2008は、経営計画 "Back in the Race" の戦略の1つ、「グローバル展開」を実践した最初のモデル。フランス、中国、ブラジルのR&Dチームが共同開発し、2013年4月に欧州、2014年4月に中国で発売された。

 

 



PSAの販売台数:2015年1-9月は1.0%減の216万台

 2015年1-9月の世界販売台数(CKD車を含まない)は、前年同期比1.0%減の216.3万台。欧州販売は3.8%増と伸びたが、中国/東南アジアは4.2%減、中南米は26.6%減、ロシアを含むユーラシアは75.3%減と大幅に減少した。一方、中東/アフリカは13.2%増で、PSA第3の市場に拡大した。欧州域外の販売比率は前年同期の39.7%から36.7%に縮小した。

 ブランド別では、Peugeotブランドが前年同期より2.1%増加したが、Citroenブランドは3.9%減、DSブランドは15.1%減となった。モデル別では、Peugeot 308, 408, 2008, Citroen C1, C4 Cactus, また両ブランドのLCVの販売が増加した。

 PSAが2015年10月に発表した各市場の見通しによると、2015年通年の欧州での全体需要は前年比8%増、中国は3%増、中南米は15%減、ロシアは35%減の見込み。

 

PSA の地域別世界販売台数

(1,000台)
2013年 2014年 2014年 1-9月 2015年 1-9月
欧州 1,629 1,761 1,318 1,368
中国/東南アジア 564 742 542 519
中南米 303 200 154 113
ユーラシア 74 44 34 9
インド/太平洋 21 22 15 17
中東/アフリカ 227 169 121 137
合計 2,818 2,938 2,184 2,163
(注) 1. CKD車を含む。(2014年1-9月・2015年1-9月はCKD車を含まない)
2. PSAは2014年決算資料より地域区分を変更した。表中の2013年も新基準。

 

 



PSAの業績:2015年1-6月は純利益5.71億ユーロで黒字化

 2015年1-6月の売上高は前年同期比6.9%増の289億400万ユーロ、うち自動車部門は4.3%増の194億900万ユーロ。営業利益は約3.5倍の14億2,400万ユーロと大幅増加し、純利益も前年同期の1.14億ユーロの赤字から5.71億ユーロの黒字に転じた。PSAは、欧州での販売増や為替差益に加え、"Back in the Race" 計画の実施により、生産・調達コストや販管費が削減、新車投入効果も表れ、利益が拡大したとしている。

 2015年1-9月の売上高は前年同期比5.8%増の412億9,400万ユーロ、うち自動車部門は3.3%増の274億6,100万ユーロ。2015年下期は、中国、ロシア、ウクライナ、中南米市場等の不安定な情勢、欧州におけるCO2排出規制 EURO 6 の導入の影響などマイナス要因があるが、PSAは引き続き業績改善を見込んでいる。

 

PSA の連結業績

(100万ユーロ)
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2014年 1-6月 2015年 1-6月
売上高 56,061 59,912 55,446 53,079 53,607 27,026 28,904
(内数)自動車部門 41,405 42,710 38,599 36,415 38,085 18,610 19,409
営業利益 (Recurring operating income) 1,796 1,315 (560) (364) 905 387 1,424
(内数)自動車部門 621 (92) (1,496) (1,039) 63 7 975
純利益 1,134 588 (5,008) (2,327) (706) (114) 571
資料:PSA Full Year Results 各年版, Presentation H1 2015/Q3 2015
(注) 1. (  )」 内の数値はマイナス値を表す。
2. 2015年1-9月の売上高は412.94億ユーロ (2014年1-9月は390.37億ユーロ)、うち自動車部門は274.61億ユーロ (同 265.81億ユーロ)。PSAは四半期の利益を発表していない。

 

 



LMC Automotive 生産予測:PSAのライトビークル世界生産は2019年に392万台へ

(LMC Automotive社、2015年11月)

PSA のlight vehicle 生産予測 PSAは現在、グローバル展開を見直している最中である。プレミアムブランドの確立、特に中国におけるDSブランドの確立にはまだ課題が残っている。市場低迷が続く南米やロシアで、利益を上げながら市場を拡大することも困難な挑戦である。主市場の欧州は引き続き競争が激化しているが、PSA の財務基盤が強化され、経営陣が新しくなったことで、進展が見られる。2015年11月にLMC Automotive社が発表した予測によると、PSAの世界のライトビークル 生産は2016年に前年比1.5%増の330万台となる見込み。その後も生産は拡大し、2019年には2016年比18.8%増の392万台となる見通し。

フランスでは、PSAは台当たりのコストを下げるための短期的な方策として、工場の生産能力を削減している。2015年にPoissy工場とMulhouse工場では、生産ラインを2ラインから1ラインに削減した。LMC Automotive社は、フランスにおけるPSAの2016年の生産台数は、前年比8.4%減の856,988台と予測している。その後、同国での生産は90万台前後を推移し、2019年には2016年比2.1%増の874,687台となる見通し。

PSAの中国での生産は、2016年は前年比4.2%増の734,336台となる見込み。中国にある3つの工場の生産能力は合計60万台である。4つ目の工場は2016年末に操業を開始する予定で、年産能力は36万台。同工場では、ハイエンドのSUVやMPVが生産される予定である。中国におけるPSAの生産は増加を続け、2019年には2016年比32.2%増の970,752台となる見通し。

イランにおけるPSAの生産も、2019年まで増加を続ける見通し。経済制裁がまもなく解除される見込みで、PSAの重要市場であるイランでは成長の可能性が大きいと予測される。

PSA Group の市場・ブランド別生産予測 (LMC Automotive, 2015年11月)

(台)
COUNTRY GLOBAL MAKE 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
PSA Peugeot 1,737,891 1,937,106 2,007,556 2,052,682 2,103,984 2,238,859 2,333,592
Citroen 1,151,291 1,161,626 1,137,261 1,125,062 1,230,437 1,320,662 1,344,603
DS 119,605 116,427 105,744 122,882 163,377 213,101 243,225
Total 3,008,787 3,215,159 3,250,561 3,300,626 3,497,798 3,772,622 3,921,420
China Peugeot 278,474 327,990 292,321 301,797 336,241 407,774 457,381
Citroen 275,989 390,748 386,104 385,158 391,921 422,746 455,979
DS 2,867 26,938 26,123 47,381 46,336 54,830 57,392
China sub-total 557,330 745,676 704,548 734,336 774,498 885,350 970,752
France Peugeot 523,125 598,105 616,099 615,205 708,345 693,447 651,759
DS 116,738 89,243 79,582 75,501 117,041 158,271 185,833
Citroen 274,988 260,782 239,914 166,282 79,323 65,687 37,095
France sub-total 914,851 948,130 935,595 856,988 904,709 917,405 874,687
Spain Citroen 270,253 296,821 347,486 359,579 398,110 419,034 419,534
Peugeot 214,521 142,261 144,172 140,861 141,262 180,855 188,723
Spain sub-total 484,774 439,082 491,658 500,440 539,372 599,889 608,257
Iran Peugeot 192,189 332,690 348,737 443,079 493,756 553,125 581,482
Slovakia Citroen 63,628 48,614 42,040 89,657 210,618 206,807 199,146
Peugeot 184,744 206,562 254,870 225,414 119,345 142,588 182,587
Slovakia sub-total 248,372 255,176 296,910 315,071 329,963 349,395 381,733
Italy Peugeot 48,583 51,921 56,532 62,529 64,042 64,162 74,245
Citroen 39,199 43,313 50,113 48,224 49,824 53,536 59,398
Italy sub-total 87,782 95,234 106,645 110,753 113,866 117,698 133,643
Czech Republic Citroen 58,469 66,428 63,653 66,865 66,612 65,708 60,483
Peugeot 57,272 66,680 70,173 64,735 60,078 53,419 45,060
Czech Republic sub-total 115,741 133,108 133,826 131,600 126,690 119,127 105,543
Brazil Peugeot 69,093 45,501 41,633 28,325 39,232 41,469 46,318
Citroen 77,330 48,886 35,964 35,631 32,415 29,967 33,603
Brazil sub-total 146,423 94,387 77,597 63,956 71,647 71,436 79,921
Portugal Citroen 29,742 27,452 22,991 22,575 24,361 38,818 43,199
Peugeot 26,741 25,922 22,964 30,816 31,630 39,828 36,071
Portugal sub-total 56,483 53,374 45,955 53,391 55,991 78,646 79,270
Argentina Peugeot 88,477 39,019 34,791 31,822 31,055 32,620 31,087
Citroen 26,825 16,468 22,004 19,203 20,703 22,317 22,472
Argentina sub-total 115,302 55,487 56,795 51,025 51,758 54,937 53,559
Morocco Peugeot 0 0 0 0 0 0 22,440
Russia Citroen 10,750 7,127 2,982 5,435 4,853 11,014 12,292
Peugeot 11,839 5,369 2,216 4,308 3,920 4,383 6,800
Russia sub-total 22,589 12,496 5,198 9,743 8,773 15,397 19,092
Malaysia Peugeot 6,083 5,247 2,499 4,915 5,112 5,169 5,472
DS 0 246 39 0 0 0 0
Malaysia sub-total 6,083 5,493 2,538 4,915 5,112 5,169 5,472
Kazakhstan Peugeot 861 895 529 2,713 3,275 3,833 4,301
Belarus Peugeot 0 0 3,410 836 1,026 1,057 1,106
Indonesia Peugeot 210 197 140 154 155 158 162
Turkey Peugeot 29,858 18,675 18,276 11,812 9,830 0 0
Citroen 21,633 17,745 17,793 9,814 7,377 0 0
Turkey sub-total 51,491 36,420 36,069 21,626 17,207 0 0
Vietnam Peugeot 0 0 323 0 0 0 0
Austria Peugeot 8,306 7,314 4,088 0 0 0 0
Source: LMC Automotive "Global Automotive Production Forecast (November 2015)
(注) 1. データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります。

モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ。



(参考) PSAのモデル別販売台数

PSA:モデル別販売台数

■Peugeot ブランド
(台)
2013年 2014年 2014年 1-9月 2015年 1-9月
ION 467 750 479 1,102
107 57,685 21,723 21,332 121
108 0 44,131 21,170 51,433
206 72,659 26,323 24,276 5,267
207 59,219 14,083 13,403 1,010
208 334,439 314,730 241,927 232,593
2008 74,428 204,553 144,392 169,836
301 72,182 110,366 85,325 70,672
307 15,852 5,908 4,856 322
308 240,713 296,629 210,391 241,956
308S 0 0 0 8,228
3008 140,642 153,598 116,781 103,209
5008 44,411 35,811 28,376 24,791
407 2 0 0 0
408 83,137 77,958 53,003 80,761
508 89,492 74,287 57,765 50,607
807 2,788 1,714 1,622 5
4007 822 14 14 0
4008 9,060 7,666 5,577 4,951
RCZ 9,249 6,994 5,643 4,159
Bipper 22,716 18,505 13,183 13,820
Partner 143,068 134,738 101,431 104,743
Expert 26,131 30,197 21,936 25,281
Boxer 53,513 54,515 39,408 42,750
その他 0 0 0 206
Total 1,552,675 1,635,193 1,212,290 1,237,823
資料:PSA 広報資料
 
■Citroen ブランド
(台)
2013年 2014年 2014年 1-9月 2015年 1-9月
C-Zero 338 577 539 799
C1 59,418 62,518 41,310 46,950
C2 9,997 0 0 0
C3 267,092 248,204 194,462 158,859
ZX 55,922 26,112 22,190 3,899
XSARA 41 0 0 0
C-Elysee 56,241 125,696 89,684 84,481
C3-XR 0 1,236 0 43,977
C4 Cactus 0 43,932 21,920 65,638
C4 383,209 375,332 289,458 223,462
C5 65,549 53,308 40,596 28,086
C6 31 0 0 0
C8 2,760 1,586 1,545 12
C-Crosser 124 0 0 0
C4 Aircross 13,633 14,603 11,001 9,718
Nemo 19,419 17,019 12,432 14,566
Berlingo 140,696 139,762 104,872 108,963
Jumpy 25,031 27,983 19,712 23,660
Jumper 43,743 47,366 33,802 36,211
その他 82 0 0 124
Total 1,143,326 1,185,234 883,523 849,405
■DSブランド
DS3 69,014 57,042 45,966 36,755
DS4 29,802 21,643 17,524 12,638
DS5 23,878 33,184 24,927 15,178
DS6 6,603 259 10,751
Total 122,694 118,472 88,676 75,322
■PSA Total
PSA合計 2,818,695 2,938,899 2,184,489 2,162,550

 

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>